筆記



【シンイ二次】金銀花5



瞼を通しても痛いような朝の光で目が覚める。
薄目を開けて、手でそれを遮ると、声がした。
横ではすでに身支度をすませかけたチェ・ヨンが立っていた。

「目が覚めましたか」

ウンスはあまりに光が目にしみて、大きく目を開くことができないでいた。

「わたしどうしたのかしら、祝宴に出てたのは覚えてるんだけど…」

典医寺近くに用意していただいた、あなたと俺の部屋です、
とチェ・ヨンは当然のことのように言った。
一通りことが落ち着くまでは、皇宮にいらしていただきたいのです、と短く説明したが、
行き場のないウンスには是非もなかったので、ただ一度こくりとうなずいた。

「最悪だわ、なんにも覚えてない。わたしおかしなことしなかった?」

ウンスが尋ねると、チェ・ヨンが、長外套をはおりながら吟じてみせる。

「阿誰扶馬上、不省下楼時」
(誰が馬に乗せてくれたのか、どうやって建物から出たのかもわからない)

それはなんなの、とウンスが問うと、李白です、とひどく真面目な顔でそう言って、
チェ・ヨンはつかつかとウンスの傍らに歩み寄る。
李白ならわたしだって名前は知ってるけど、知りたいのは意味の方、と思いながら
ウンスは起き上がろうとして、つっ、と額を押さえた。
正真正銘の二日酔いだ。

チェ・ヨンは寝台の横にしゃがむと、ウンスと目を合わせる。
誰かに水と薬を持ってこさせます、と言うと、額を押さえた手の甲に軽く指で触れた。
その指がためらうように止まる。

「明日より平壌に参ることになりそうです」

明日、とウンスは言って、その一言にこめられたとがめるような調子を後悔する。

「どのくらいになるの?」

頭痛をこらえてなんとか身体をうつぶせにする。
寝台の上で頬杖をついて、ウンスは尋ねる。
身体の前で長い指を組み、しゃがんだままでチェ・ヨンが言った。

「行きに三日、帰りに三日。あとは平壌での用件次第です。十日ばかりかと」

王の護衛をしてまいります、と言いながら立ち上がり、
これからその算段です、今日は早く戻りたいが、と口篭る。

「わかったわ、待ってます」

小さく敬礼をすると、チェ・ヨンは黙ってしばらくウンスを見つめていた。
それから、つぶやくように、今一度隊長と呼んでください、前のように、と言った。

「待ってます、テジャン」

ウンスが微笑みながらそう言うと、チェ・ヨンは、ふ、と微かな笑いを浮かべ、
ウンスの唇を手の甲でなぞると、振り切るように、では、と言いながら剣を腰にさし、
部屋を出て行った。
大股の足音が、遠ざかっていく。

チェ・ヨンの仕草に息を飲んでいたウンスは、はあ、と息を吐いた。
それからごろんと転がって天井を仰いで、いたた、とまた頭を押さえる。
うっすらと吐き気もすることに気づいた。

「はあ、自業自得よ、ウンス」

ウンスはそう独り言を言って、ため息をついてから目をつぶった。





煎じた薬を飲んでしばらくすると、頭痛はほとんどなくなった。
やることがなくなって、自然と足は典医寺へと向かう。
高麗に連れてこられての一年近く、ウンスは多くの時間をここで過ごしたのだ。

門をくぐると、ウンスのことを聞かされていたのであろう、医員たちは不審がらず、
すい、と頭を下げて深くお辞お儀をする。
少しだけ笑みを浮かべてぺこりと挨拶をして、ウンスは遠慮がちに歩き出した。

診療のための寝台が並んだ部屋では、入口に背を向けて、
髪を胡風に結った若い典医らしき男が何かの道具を並べていた。
査閲のための部屋では、今もいくつもの容器が並んでいる。
白い衣で身体を覆った女官が、器の蓋を狭く開けては何かを注いでいる。
ウンスは自分でもわからぬ何かを探すように、一つずつ部屋を覗いていった。

懐かしいこの皇宮で、もっとも懐かしいとも思えるこの場所で、
知った顔は誰ひとりいない。

その事実が、ウンスに、最後に典医寺で見た光景を思い出させた。
手が冷たくなる。震えそうになる身体を抑えて、息を深く吸い、吐いた。
大丈夫、わたしは生きている。

最後に、ウンスは典医寺の奥にある、よく手入れされた薬草院に脚を踏み入れる。
中庭では摘み取った薬草や果実が乾かすために広げられている。

「あの」

ウンスは、連翹(レンギョウ)の花を干している、優しそうな目の年嵩の
藁茶の衣の医員に声をかける。

「トギさんは、いらっしゃいますか」

男は顔をあげて、ウンスに気づくと、医仙様でございますか、失礼いたしました
と深く頭を下げて立ち上がった。

「なんでございましょうか」
「あの、トギさんを探しているんです」

はあ、トギ殿ですか、と男が答えたので、ウンスはほっと息をつく。
けれど戻ってきた答えは期待したものとは違った。

「トギ殿は、二年ほど前になりますか、皇宮を下がられました。
ずいぶんとお引き止めがあったようなのですが…」

なぜ、と問いが口から出かけて、答えはわかっているような気がして、やめた。
どちらへ、と問いを変えると男は、よく存じ上げませんがご自分の薬草畑を
お持ちであると聞いておりました、そちらへ隠遁なさったのではないでしょうか、
と丁寧に答えた。

「ほかに御用があれば、お申し付けを」

男はウンスが黙ってしまうと、ゆったりとした口調でそう言った。
今度こそ本当に、やることがなくなってしまったウンスは、ふと思いついて男に頼んだ。



衛士や医員たちが居住まいを正す仕草に気づいて、ウンスは顔を上げた。
薬草院の門をくぐって、魯国公主とチェ尚宮、その後ろに武女子が二人付き従って
入ってくるところだった。

「王妃さま」

籠を足元に下ろして、急いでお辞儀をする。
それから顔を上げて、ウンスが親しげに小さく手を振ると、
王妃はなんとも嬉しそうに控えめな笑みを顔に浮かべた。

「何をしておいでですか」

ゆっくりと歩み寄ってウンスの前に立ち、籠に目をやると王妃は尋ねた。
ウンスは籠を持ち上げて、中に入った花を摘んで手に乗せる。

「薬になる花を摘んでいるんです」

これです、と支えの冊に絡んで咲いている花を指差す。
すいかずらと言って、熱を下げる薬になるんです、と説明する。

「それから煮出したものでうがいをすれば歯茎の腫れにもききますし、
お風呂に入れれば、美容にもばっちり」

これで入浴剤を作って売ろうかと思うんですよ、今度王妃様にもさしあげますね、
とウンスは摘んだ花の匂いを嗅ぎながら言った。

花がふたいろあるようだけれど、と王妃は気づいて不思議そうにウンスに尋ねた。
絡まり合って茂るつるに、薄い黄色と、乳白色の花がついている。

「一つの枝に、二つの色の花が咲くんです。だからすいかずらは、金銀花とも言うんです」

この一年、過去の世界で学んだ漢方の知識を、ウンスは少しばかり得意げに語る。
うなずきながら聞いていた王妃が、ふふ、と笑みをもらした。

「まるで今の高麗をあらわしたような花ですね」

と言うと? とウンスは、王妃に尋ねた。
王妃はその白く細い指で、黄色の花を指差して、それからおもむろに白い花を指差す。

「金はチョナ、そしてこちらの銀はチェ・ヨン」

一つの幹に二つの花が咲いて、成り立っております、と王妃は言って、
すいかずらをじっと見つめる。
それから目を上げて、ウンスと目を合わせた。

「明日、王と大護軍は平壌へとご出立なされます」

お戻りになったばかりで心苦しいのですが、こたびのことにはテホグンが必要なのです、
と王妃はウンスの目を見たまま続けた。
できるだけ早くお戻りになるとチョナも言っておられました、
と王妃はすまなそうに目を伏せる。

ウンスは明るい声で、この花はですね、と王妃に話しかける。
王妃は、ウンスの声の励ますような響きに顔を上げた。

「とてもよく働いてくれる、素晴らしい花なんですよ。
役に立ちます」

そう言いながらウンスは右手に黄色、左手に白の花をつまむと、
顔の前に掲げて、指先でその二つをくるくると回した。
ウンスのそのしぐさが可愛らしくて、王妃はようやく、ふうわりと笑った。



にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
by kkkaaat | 2013-10-31 20:44 | 金銀花【シンイ二次】 | Comments(10)
Commented by みみたび at 2013-10-31 21:26 x
ウンスはじゃじゃ馬ですよね。ドラマ前半、いい加減に過去にきたことを認めて落ち着きなさいよってテレビに向かって言ってました(笑)でもヨンには新鮮で可愛かったんでしょう。このドラマでは王様と王妃の関係もとても素敵ですよね。またこの二組のお話が読めて幸せです。
Commented by 比古那 at 2013-10-31 21:41 x
吐き気にやたらと反応した私は不届きものです(笑)

ウンスの不意にさらされた本音。覚えていないことがヨンにとっては幸なのか不幸なのか。

トギには苦しい典医寺。会いたかったのはウンスを通じて読み手の思いでもありましたが、チャン侍医を恋慕っていた彼女には辛いなにかでしかなかったのでしょうか。

ウンスを見ると悲しみと懐かしさ、どちらが心を占めるのでしょう。

無事に帰りますように。
Commented by グリーン at 2013-10-31 23:58 x
「テジャン」と呼んでくれだなんて甘えるヨンが可愛いです。金銀花、王様とチェ・ヨン。このような意味も含まれていたのですね。入浴剤を作って売ろうだなんて本当に商売するつもりなのでしょうか。あの市場のシーンを思い出します。王妃様はウンスを気遣って来て下さったのですね。
Commented by saikai at 2013-11-01 22:22 x
なんだかこれから本当に二人で生きていくんだな。と思いました。
二人が置かれた状況や使命に寄り添いながらどう立ち向かっていくか。
そして、王妃もウンスと同じように、身内に会えなくなっても、チョナに寄り添おうと決意しているのですね。
金銀花は、ヨンとウンス、王と王妃みたいでもありますね。
Commented by ナナ at 2013-11-06 22:48 x
こんばんは。ずっと残業続きで ゆっくりお邪魔出来なくて…遅ればせながらですが、コメントさせて頂いてます。

ドラマでの あの「テージャン」シーンが浮かんでます。
ヨンもウンスも可愛くて好きなシーンです。
そして
姉妹のような王妃とウンスの関係も素敵でいいなぁ…
Commented by kkkaaat at 2013-11-07 14:22
>みみたびさん
そう、ウンス、じゃじゃ馬ですよね~! 後半落ち着いてきたのは、もちろん人間的に成長していった、チェ・ヨンを思う気持ちが彼女を強くしていったとは思うんですが、実は毒で弱ってたからってのもあるんじゃないの~? って思ってました(笑)
ヨンは、理解できない、予想とは違ったことをする、っていうのが、固まった心を動かして、好きになっちゃうポイントだったんでしょうね。
王様と王妃、本当に素敵です。今日は王妃がさらわれて王が徳君に返してほしいと言うシーンを見直してたんですが、もう泣いてしまいました。このドラマは脇もみんな素敵なのがいいですよね~!
Commented by kkkaaat at 2013-11-07 14:27
>比古那さん
二次ブログで吐き気って出てきたら、そりゃ反応しますわ(笑)
残念ながら二日酔いでしたが…。
そういうめでたいことで気持ち悪くなりたいですよね、ウンスも(笑)

チャン先生とトギは、その後を書く上では扱いが難しいですね。
無理なく自然なかたちで、それぞれの未来を描ければいいなあ、と願ってます。

ウンスには一年、でもトギにとっては四年。
そのギャップもあるでしょうしね。
ご都合主義かもしれませんが、皆が幸せになってほしいなあ、と思ってます。
Commented by kkkaaat at 2013-11-07 14:30
>グリーンさん
意外と甘え上手なヨン。ドラマのあのシーンで「もう一度」と言ったときは
実はわたしけっこうびっくりしました! そういうことも言える男なのね…って(笑)
ウンスは、ヨンと出会って心の成長を見せましたが、商売っけがあって、
意外とちゃっかりな本質も残っていると思います(笑)
王妃さまは王に対する気遣いを見ても、あまり表には出さないけれど、
優しい方だなあと思います。
Commented by kkkaaat at 2013-11-08 14:34
>saikaiさん
鋭すぎる指摘にどうお返事しようか迷ってしまいました(笑)
書いた話を、深く読み込んでくださっているんだな、と思うと
本当に嬉しいです。がんばって書いてよかったな~!
あ、鋭すぎる指摘というのは、金銀花の話で書こうとしたテーマ的なもの?
がsaikaiさんのコメントに…!
これ以上は言い過ぎになるので自粛傾向で(笑)
Commented by kkkaaat at 2013-11-08 14:38
>ナナさん
おお、残業お疲れさまです。疲れたら寝るのが一番です。
仕事でPC見すぎると、家でPC開けるのも嫌になりますもんね。
そんな中、読んでくださり、本当にありがとうございます。

もうあの「テージャン」シーン、何度見たでしょうか(笑)
編集してあれだけ100回くらい流れるMVとか作って流しっぱなしにしたいくらい。
はまって見ていたシンイですが、あそこで「ど」はまりになりました…。
王妃は皇宮で、チョナを除けば一番偉い人で、ドラマ後半では
まわりとも打ち解けていましたが、友人はいないお立場ですから、
ウンスのことを慕うような想像をしています。
<< 【シンイ二次】金銀花6 10月31日 変な記事について... >>

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のコメント
ミチさん、おはようござい..
by ミジャ at 08:01
ウンスノートから読んでし..
by 比古那 at 13:31
あー、やっとたどり着けま..
by 比古那 at 10:48
みちさん お元気でしょ..
by mm5210 at 12:59
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
ブックマーク
以前の記事
検索