筆記



【シンイ二次】星天の屋根3

「羨ましいよなあ…」

川べりにしゃがんで、顔を洗いながら于達赤隊の若い兵が、しみじみとつぶやく。
こいつ、昔のトクマンに似ているな、と思いながらテマンが尋ねる。

「何がだ?」

テマンは上衣も脱いで裸足になって川に入り、切るような水で身体も洗っている。
若い兵は、ぼうっとしていて、テマンの問いかけは聞こえていないようだった。
もう一人の若手もまた、膝まで川に入って、テマンの横に並んで身体を洗い出した。
ううふ、と震えながら横のテマンに話しかける。

「テマン兄、テマン兄はいつもテホグンニムと一緒で羨ましくありませんか」

だから何がだ、と苛ついたようにテマンが問う。

「あんな綺麗なお人とご一緒で、昨晩も、どっ、同衾なさっ」

興奮したように言うのを、テマンに尻を蹴られて遮られる。

「寒かったから、お庇いもうしあげただけだ。勘ぐるな」

起きてきたチュモが、昨晩の号泣など忘れたような顔で、ざぶざぶと川に入りながら
若手に釘をさす。徴用兵の二人も起きてきたようだ。

「お前らは知らないが、大護軍は前に一年ほども医仙様をお守りして、
ひと月かふた月ほどだったか、于達赤隊の隊長室にお泊めになったときも
手出し一つなさらなかった方だぞ」

チュモが手のひらですくった水を、何度も顔にかけながら声を荒げてそう言うと、
徴用兵がまあまあ、と間に入る。

「まあまあ、あれだけの美人を前にして接吻のひとつやふたつで、
男盛りのテホグンがようこらえたと思いますよ」

うんうん、とうなずいているテマンを見て、チュモが絶句する。

「おまっ、見たのか!」

うわずった声でチュモが言うと、俺は夜目がきくからな、とテマンは事も無げに言った。
こんなふうに野営するときは、俺はいつも大護軍に近い樹上で
見張りながら寝るんだよ、大護軍も許してくださってる、と自慢げに続ける。

そうなのか、と低い声でつぶやいて、チュモは何かを振り切るように頭にまで水を
かけて、ぶるる、と身体を震わせた。

「早く開京に帰り着きてえなあ、俺もかあちゃんに会いてえよ、
あんなべっぴんの女仙じゃあないけどなあ」

と最も年嵩の徴用兵が言うと、皆が笑いながらいっせいに、開京の方角を見た。
青天がその視線の先の先まで広がっている。

おおし、今日は平壌まで参りましょう、と誰かが言うと、馬鹿まだあと三日はかかる、
とチュモが答える。
まずは医仙が馬をもっと走らせられないとなあ、とテマンが身体を拭きながら言うと、
ああ、まずはそれが問題だ、と皆が口々に言いながら、それぞれ岸に上がって、
身支度をはじめた。


「羨ましいよなあ…」

一人だけ、川の向こう岸をうっとりと眺めている若い兵だけが、ぼそりとまたとつぶやくのだった。




(おしまい)




あと少し、おまけがあります。今晩にでも。
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
by kkkaaat | 2013-10-21 00:29 | 星天の屋根【シンイ二次】 | Comments(20)
Commented by 比古那 at 2013-10-21 01:10 x
全てお見通し(笑)

テマン様。素晴らしい。

尻を蹴るまでに大人になったのに、素直なままでしっっっかりみてる。これはいい。

おまけがあるんですか!!嬉しいです!!

かあちゃんに早くあえますように。
Commented by itukichikal at 2013-10-21 02:55 x
あんな相思相愛でラブラブな二人があれですませられるのもヨンの自制心の賜物?

若い兵には目の毒ですよね!

しかしテマンったら~見てたんですね。もしかして、あと何人か見てたりして…
Commented by ハッピー at 2013-10-21 07:25 x
はんとに~♪いつもドキドキわくわくニヤニヤと顔を緩ませ読んでおります。忙しいと思いますが・・・楽しみに待ってマ~ス(^^)v
Commented by グリーン at 2013-10-21 08:27 x
フフフ・・・やはり若い兵たちには刺激が強すぎますね~
テマン、見てたなんて。。
ニマニマしながら読んでいました。
おまけ楽しみです。
Commented by ちび at 2013-10-21 08:50 x
やはりね~                                     ヨンもそういう事、全てわかっての行為、それがどうしたか?と、言われそう.                                                                                     何事にも、堂々としていて できる男は、違うね。              こんな人に出会えたら((+_+))
Commented by yu-yu at 2013-10-21 09:40 x
う〜ん、やっぱりですね(笑)
微かな気配?衣擦れの音?でしょうか??
音って妄想を掻き立てられますよね!
もう勝手にどんどんあらぬ方向へと…(笑)
若い兵の方々、お気持ちお察しします。
Commented by グリーン at 2013-10-21 14:39 x
ミチ様
「居眠り磐音」ポチっとされましたか。。読んでみてください。
佐々木磐音と書きましたが、坂崎磐音が本当の名前です。豊後関前藩家老の嫡男です。江戸で浪人暮らしをいている頃佐々木道場の師範代を務めていて、養子に入り佐々木磐音になりました。その後いろいろあり今は坂崎磐音に戻っています。 連載開始から十年今も続いています。年二回ほどの文庫本での出版です。とにかく面白いので読んでみて下さい。NHKで山本耕史さん主演でドラマ化もされています。
本当に磐音がカッコいいんですよ。ヨンと重なるところがあると思います。
Commented by まりんママ at 2013-10-21 15:34 x
みち様♪こんにちワン
はじめまして。毎日繰り返し愛読させていただいてます
突然の乱入のような コメントをどうかお許し下さいませ

↑グリーン様の「居眠り磐音」を思わずポチッとして しまいました
(どっちかと言うと、ポチッよりもガッ!!って飛びついた 笑)

佐伯泰英の『居眠り磐音 江戸双紙』を愛読しているヒトは『シンイ』にもハマるのだな~とつくづく実感したのであります

どうゆうところが?なんて理屈は説明できませんが、同じ感性?かな?
とても嬉しいです・・・・

書棚にずら~~~~っと並ぶ磐音さんの隣に、シンイを並べる予定をたてて、ニンマリ(#^.^#)
そして今日も ミチさんの作品を最初から読み直す私です。
ああ~~~~幸せだ~~~ぁああ(^o^)
Commented by kkkaaat at 2013-10-21 19:29
>比古那さん
すごく離れて寝てるわけじゃなし、そりゃあ皆気づきますよね、というお話でした(笑)

テマンくん、彼の素直さは、天下一品だと思います。人間というより、動物っぽさを感じます。

おまけ、今晩時間があるときに整えてアップします。

ほんと、早く家族に合わせてあげたいもんです。
Commented by kkkaaat at 2013-10-21 19:35
>itukichikalさん
ヨンの自制心を持ってしても、相当辛いですよね。
5年越しの想いをとげた相手が翌日目の前にいて、
よくもまあ、耐えたものだと思います(笑)

テマンはね、もうなんの罪悪感もありません(笑)
ずーーっとヨンに付き添って生きてきて、これからも
そのつもりでしょうからね~。
Commented by kkkaaat at 2013-10-21 19:37
>ハッピーさん
ありがとうございます~♫
私も書きながら、おもにニヤニヤしています(笑)
忙しければ忙しいほど、逃避で書きたくなるの法則発動中ですorz
生活に支障がない範囲でがんばりまーす!
Commented by kkkaaat at 2013-10-21 19:41
>グリーンさん
たいしたことしてなくても、女っけのない兵営生活中の若者たちにはきつい刺激だったでしょう…(笑)
テマンは、ヨンについては何をしても何があっても「それでいい」な人っぽいですよね。とにかくひたすらなついている印象です。
おまけ、後で時間取れたらパパっとアップします!
Commented by kkkaaat at 2013-10-21 19:48
>ちびさん
やっぱりですよね(笑)
気づかないわけがないという。
>それがどうしたか?
言いそうです~!!! 
ヨンみたいに素敵な男は、出会う前に、唾つけられて市場には出回らない気がしますよ…゚(゚´Д`゚)゚
Commented by kkkaaat at 2013-10-21 23:09
>yu-yuさん
そう、やっぱりでした(笑)
そんなに離れて寝てるわけでもなし、あたりは静かで、
しかとはわからなくても、そりゃお察しですよね~。
ほんとよく聞こえないからこそ、気になるという…。
年嵩の人間は余裕でしょうけど、若い兵には耳の毒です(笑)
Commented by kkkaaat at 2013-10-21 23:47
>グリーンさん
一巻目をポチるとき、タイトルに見覚えがあって、あれ? となりました。
ね、ドラマ化されてるんですね。すごい冊数で目を見張りましたが、面白い本はどこまでも続いて欲しいと願う方なので、嬉しいです。
私、とにかく主人公がかっこいい(いろんな意味でですが)のが好きなので、わくわくします~。
読んだらまたご報告しますね!
Commented by グリーン at 2013-10-21 23:52 x
まりんママ様も『居眠り磐音 江戸双紙』を読まれているのですね。
同じ感性・・・そう言っていただけて嬉しいです。
私も同じことしています。
ずら~~~~と並ぶ磐音様の隣にシンイが一冊並んでいます。
小説シンイも四巻出版されるそうですから楽しみですね。

ミチ様。
おまけのお話読ませていただきました。
ウンスにべったりのヨン・・・正直です。
素直に自分の気持ちをウンスに伝えていますね。
可愛いヨンに心が暖かくなったような・・・
Commented by kkkaaat at 2013-10-22 00:01
>まりんママさん
こんにちは! はじめまして~。
毎日読んでくださって、本当にありがとうございます。
乱入歓迎ですよ。
同じものにはまった人と話すと、けっこう同じものが好きな場合が多いですよね。求めるものの傾向が似てるんだと思います。

私がシンイにはまったのは、もちろんミンホ氏演じるところのチェ・ヨンがルックスといい、言動といい、昔の少女漫画に出てくるようなかっこよさであったことはもちろんなんですが、それプラス話の根底に流れる「何か」に惹かれたからなんですよね。
そういうタイプがシンイにはまってる気がします。
FFのCGの主人公みたいに完璧な外見に夢中になったことは否定しませんが(笑)

磐音とシンイ、共通点を探すのも楽しみになりそうです。
上記二作の合間の暇つぶしに、ぜひ当ブログも引き続きご愛顧くださいませ~(*´∀`*)

私も読んでいただいて幸せです~!
Commented by グリーン at 2013-10-22 00:04 x
ミチ様
そうなんです。すごい冊数になっています。
それがまだまだ続く見たいです。中だるみなんてのもなくて面白いのです。
磐音様は剣の達人でカッコよくて心優しいお方です。
お読みになっての感想などまたお聞かせください。
Commented by kkkaaat at 2013-10-22 00:06
>グリーンさん
ヨンは必要があれば言うべきは言うし、必要があれば軽く嘘もつき(笑)
すごくシンプルな人な印象があります。
>可愛いヨン
どうしても二次では甘くしてしまいがちですよね~(笑)
かっこいい面ももっと描いていきたいです。
Commented by kkkaaat at 2013-10-22 00:07
>グリーンさん
あら、チャット状態だわ(笑)
中だるみがないなんて、期待大ですね。
感想、きっと嫌というほど、語ります、よろしく~!
<< 【シンイ二次】星天の屋根 おま... 【シンイ二次】星天の屋根2 >>

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のコメント
ミチさん、おはようござい..
by ミジャ at 08:01
ウンスノートから読んでし..
by 比古那 at 13:31
あー、やっとたどり着けま..
by 比古那 at 10:48
みちさん お元気でしょ..
by mm5210 at 12:59
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
ブックマーク
以前の記事
検索