筆記



【シンイ二次】星天の屋根 おまけ~起き抜けのヨンとウンス



「イムジャ、起きてください」

ささやかれて、チェ・ヨンの上で丸くなっていたウンスは薄く目を開ける。
身構えていた眩しい光はなく、まだ明けたばかりの少し間抜けな感じのする
白っぽい晴天が目に入った。

「まだ早いじゃないの」
「まだ明け方ですが、あと半時もせずに兵たちが起きはじめます」

それがなあに、とチェ・ヨンの顎の下に身をすり寄せながら言うと、
俺はかまわぬが、あなたはこうして共寝しているところを見られたくないでしょう、
と髪を指に絡めるように触りながら言われた。
ぱちり、とウンスの目が開く。

今なら誰も見ておらぬゆえ、と言いながら、なぜかチェ・ヨンはちらりと上の方に
目をやった。
ウンスが急いで身体を起こそうとするのを、ぐいともう一度引き寄せて、
そこまで急がずとも、と腕を回したが、ウンスがそれを押しのける。

「ちょっと、ちょっと、どいて。どいてちょうだい。こんなところ見られたら、
気まずくって一緒に旅ができないわ」

慌ててチェ・ヨンの身体の上から降りると、近くにあった筵の端に手をかける。

「そうだわ、昨晩はありがとう。おかげでとてもよく眠れたわ」

チェ・ヨンが引き寄せた筵を元の位置まで引きずっているウンスは、
上の空でそれだけ言った。
あまりありがたがっておられぬようだが、とチェ・ヨンが笑いながら言うと、
いいえ、本当に感謝しているのよ、と筵の上に腰掛けて寒さに身体をこすりながら
ウンスは言うが、きょろきょろと辺りを見回していて、やはり上の空だ。

チェ・ヨンが、は、と一つ息を吐いて肩をすくめていると、
ウンスがチェ・ヨンに向けて手を伸ばす。

「なにか」

そう問うと、ちょいちょいとチェ・ヨンの上にかかった綿入れを指さす。
放り投げると、ウンスは急いで広げて身体に巻きつけた。
ウンスはチェ・ヨンに背中を向けて横になったが、もう一度急いで身体を起こす。

「冷たくて嫌だけど、眠いからもうちょっとだけ寝るわね、おやすみ」

そう言うと、うんと身体を縮こめて、ぎゅっと綿入れの中に丸まった。
その様子が可笑しくて、チェ・ヨンがくくく、と笑うとウンスは、
笑い事じゃないわ、とぶつぶつと言っている。

「それでは俺は起きるとします」

チェ・ヨンはそう言って、身体を起こすと、筵を丸め、外してあった鎧を
手に取ると、横になっているウンスの傍らにどっかと腰を下ろす。

「ちょっと! なんでそこに座るの」

離れたのに意味がないじゃない、とウンスが言うと、見張りです、とチェ・ヨンはうそぶく。
ウンスはチェ・ヨンを睨みつけていたが、屈託のない笑顔でじっと見つめるに根負けして、
自分も笑ってしまった。

「もう、いいわ。わたしも起きるから」

そう言って、ウンスが起き上がると、手を貸しながらチェ・ヨンが言う。

「もう二日目になってしまいました」

名残おしい、あとたったの九日で開京に着いてしまう、というようなことを惜しむように言う。
ウンスがまだやっと一日すぎたばかりよ、と首をかしげると、チェ・ヨンは真面目な顔をして言った。

「旅でなら、こうして一日中あなたのお側におられます。
都に戻れば、そうもいかぬ」

大真面目にそんなことを言うが可笑しくて、ウンスは笑いかけて、それを止める。
チェ・ヨンは本当にそう思っているのだ。

「大丈夫、都でもずっと一緒よ。ずっと、ずっと側にいるわ」

チェ・ヨンの手を取ると、ウンスは安心させるように、その手をポンポンと叩いた。

ええ、そうですね、とチェ・ヨンはウンスから目を上げて、
まだ明けきらない西の空を見ながらそう言った。



(おまけおしまい)


にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
by kkkaaat | 2013-10-21 22:56 | 星天の屋根【シンイ二次】 | Comments(28)
Commented by saikai at 2013-10-21 23:24 x
ミチさん、こんばんは。
「星天の屋根」読ませて頂きました。
とても、好きです。このお話。
くまみやさんが、『大人のお伽噺』とおっしゃっていましたが、
本当に読んでいて楽しくなりました。
ウンスがお願いされて、皆に物語を話すことも、
その物語に強面のウダルチ達が、夢中になっていることも、
皆が床についてから、恋人達が寄り添っていることも、
すべて、星天の屋根の下で、起こった出来事。
もしかして、自分の星天の下にも、そんな事が起きないかな。と
幸せな空想をしながら、布団に入っていました。

素敵なお話、有難うございました。
Commented by グリーン at 2013-10-21 23:34 x
ヨンもウンスも部下達が気づいていないと本当に思っているのかしら?
少なくともヨンは解ってますよね?
大真面目にあと九日と一緒の時を惜しむヨンが可愛いです。
ホントにストレートに気持ちを伝えていて、ウンスへの愛の強さがわかります。
四年待ったんですものね~

おまけのお話ありがとうございました。
次のお話お待ちしています。
Commented by 比古那 at 2013-10-21 23:38 x
甘やかだな~。どんな顔してるんだろ。

鬼神と呼ばれた後の名将をただの男にする極上の別嬪。

猫好きが猫を愛でるような表情しかうかばないのです。愛しいと、愛らしいと。

して、このときテマンはよーく見てるわけですね(笑)目敏い子(笑)

寝ずの番をした彼が川の辺りでぼや~んとあてられた子でしょうか?

お若い彼等にはもちろん、年嵩の誰それにまで影響する、溢れんばかりのサラン。

春香伝とはまた違った女仙との恋物語。

目の当たりにしてるのですよね。独り身には余計に厳しい王都、開京への路。

ガンバレ~(笑)あてられてしまえ~。

短編、お疲れ様でした。

次のお話、首をながーーーーくして待ってます。
Commented by ちはや at 2013-10-22 01:58 x
はじめまして。
ブログ村より参りました。
シンイに大ハマりして2ヶ月経ちますが、未だにシンイに夢中な毎日です。
一気に読ませていただきましたが、とても読み応えがあり、素晴らしい文章表現に感動しております!

漸く結ばれた二人。ずっとそばにいたいですよね。
星空の下で共に寝るなんてロマンチック!ドキドキです(*^-^*)
本当にヨンは我慢強いなと思います(笑)
二日目以降の道中が気になりますが、無事開京へ到着できますように。
次のお話を楽しみにしています!
Commented by itukichikal at 2013-10-22 06:27 x
ヨンったら本当に自分は見られても構わないと思ってるんですかね!握手で狼狽えていたのに凄い進歩ですね。直ぐ近くで寝てるんですから近衛隊がそんなに鈍感なら困りますよね。ヨンの真剣にずっといられる今を大事に思っているのが伝わって嬉しいですよね。しかし、このままではヨンの自制心がもたないんじゃないかなぁ。なので早く戻って人に見られる心配のない所で二人の熱い時間が持てるのを待ってます。
Commented by めらこ at 2013-10-22 06:53 x
『大人のお伽噺』!!まさにそうです。とっても素敵なお話ありがとうございます。
とっても暖かな優しい気持ちですごせそうです。
部下たちにゃ ちょっぴり目の毒だったかもですけど
幸せのおすそわけってことて(笑)

また次のお話も楽しみししています
Commented by iymar at 2013-10-22 08:56 x
おはようございます。 とてもいい気分で1日過ごせそうです。
これからまた出発ではなくて2人でほっこり、まったりしているうちに眠たくなって、部下が起きるころにまた、2人くっついて寝ていて(^^ゞそれを起こしていいのか、見ていたいから、じっとみてる部下たちがいそうな・・・(笑)
旅の続きをまた読む機会があったらいいな~・・・。
素敵なお話ありがとうございました。

また次回作を楽しみにしております(*^_^*)
Commented by kkkaaat at 2013-10-22 13:11
>saikaiさん
こんにちは、星天の屋根読んでいただき
ありがとうございました。
好き、と言っていただけて、とても嬉しいです。

ドラマで二人で天穴に向かう旅の途中で、
ウンスがヨンに、今まで生きてきて、
何も考えずにのんびりしたことある? と聞くと
昨日と今日、と答えるシーンが好きで、そんな時間が
またあったらなあ、と思って書きました。

幸せな空想につながったのなら、本当に嬉しいです!
Commented by kkkaaat at 2013-10-22 15:21
>グリーンさん
ああ、ヨンはわかっています。
周囲の気配とかわかる人ですし、
何よりテマンの位置わかっているという(笑)

ヨンは、「今」の貴重さをわかっている人かな? 
と思います。今伝えるべきは、今伝える。
まあ四年待って、本人気づかないうちに、
ちょっと舞い上がってる部分もありそうな~。

最後まで、ありがとうございました!
次のお話もがんばります~。
Commented by kkkaaat at 2013-10-22 15:29
>比古那さん
ヨン、ちょっとデレてますね(笑)
ほんと、あのウンスが見た幻のチェ・ヨンみたいな
極上の笑顔を浮かべてそうです。
自分では自制しきってるつもりでも、多分いろいろ
漏れてるんじゃないかと。
まあ致した翌晩、その翌朝ですからしかたない(笑)

独り身の若手には、きつい旅路かもしれませんね。
何もかも手に入れた男チェ・ヨン的に捉えてるかも
しれませんし。
苦労人なんですけどね、ほんとは。

次の話、書き始めてます。
少しずつアップいたしますね~。
お付き合い本当にありがとうございました。
Commented by aki at 2013-10-22 22:05 x
二人が幸せで、私も幸せ。
チェ・ヨンのウンスに対する思いと優しさが文面から、じわ~~っと、伝わってきて、ウンスが羨ましい。
ずーーーーーーっと、耐えてきたし、そして待ってたし、ヨンには、ウンスとデレデレして欲しいし、ウダルチのみんなにも、刺激の強い二人でいて欲しい♪
テマナは、ずっと、最初っからこの二人を見てきたから、そんな二人をむしろ、嬉しく見てくれてるのも、幸せ~。

これからも、あちこちで、幸せな二人を見せてください。

で、ヤキモチ妬きなヨンも、可愛くて好き。

素敵な文章、コマスミダ♪
Commented by チェにゃん at 2013-10-22 22:18 x
また立ち寄らせていただきました^^ 昨日・・・そして今日・・・のドラマでのヨンの幸せなひと時がまたこうして描かれてとてもじ-ん・・ときました。
妙に冷静で甘々じゃないヨンがとてもヨンらしく ドラマの雰囲気で読めるのがとても嬉しいです。正直いい意味での物足りなさが 実にシンイらしい!!!です。こんな感想ごめんなさい。。。また楽しみに待ってます。お疲れ様でした。
Commented by kkkaaat at 2013-10-22 22:33
>ちはやさま
はじめまして、ブログ村よりお越しいただき、ありがとうございます。
シンイ、はまってしばらくたっても冷めてこないですよね~!
なんだか見直したり、二次読んだりしてるうちに、
なんだかシンイ愛が深まってしまうこの不思議。

一気にお読みいただき、本当に嬉しいです。
まだまだ数も少なく、読み応えとは程遠いのですが、
そう言っていただけると書いた甲斐があるというものです。

特にヨンは、以前愛する人を亡くしていますし、
待った期間も長いですから、側にいたい気持ちはかなり強いんじゃ?
と思ってます。
星空の下、幸せな何日かを過ごせたらいいのですが。
次の話も、よろしければお読みくださいませ~。
Commented by kkkaaat at 2013-10-22 22:38
>itukichikalさん
あまりじろじろ見られたりするのは、嫌でしょうけど、
まあ優先順位をつけるなら、ウンスといちゃいちゃする方が
優先度が高い、と思ってそうです。
握手のときはうろたえてましたが、必要なときは人前だろうが
がしっと手を握って連れていってて、おいおい、と思ってました。
>自制心がもたない
はい、本当にそう思います。人間限界があるかと(笑)
なんというか、いろいろ制約のない状態で、幸せに過ごす時間を
持ってほしいですよね。たぶん、皆の願いかと~。
Commented by kkkaaat at 2013-10-22 22:48
>めらこさん
そんなふうに褒めていただけると、本当に嬉しいです。
私もよそさまで読んで、そういう気持ちになると一日ほわ~っと
嬉しい気持ちで過ごせるので。
部下は目の毒耳の毒ですが、まあ嫌な気持ちにはならない
でしょうということで(笑)

次の話も、お付きいただけたら嬉しいです~。
Commented by kkkaaat at 2013-10-22 22:52
>iymarさん
こんばんは~! iymarさんのコメントを読んで、こちらは
とてもいい気分で眠りにつけそうです。
あー、その展開いいですね。
私だったら絶対起こなさいですね! 
テホグンの寝顔なんてよほどのことがないと見れないし。
ウンスの寝顔を見たのがヨンにバレたら逆鱗に触れそうなので、
少し遠巻きでいつでも逃げられるようにして見学です!
旅の話は、また折々、短編で上げるかもしれません。
次の話も近々はじめますので、どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by kkkaaat at 2013-10-22 23:02
>akiさん
ほんと、この二人の幸せなシーンを書いていると、
自分も幸せな気分になります。
現代の生活すべて捨ててではありますが、
こんないい男を手に入れるとはウンス羨ましい(´Д⊂

ヨンとウンスは早くもう何も気にせずデレデレできる
モードに入ってほしいと、私も思います!
いろいろとあって、そうもいかない状態が続いておりますが。
いつかはそこにたどり着かせたいですわ~!

テマンはヨンが幸せならそれでいい子っぽいですよね(笑)
この人、最も好きなキャラの一人です。

こちらこそ、読んでいただいて、感謝感謝です。
Commented by kkkaaat at 2013-10-22 23:08

>チェにゃんさん
また来てくださって、ありがとうございます。
幸せなひととき、喜んでいただけて、私もじーんときちゃいました。
チェにゃんさんの感想、すごく嬉しかったです。
甘い時間を想像したいものの、ヨンって率直でその行動や言動が
ロマンティックなんだけど、ベタ甘ではないんですよね。
そこがもう素敵なんですけどね!
そういう部分が少しでも出ているならほんと嬉しいです
Commented by ナナ at 2013-10-22 23:27 x
ミチさん
こんばんは。はじめまして。
シンイの世界が大好きで未だに暇を見つけてはDVDを観たりしてます。
最近、お邪魔させて頂いているブロ友さんがランキングに参加されていて、そんな中ミチさんの作品に辿り着きました。

一気読みしちゃいました。
どの作品も素晴らしくて とっても楽しかったです。
まるでドラマの続きを観ているようで感動しました。
また お邪魔させて下さい。
次回作も楽しみにしてます。
Commented by ちび at 2013-10-22 23:55 x
原作者が続きを書くと、こんなになるんでは?と、思います。        5年後のヨン、読んでいて大人を感じます。待ち続けてやっと再会できた彼女を、大きな心で包み込もうと、全身全霊を傾ける様は、涙の出る思いです。                                     素敵なヨンを、有難うございます。                       出来ますならば、このような方が、市場に出回る前にぜひ、ご一報くださいませ。(^_-)-☆
Commented by at 2013-10-23 01:26 x
はじめまして。信義の中毒患者です。OSTを聞き、小説を読み返し、DVDを見返し!
それでも、なぜ最終回があれで終わりなの~と毎晩妄想する中で、二次小説を渡り歩いていました。字幕版派の私にはヨンの言葉が馴染めなかったり、イヤイヤそんなリアクションしないでしょうって思ってしまう話しだったりでしたが…やっと巡り会えました。まるでソン・ジナさんが書いている様で、信義の世界観そのままに中毒患者の妄想を見事に満足してくださいました。ありがとうございます(T^T)この三日で10回は読み返しました。次回作を心待ちにしております。待ってます!どしどし書いてください。宜しくお願いします。
Commented by HANAKO at 2013-10-23 10:55 x
素敵なお話ありがとうございます
信義の世界観そのままのお話にうっとりとしています。
信義の恋は控えめでありながら、凛としていて、それでいて思いのたけを素直に熱く伝えていく。そんなところが大好きです。
まるで、ブログの背景に選ばれた「墨絵」のようだと思っています。
もっともっと読ませていただきたいです
ありがとうございます
Commented by グリーン at 2013-10-23 16:34 x
ミチ様
今日は「雨」から「星天の屋根」までまた読ませていただきました。

「ようやく、本当に、俺のそばにきましたね。」
ヨンがウンスに囁いたこの言葉にヨンの心の底からの喜びと実感があふれているように思いました。

「いまはね、びっくりするくらい、なんにもいらないの」
「あなた以外はね」
ウンスのこの言葉にヨンの自制心が外れました。
大人な2人の想いの強さにとても心打たれた言葉です。


「大丈夫、なるようになるわ。明日は明日の風が吹く、ってね」
と言うウンスに
「鼻歌でも出そうな口調で言うのだ」とヨン。
ウンスの明るさと強さがヨンを励ましています。

私の好きな言葉です。
ミチ様のシンイワールド、心に響きます。

次回からは開京が舞台ですね。もうすごく楽しみです。
Commented by kkkaaat at 2013-10-23 22:23
>ナナさん
こんばんは、はじめまして。
当ブログにたどり着き、読んでいただいて、本当にありがとうございます。
一気に読んで楽しんでいただけたとのこと、とても嬉しいです!
私も今は、アジドラでの放送を再視聴中で、何度見ても、
また面白かったり、うっとりしてしまいます。
なんだろう、中毒性がありますよね?
今日からまた新しい話もはじまりましたので、
よろしければまた読んでやってくださいね~。
Commented by kkkaaat at 2013-10-23 22:30
>ちびさん
読んでいただき、こちらこそありがとうございます。
原作ドラマの雰囲気に百分の一でも近づけているのなら嬉しいです。
ヨンに大人を感じると言っていただけて、とても嬉しい~!!
少年のような素直さと、溢れ出る天然セクスィーがヨンの魅力だと思ってます。
長く待って熟成することで、そこに大人の色気が加わりいい感じに…、
ってのを毎日妄想してます。
ご一報したいのですが、その前に私がいただきたい!!!
Commented by kkkaaat at 2013-10-23 22:39
>ぴさん
はじめまして、三日で10回も読んでいただいて、本当にありがとうございます。
あまり読み返すと粗がぼろぼろ見えてきますので、
2回目以降はぜひちょっと薄目でお読みいただきますよう…。
二次小説は、本当に好みの世界ですね。ひとつのドラマを見ても、
感じることは百人百様で、それぞれの二次ワールドがありますから。
ぴさんの好みに合って、満足していただけたのなら、本当に出会いですね、
嬉しいです。
今日から新しい話もはじめましたので、もしよかったら引き続き、読んでやってくださいませ~。
Commented by kkkaaat at 2013-10-23 22:44
>HANAKOさん
こちらこそ、お読みいただき、ありがとうございます。
シンイのドラマ世界に少しでも近づけていると感じてくださったのなら、
本当に嬉しいです。
シンイの恋は、本当に余分なところがないですよね。
うだうだ意味もなく悩んだりせず、本当に必要なことで悩み、決断する。
美しくて、ほんと私も大大大好きです!
今日から新しい話もはじめました。そういう部分が少しでも出せれば
いいのですが…、がんばります。
よかったら、また読んでやってくださいませ。
Commented by kkkaaat at 2013-10-23 23:07
>グリーンさん
再読してくださったのですね、とても嬉しいです。
何度も読むのに耐えうるのかどうか、ちょっと怪しいところなのですが、
そういうふうに、楽しんでいただいているのだと知ると嬉しいものです。

セリフも味わっていただいているようで、ありがとうございます。
この回は、ほぼ一番初めに勢いで書き上げて、
そのあと何度も書き直しすぎて自分でもよくわからなくなって
しまった部分で、書きたかったものを受け取っていただいている、
と実感できて、ありがたいです。

今日から新しい話もはじめました。
よろしければ、引き続き、お付き合いいただけたら幸せです。
<< 【シンイ二次】金銀花1 【シンイ二次】星天の屋根3 >>

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のコメント
ミチさん、おはようござい..
by ミジャ at 08:01
ウンスノートから読んでし..
by 比古那 at 13:31
あー、やっとたどり着けま..
by 比古那 at 10:48
みちさん お元気でしょ..
by mm5210 at 12:59
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
ブックマーク
以前の記事
検索