筆記



【シンシ二次】メモ

金銀花を書いていて、医局の部屋を離れる最後の一瞬でウンスがこうしたのでは、と書いたドラマ後のウンスの両親の小話です。
両親二人の会話のみでストーリー、オチはありません。あまり明るくはないです。


・・・・・・・・・・・・・・


かちゃかちゃと、食器を洗う音がする。
水の流れるジャージャーという音が邪魔で、
ウンスの父は少しだけボリュームを上げた。
テレビでは、また、オリンピックの話題だ。

ロンドン、ウンスは一度学生のときに、女友達と旅行に行っていた。
パブでビールをたくさん飲んで、油っぽいパイをたくさん食べて、
友達は吐いちゃったんだけど、わたしは平気だったのよと、
そんな親が心配するような話を武勇伝のように土産話にした。
ハロッズの可愛らしいバッグを自分とお揃いで母親に買ってきて、
二人で持っていた。

一年に一度くらいお金を貯めて、旅行に行ったが、あとは学業が
忙しくて、あまり遊ぶこともない娘だった。
働くようになってからも、なんだかんだと仕事熱心で、おしゃれなどは
年齢相応に興味があってしていたが、親としては残念だが浮いた話もあまり聞かなかった。

口に出さないで、そんなことをつらつらと思い出していると、
母親が横に来て、ソファに座った。

「銅メダルとったってよ」

なにが、と母親が言うと、父親が、あの弓のやつだ弓の、と答える。

「アーチェリーね」

母親が言いながらテレビのリコモンを取ると、ああそれだ、とうなずいた。
チャンネルが変わる。ドラマ、ドラマ、ニュース、バラエティ、ドラマ。
一巡して見るものがなかったのか、母親はリモコンを置いた。
それから、大きくため息をつく。

「どこ行っちゃったんだろ」

またその話か、と父親が言うと、母親は憤慨したように言い返す。

「だってあなた心配じゃないの。娘が誘拐されて帰ってこないんですよ」

言いながらたちまちのうちに、涙声になる。
ああ悪かった、と父親は少しうんざりしたような声で母親の肩を抱いた。
あなただって心配でしょう、と言われて、もう何度目、何十度目に
なるだろうか、父親は話し出す。
そう、母親は父親のこの話が聞きたくて突っかかるのだ。

「そりゃあ心配だとも。でもな、おまえ。あそこを見てごらん」

父親はテレビの右隅に貼られた一枚のメモを指差す。
母親はいつも通りに、それを見る。
大きな42インチのテレビの肩に貼られた、
黄色いノリ付きの貼って剥がせる正方形のメモ用紙。
ノリがだめになったので、セロテープで貼ってある。
壁に貼りつけたり、いろいろしたが、その場所が一番目に入って、
なくならない、という結論にたどりついた。

「ほら、なんて書いてある」

母親は答えない。
ほら、と父親がうながすと、読んだわ、と鼻をすすりながら言う。
違う、ちゃんと口に出してだよ、と優しく言われて、母親は渋々といった
調子でそれを読んだ。

「ケンチャナヨ(大丈夫よ)」 

どういう意味だ、と父親が言うと、母親は、だから大丈夫って意味よ、
と憮然と答える。
あれはウンスの字だね、と父親が噛んで含めるように言う。
うん、と母親はうなずく。
でも、いつ書かれたかだってわからないわ、と母親は芝居の台本に
書かれたもののように、いつもと同じセリフを繰り返した。

「いや、まず誘拐されたときには、なかったものだ。私たちだって医局の
ウンスの部屋に行ったじゃないか。あったなら気がついたはずだ。
そのあと、一度あのこが病院に姿をあらわして、そのあとの警察の調べで
机の上のメモの一番上の一枚にあれが書かれているのが見つかった。
それを私たちが頼み込んで、もらったんじゃないか」

警察はなかなかメモをよこさなかったが、事件との関係性は薄そうだと、
最後には同情もあってか、それをよこした。

「ウンスが病院にあらわれたとき、あのこは怪我をしていたか?
何日も食べていなかったり、服が汚れたりしていたか?」

いいえ、おかしな格好だったとは聞いたけど。
慌ててはいたし、様子がおかしかったけど、怯えたり、
逃げているような様子ではなかったって。
母親は自分に言い聞かせるように、そう言った。
そうだね、と父親が言うと、母親は、そうだわ、と同意した。
荷物を持って、自分で出て行った、と父親は言う。

「自分でね」

母親は、脅されていたのかも、と声を震わせた。
どうかな、と父親は言う。

「つききりで見張られていたふうでもないし、部屋に行って荷物を
持ち出す時間もあった。
必要ならば警察にメッセージくらい残せただろう」

でもあのこが残したのは、この言葉だ。
二人の目が、またメモに戻る。
殴り書きされた「ケンチャナヨ」の文字。

「薬や包帯をたくさん持っていったそうだよ。とても急いでいたそうだ」

父親が言う。
だれかを助けに行こうとしていたのかも、母親が急に思いついたように言う。
父親が、少し驚いたように、母親を見た。
決められた台本のようなこのやり取りに、初めて別のセリフが加わった。

「助けに」

父親がつぶやく。
美容整形外科の医者になる前、あのこは心臓外科医になろうとしていた。
あのこは志のある娘だった。
人の命を救いたい、そうあからさまに口に出すことはなかったが、
そういうテレビ番組があると、食い入るように見入って目を赤くしていた。

「わからないわよ、でもね」

母親は黙ってしまった父親に向かって言った。

「ウンスってそういう娘だわ」

そう言うなり、母親は泣き出してしまった。
ただそれは、いつもの不安げな泣きようとは少しだけ違っていた。
何がどうとは説明できないけれど、悪い涙ではないようだ、
と父親は思った。
あら、珍しいあなたも泣いているの、母親が突然泣く声を止めて、
父親の顔を目をぱちくりさせて、見た。

「ああ、ちょっとだけな」

父親はそう言って、頬に流れたそれを拭って、
母親に向かって、微笑みかけた。




(終わり)


にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
by kkkaaat | 2013-11-15 19:56 | 短編【シンイ二次】 | Comments(21)
Commented by aki at 2013-11-15 20:27 x
ウンスの親にしてみたら、心配してあたりまえですよね。

あの木のところにヨンを置いてキチョルに引っ張られて天穴に向かうときに、ヨンの事だけ心配だったろうし、ウンス一人、現代に戻ったときに、病院に向かって「薬や包帯だけ」を持ってまたすぐ、天穴に入って・・・

でも、「ケンチャナヨ」のメモだけでも残したんですね、ウンス。

現代に残るという選択肢は、すでになくて、ヨンの元で生きる覚悟と親への惜別の言葉がこの「ケンチャナヨ」。
いや、あの短い時間にさよならっは、言えないし、両親には「大丈夫」が一番の言葉ですよね。

同じ時代に生きるのならば、たとえ、ソウルとは地球の反対側でもなんとかなるけど・・・

時代が違う。

それは、ヨンとウンスが5年(ウンスにとっては1年だけど)離れてるときも、思いは簡単には伝えれない。

このご両親の日常は、ごく当たり前の風景ゆえに、・・・・娘をあんじての日常ゆえ、・・・・同じ親として、ジクッと胸にささるものがあります。

ウンスは愛する人と生きているって、・・・・伝えたい。
Commented by 比古那 at 2013-11-15 21:21 x
ウンスから見れば愛しい人のために再び飛び込んだ天穴。

ヨンからしたら共に生きようと誓った愛しい人の帰ってくる天穴。

高麗から戻ったのは事件の翌日でしたね。それなりに大事になっているだろう割りに落ち着き払った現代でした。コエックスではまだ捜査中だろうに、病院が通常運転過ぎて、これでいいのか?と思った覚えがあります。

考えてみれば殺人未遂?と銃刀法違犯、なぞの爆発に誘拐事件ですから、結構な重犯罪なはず。

加害者と被害者の関係から恋人達のデートまで二人を見つめた、本人達より彼らに詳しい私たちならまだしも、いきなり愛娘が消えた両親にはまさに晴天の霹靂。

狙ったかのような、かみなりの仕業です。

ものか静なイメージのお父さんでしたよね。

決して派手ではないけど静かにそっと愛情深く見守り続け、かたく信じてくれる辺り、父親に似た人を選ぶのもなのかと思ってみたり。

誰かを助けるため。

この結論に達したご両親に、いつか彼の地で最高の男に嫁いだ美しき花嫁が居たことが伝わるといいなと思います。

チェ・ヨン将軍歴史館とかに絵とか残ってないもんでしょうかね。
Commented at 2013-11-15 22:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kkkaaat at 2013-11-16 00:05
>akiさん
ふと、手紙も何も残せなかったけど、机の上にあったメモに
誰宛というわけでもなく、そう書き残すウンスの姿が浮かんで
書いてみました。親あてかもしれないし、病院の人あてかも
しれないし、それはわからないけど、ケンチャナヨ、と。

娯楽のためのドラマですから、あまり真剣に考えすぎてもいけない
んですが、ウンスの両親のことについては、どうしてもときどき
考えてしまいます。

親とはいつか別れるものですし、親の方もただ無事で健康で
ありさえすれば、ほか多くは望まないと思うのですが、
いなくなる、っていうのはうーん耐え難いだろうな、と。

一生会えなくても、
>ウンスは愛する人と生きているって
これさえ伝われば、会えない寂しさはあっても、受け入れられる
と思うんですけどね。
それをわからないウンスではないので、だからこそ折々に
辛いと思うだろうな、それを抱えて生きていくんだろうな、
と想像してしまうとなんだか切なくて。
ドラマではそこまで深く描写されたわけではないので、
ほんと余計なお世話なんですけどね。

こんな微妙な話に、反応いただいて、ありがとうございました。
Commented by saikai at 2013-11-16 01:48 x
ミチさん、こんばんは。

ドラマ信義を見ていて、私だったら、高麗に残るかな。とよく思いました。
そして、私なら、現代に帰るだろうな。
ウンスとは逆で、大好きな人の元ではなく、両親の元に帰るなと。

それは、やはり、ミチさんが描いてくれた情景がそのまま思いつくからです。
『親より先に逝ってはいけない。逝ったとは思わせてはいけない。』と思うからです。

でも親って、すごく子供の事をわかっているんですよね。

『志のある娘だった。』
そういう風に自分を信じてくれている親に子供は、本当に救われます。


『ウンスってそういう娘だわ。』
この言葉を読んで、なんだか私が救われました。

信義の世界が大好きなのに、ウンスの両親の事だけが、自分の中で折り合いがつきませんでした。

だから、このお話を書いて下さって、本当に有難うございました。
Commented by itukichikal at 2013-11-16 04:31 x
ウンスはメモを残していたですね!そうですよね。本当は両親に会うつもりだったんですもの。キ・チョルに会って倒れたヨンから無理矢理引き離されて元の世界に戻っただけですから両親に連絡する間も無かったですよね。

一人娘をどれ程心配しているか分かりませんよね。それでも娘の幸せを願って信じている。
いつかヨンと幸せにしているのを伝えられたら良いのですが。
Commented by pekoe at 2013-11-16 09:40 x
私もウンスのご両親のこと気になってました。
私も子育てをしているので…
いつかは親元を巣立つのだと分かっていますが。
突然何も言わず、自分の娘がいなくなったら…
でも、ケンチャナという書き置きを残したことで少しはご両親も心が楽になってるといいですね。

色々な考えがあると思いますが…親が一番願うのは、自分のことではなく、子供が幸せに暮らすことだと私は思います。
ヨンとの幸せな姿を一度でも見せられたら…ご両親も安心出来るのでしょうけど。
Commented by ちび at 2013-11-16 23:19 x
う~ん、両親辛いですね~。                          自分の事にしたら、娘が行方知れずになったら、死ぬまで思い続けて、人生終わりますね。                                ウンスも、その分背負って更に幸せに、ならないと。             ヨン、頼みましたよ~                                                                                                                      ミチ様、今度は提案です。                            ネットだけなく、本にして出されたらいかがですか❓            そのときは、何でもありで(^_-)-☆  素晴らしい文章です。ネットだけでは、勿体ない。                                 zぜひ、前向きにご検討下さいませ。(^○^)                  
Commented by kkkaaat at 2013-11-17 00:05
>比古那さん
>病院が通常運転過ぎて、これでいいのか?
昨日またアジドラで最終回を見て、本当にこれ思いました。
室長という人が、ユ先生取材の人です~、みたいに普通に言ってて、
おかしいだろそれ、って(笑)
ラスト近くの現場の混乱が透けて見えるような構成でしたね。
ラストの5分間はヒソンさんの演技力で含みを持たせる感じで
乗り切ってると思いますが、あの病院のシーンだけはいつも、
ええええええΣ(´Д` )ってなってしまいます。

ほんと、晴天の霹靂だろうなあ、って思います。
ウンスが高麗の残ることについて葛藤していて、ヨンが残すことに
やはり葛藤を感じていて、天界に会いたい人もいるでしょう、
という会話もあったりするので、なーんか気にしてしまうんですよね。

>チェ・ヨン将軍歴史館とかに絵とか残ってないもんでしょうかね。
こういうのは、ちょっと考えました。
過去からのメッセージ。
どんなふうに受け止めるのでしょうか。
またいつか、もう少しよい結末を想像したいなあ、と思ってます。

こんな実在でもない両親のことに気を揉む、変な話にお付き合いいただき、
本当にありがとうございます。
Commented by kkkaaat at 2013-11-17 00:12
>iymarさん
架空の話にあまりアイデンティファイして、身近な想像につなげちゃうのも
まずいと思いつつ、ちょっと考えたら泣けちゃったりして困りもんです。

>ご両親の気持ちを考えると、やっぱりウンスに手紙を書いほしいですね。
そうなんですよね、やっぱりそれなのかなあ。
歴史的なオーパーツとして不思議がられながら親御さんの手に手紙がわたる、
っていうのを妄想しつつ、自然な形でそれが成し遂げられる話が
どうにも思いつかないのですよね。
もうちょっと気楽に考えてみたいと思います。

>幸せに暮らしていることをどうか、分かってほしい。
ねー! そうなんです。もう事情とかはどうでもいいので、
幸せです、だけでいいから伝わってほしいなあ。

こんな妙に暗い妄想にお付き合いくださり、本当にありがとうございます。
Commented by kkkaaat at 2013-11-17 00:21
>saikaiさん
saikaiさん、こんばんは!

>そして、私なら、現代に帰るだろうな。
それ、私も思いました! いや高麗無理無理無理、と。
だからこそ、それを乗り越えて残ったウンスにすごく感激したんですよね。
親御さんのことも、ちゃんと頭にはあって、それでも選択した
ウンスと待っていたヨンに超ときめいたわけです。

>この言葉を読んで、なんだか私が救われました。
そう言っていただけて、本当に嬉しいです。
自分なりに救いがある話として書いたつもりだったんですが、
アップ時に読み直して、ちょっと我ながら引きまして(笑)
あ、こりゃやめたほうが無難だな、って思ったんですが、
コメントで両親の話アップしますと書いてしまったあとだったので、
まあこれも一つの妄想だ、と思ってアップしたのです。

こちらこそ、辛気臭い話に寄り添っていただけて、感謝しています。
本当にありがとうございます。
Commented by kkkaaat at 2013-11-17 00:26
>itukichikalさん
親に向かって、かどうかわからないけれど、もしかしたら病院の人たち
あてかもしれないけれど、とにかく現代に残す人たちに向かって
ひとこと走り書くくらいの時間はあったかもしれない、と想像してみました。

そう! ほんとは両親に会うつもりだったんですよね、それもヨンと一緒に!
実際にヨン連れてって、明らかにテレビで見た誘拐犯と同一人物に、
事件翌日に挨拶されて結婚しますと娘に言われて、もう一生会えないと
告げられる両親を今想像しましたが、それはそれでちょっと会えなかった
のもまあありなのかも、とたった今思いました(笑)

本当にいつか幸せに暮らしていることを伝えたいですよね。
ちょっと暗めの話なのに、お付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!
Commented by kkkaaat at 2013-11-17 00:32

>pekoeさん
子どもがいると、妙なところに反応してしましますよね。
ドラマの本筋とは関係のない部分なのに、過剰反応してしまうという…。
こんなことが我が身に起こったらちょっと耐え難いなあ、と。

そうなんです。たぶんウンスのご両親も、ウンスが幸せであると
わかれば、会えないことは悲しいけれど、そういう自分たちの悲しみは
さておいて受け入れられるだろうと。
本当に、幸せな姿、伝えてあげたいです。

このようなちょっと思いつめたような話、読んでくださって、
本当にありがとうございました!
Commented by kkkaaat at 2013-11-17 01:07
>ちびさん
そうですね、とにかくウンスが幸せになることが一番ですよね。
ウンスもヨンも、そこのところはよーーくわかっている気がします。
私も二次小説の中でですが、二人が幸せな人生を送れるように
していきたいと決意をあらたにしました!

同人誌、最後に作ったのは何年前でしょうか…(笑)
本にして欲しい、とは嬉しいお言葉です、ありがとうございます。
じゃあ次の長めの話が終わったら、作ってみましょうか!
それなりに欲しい方がいらっしゃったら印刷すればいいし、
ちびさんと自分の分だけでいいなら、私お手製上製本で(笑)
背綴じの上製本(普通の固い表紙の本のことです)、
ボンドを駆使して自力で作ったことあるんですよ~(得意げ)

ちょっと暗い話でしたが、読んでくださって、そしてそのほか
ご提案もきただきまして(笑)ありがとうございました!
Commented by pekoe at 2013-11-17 06:08 x
私もミチさんの本があるなら購入したいです(^_^)
信義は、こういうちょっと暗いかなと思える部分が物語の端々に見えるのも魅力なのだと思います。
ほんと、あの最終回の最後の10分ぐらいをもう少し丁寧に描いてくれたら…と思いますが、イマイチだったからこそ、こうしてミチさんの作品と出会えたのですから。良かったです(^^)
Commented by kkkaaat at 2013-11-18 20:27
>pekoeさん
あらこんなところにも奇特な人が(笑)
そう言っていただけると、嬉しいですね~。
>信義は、こういうちょっと暗いかなと思える部分が物語の端々に見えるのも魅力なのだと思います。
本当にそう思います。それがすべてドラマの表に浮かび上がっているかは別として、脚本家や監督さん、役者の方々が作り出そうとしたテーマが、物語が、すごく感じ取れる作品ですよね。脚本の方がウンスとチェ・ヨンを通じて描きたかった関係性に、すごく惹かれます。
あの駆け足ラストが、たくさんのシンイファンを生み出しているのかもしれないですね。そんな駆け足でも、あのラストの表情を見せてくれたヒソンさん、ミンホさん、監督にはすごく感謝しています。
Commented by すいれん at 2013-11-21 22:57 x
不思議です。
時間軸では先に逝ってしまう娘。

ウンスは異国の地へ、長い長い出張に行っているのだと
メモを見たご両親がそう思ってくれたら、少し救われます。

心配で涙を流す日が何度あっても、ウンスはどこに行っても
自分の足で立てる娘だ、と信じて生きてほしいです。

大事だった両親よりもっと大切な人のために、天穴を
迷わず駆けていったウンス。

きっとあの世の門のまえで、600年以上もの長い刻を
チェ・ヨンと二人で待っているかもしれません。
ご両親と再会するために。

私は大丈夫、でも心配かけてごめんなさい、とウンスは
一番伝えたいでしょうね。
Commented by kkkaaat at 2013-11-22 15:49
>すいれんさん

>不思議です。
>時間軸では先に逝ってしまう娘。
これがシンイを見ていて、本当に感じ入った部分でした。
時間軸では100年前、そういう意味ではすでに死んでいる、相手。
でも、天穴が存在することで、その相手が生きているものとして
自分と同時に存在する。

死んでしまう(しまった)相手であっても、
その人と同時にあった思い出の時間は並行して永遠に同時的に
存在し続ける。いなくなった人も、確かに生きている。

それが現在を捨てて高麗へと旅立ったウンスの切なさを
和らげていて、希望を与えてくれると感じています。

本当に両親は、
>ウンスはどこに行っても自分の足で立てる娘だ、
と思ってくれたらなあ、と思います。

いつか何かの形で、ウンスの無事を知ってほしい、と切に願います。
このような話に、丁寧にコメント、ありがとうございました!!
Commented at 2013-12-09 19:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kkkaaat at 2013-12-11 18:25
>鍵コメさん
はじめまして、こちらこそ、当ブログの話を読んでいただき、
ありがとうございます。
そうなんですよね、ドラマだとわかっているのに、
あの二人がまるで生きているような、そんな感情移入をしてしまう
ドラマでしたよね。
本当に、四年って、もう忘れて別の人と結婚しててもおかしくない
年月ですから。

薬草園のシーン、気に入っていただけて、本当に嬉しいです。
お肉も(笑)
ヨンは、その時その時できる精一杯で、ウンスに対して向き合って
いくんじゃないだろうか、と想像してます。

最終話の病院シーンを見ると、最後にいかに現場が混乱していたか、
わかりますよね。親御さんをプロジェクターで見るシーンなどが
入ってきたところを見ると、脚本家さんは、そこらへんも本来は
配慮なさっていたんだと思いますが、ドラマでは、うまく反映されて
いなかったのかな、と思います。
そういう部分を埋めていくのが二次のお仕事(笑)
少しでも何か感じていただけたのなら、すごく嬉しいです。
書いた甲斐がある、と感じさせていただき、本当にありがとうございました!
Commented by h-imajin at 2013-12-21 19:37 x
はじめまして。少し前からお邪魔しています。
長編のお話はどれもハラハラドキドキして素晴らしい楽しませていただきました。
でも、それ以上にこの「メモ」が心に響きました。何も知らされず残された人の気持ち・・・
「シンイ」の本編には満足しているものの、ウンスの両親の立場になって考えるとやりきれない気持ちになっていました。
このお話はまさに私の心の隙間にストンと入って、温かい気持ちになりました。ありがとうございました。
これからお仕事がお忙しいとのこと、寒さも厳しくなる時期ですのでご自愛ください。
またお暇が出来たときに素敵なお話を書いていただきたいです。
<< 【シンイ雑記】高麗の軍組織~ウ... 【シンイ二次】雲雨(後) >>

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のコメント
ウンスノートから読んでし..
by 比古那 at 13:31
あー、やっとたどり着けま..
by 比古那 at 10:48
みちさん お元気でしょ..
by mm5210 at 12:59
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
ブックマーク
以前の記事
検索