筆記



【シンイ二次】颶風 1

ここは王のいまします都、開京。
北に玄武の首龍山を従え、南に朱雀の松獄山と正対する王城の城下にて、
日々人々の暮らす同じ光景が繰り返される。

しかしこの今日という日は、少しだけ違ったことが起こっているようだった。

「あれ、あんた今日は膝の湿布薬をもらいに行く日じゃないのかい?」

妻が夫に声をかけると、夫はゆっくりと首をふる。

「先生んとこは、今日はお休みだろうて」

はて、七日に一度のお休みは、今日ではないはずだが、と妻が首をかしげると。

「ほら、今日は大護軍のご帰還の日だろうが」

ああ、と妻は膝を打つ。
それじゃあ今日はお休みだあね、と言うと、夫もうんうんとうなずいた。
そしてここでも同じような光景が。

「あれ、みんなどうしたんだね、ぞろぞろと」

城下の南、文臣たちの住まう屋敷の一角にある小さな診療所。
その木戸から、老人、女、子ども、怪我をした男、両手より少ないくらいの人数が
いっせいに出てきた。
これからその木戸をくぐろうとしていた女が、見知った顔を見つけて
そう尋ねる。

「今日はもうおしまいだよ」

男の子どもが聞かれもせぬのに、かけて来て言う。
手首にくるくると白い布を巻いているが、治りかけなのか痛がる様子もない。
なんで、と女が尋ねると、初老の男が腕組みしながらにやついた。

「テホグン殿がけえってきやがったからな」

ああ、そうだった、と女は合点する。

「腕をつかんで先生を屋敷の方へ引っ張っていっちまったよ。
ありゃあ朝まで出てくるまいて」

あらあ、と女が口に手を当てる。
今度はどんくらい行ってなさった、と誰がか言うと、
たしかひと月半にならあな、と答える声がする。
ああ、そりゃあ辛いねえ、と誰かがしみじみと言った。

「ユ先生も、たいへんだ」

年嵩の女がそう言うと、あれが相手じゃあなあ、と男がつぶやいて、
皆いっせいに屋敷の方を遠い目で見た。


時は半刻ほどさかのぼって。

「おっ」

診療小屋の入口の近くに並んでいた男が驚いたように声を上げる。
横に座っていた子連れの女が、男が見たのと同じ方を見て、慌てて子どもの頭を
押さえて、頭を下げさせる。
並んでいる人々は、次々に倒れる子どもの板遊びのように、気づいては頭を下げ、
と皆がその人物に向かって丁寧にお辞儀をした。

小屋の中からは、早口で言い聞かせるような説明が、聞こえてくる。

「見せて、うん、よくなってるわ。ほら、ちゃんと傷口が閉じてる。
あとは化膿させなきゃ大丈夫。ええと、三日後にもう一度来てね。糸を抜くから」

軟膏は足りてる? ちゃんと使ってよ、高麗の人たちは本当に薬嫌いで困るわ、
トギが作る薬はそりゃあよく効くのよ、という言葉が続いて聞こえてきた。
皆にお辞儀を受けた人物は、軽く頭を下げると、列の前を通り抜け、
小屋の入口を覗きこむ。

「ユ先生、ありがとうございました」

後で娘がお礼を持ってうかがいます、と男が言うと、ウンスはああいいの、いいの、
と手を顔の前で振りながらも、ちょっと身を前に乗り出して、
もしかして前に頼んでたやつかしら、と小さい声で男に言う。

「はあ、あの、先生がこしらえてほしいとおっしゃってた、こう肩にかけるずた袋のような…」

ずた袋ってちょっと人聞きが悪いわねえ、肩掛けバッグって言うのよ、とウンスが言うと、
男ははあ、と答えて頭を下げた。
急がないからね、娘さんによろしく伝えてね、とうきうきした声で言うと、
それじゃあ次の方、とウンスが顔を上げた。

顔を上げた先に、チェ・ヨンがいた。
小屋の小さな入口に頭をぶつけそうにして、少し屈んで、覗き込んでいる。
ウンスの顔がぱっと明るくなって、腰を浮かす。
そして、並んでいる患者に気がついて、微笑みながらも腰を下ろしたが、
我慢できずに跳ねるように立ち上がると、チェ・ヨンのもとに駆け寄った。

「おかえりなさい。今日戻るとは聞いてたけど、こんなに早く皇宮から引き上げられるなんて」

はしゃいだように言うウンスをじっと見るチェ・ヨンの口の端が、抑えられないように上がる。

「明日また早く出仕せねばなりません。今日は、チョナに特別にお許しをいただいて、
屋敷に戻していただきました」

そうだったの、じゃあ午後は休診にしましょう、屋敷にあがって休んでいてね、
今患者さんを診てしまうから、とウンスが早口にまくし立てると、
もう何人かは帰り支度をはじめている。

「あら、いいのよ。ねえ、大丈夫だから。遠慮しないで」

とウンスが引き止めるが、別に急ぎなわけではないから明日また来ます、と皆が頭を下げる。
子連れの女だけが、それは申し訳なさそうに、薬だけもらえればと言ったが、
チェ・ヨンは少しばかり顔の紅潮した女の子どもを、自分の脇の下を通して、
ウンスの方へとそっと押しやった。

診察をすませて薬を渡すと、気にして待っていた何人かと一緒に親子は木戸を出て
いくが、木戸が閉じる音もしないうちに、チェ・ヨンはウンスの腕をつかんで、
屋敷の方へと歩き出す。

「明日も午前中は、お休みかもしれんねえ」

ウンスにいつもの「石鹸」を貰おうと並んでいた若い女が、
やはり同じ目的で連れ立ってきていた女にそう言うと、
二人はくすくすと含み笑いながら、木戸を離れた。



にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
by kkkaaat | 2013-11-21 22:32 | 颶風【シンイ二次】 | Comments(21)
Commented by aki at 2013-11-21 23:06 x
結婚後の日常がはじまってますね。ウンスの診療所も、にぎわっていて、その様子目に浮かびます。

なんか、都中、いや、診療所に来る人々は、ヨンとウンスの夫婦仲の良さや、ヨンがウンスにベタ惚れも気づいてる模様。
テマナじゃないけど、二人が仲良しだと、私もにやにやしちゃいます。
今日は、一晩中、ウンスを離さないんだろうな…って、診療所帰りのおばちゃんのごとく、私も思ったり。

今後の展開楽しみです。
Commented by pekoe at 2013-11-21 23:07 x
おぉ〜新しいシリーズですね(^_^*)ウダルチたちのお話も、それぞれのキャラクターを膨らませて、それが文章に良く表れていて、さすがだと思いました。

でも、そろそろウンスとヨンの話が読みたいなと思っている頃でした(笑)。絶妙なタイミングです、ミチさん。

明日は午前中も休みかもしんないねえ…と皆さん分かっていらっしゃる(笑)。続きお待ちしております。
Commented by itukichikal at 2013-11-21 23:23 x
ラブラブな夫婦なのに一月半も離れていたなら、ヨンが帰って来て速攻ウンスと家に閉じ籠るのも無理はありませんね(笑)
それを町中の人が知ってるなんてウンスが知ったら真っ赤になってヨンに鋼業しそうですけど。

ウダルチの武勇伝も楽しかったですけど二人のラブラブな話はヤッパリ良いですね( 〃▽〃)
Commented by 比古那 at 2013-11-21 23:24 x
あからさま(笑)

長屋生まれは閨にも詳しいと言うけれど、ここは大護軍のお屋敷。皆さんの視線がぬるい。

そうかそうか、もう周辺にも行き渡るくらい愛が溢れちゃってるのか。

独り占めか。独占欲丸出しか。

そればっかじゃなかろうが、高麗の方々は驚いただろうな。隠すことすらしなくなった開けっ広げで当然と言わんばかりの俺のものな行動。

かつて医仙と呼ばれ、大護軍に高麗の地を奪還させた女人と知ってるんだろうか?

大護軍の嫁取りは周知の事でしょうが、その相手まで聞き及んでいるのかしら。

人生50年時代。知らないなら、選り取り緑なのに、まあ、確かに美しいがよりによって姥桜か、とか言われそうな時代。

そういえば、うばざくらってもともとは誉め言葉なんですね?年老いてもなお美しいの意味だと聞きましたが。

今の時代ならまだまだですが、つくづくこの時代に生まれてなくて良かったと思うウンスよりヒソンさんと同世代です。

仲睦まじい様子ですね。一ヶ月半も離ればなれだったならそりゃ笑顔もこぼれますわな。

さーて、さらっと書いてありましたトギ。

いつの間に(;A´▽`A

トギのお話ってこれでしょうか~、わくわく。


Commented by トナン at 2013-11-21 23:51 x
こんばんは(^O^)♪

読んでる最中…最初のページの「テホグン殿がけえってきやがった」ってセリフでブーッて吹き出してしまいました(*^^*)
その後も読んでる最中ずっと顔のにやけが止まらず(笑)

ウンスが早口で患者さんにしゃべってる所とかチェヨンが嬉しさを隠しきれず口角が上がったしまうとことか、ウンスの腕を引っ張って行くとこだの…ドラマの中のウンスとチェヨン、そのままの2人の様子が浮かんでくるようです。

早く次が見たいなぁ~(^^)♪
Commented by ちび at 2013-11-22 00:13 x
待ってました~。                                  新婚のお二人、どうしたかな と、思っていたら、ご主人長期出張だったとか。筆者も意地悪ですね。                          でも、奥さんお仕事があったので、寂しくなくて良かったとか。(夜は?、。。。)思っていたような仕事も、理解あるダンナ様のお蔭ですね。          と、町のおかみさん達の噂話でした。(^○^)                  
Commented by くまみや at 2013-11-22 01:41 x
うわぁ、想像が追い付かない…長い夜になりそうで。大護軍は遠征も多いでしょうし、離ればなれは辛いでしょうが、王様に許可までもらい(職場放棄にならないため?)
ウンスも臨時休業とは…
どんだけ 夜まで待てないんだか。妬けるわ(爆)
Commented by 琥珀の月 at 2013-11-22 02:26 x
≫はしゃいだように言うウンスをじっと見るチェ・ヨンの口の端が、抑えられないように上がる。

至極いいですね
この描写、ホンマ堪りません

見つめる深い瞳と喜びを含んだ口元

その描写だけでチェ・ヨンの溢れんばかりの心の内が伝わるから・・



Commented by りえ at 2013-11-22 03:37 x
こんにちは。はじまりましたね、新しいお話が!
かぜっぴき(?)の子どもをわきのしたからすっと通してやるヨン。これまさにヨンですね。
ちょっとした仕草がヨンであり、ウンスです。はあ(満足のため息)
「テホグン殿がけえってきやがったからな」
この一文だいすきです。遠い目で見ているみんな。
続きが楽しみです。
Commented by グリーン at 2013-11-22 10:49 x
始まりましたね。お待ちしていました。

開業医としてウンスは頑張っていますね。

「チェ・ヨンの口の端が、抑えられないように上がる。」 ヨンの気持ちがよく解ります。
明日も午前中は休みかもしれないと街の人々が思うほどヨンのウンス独占、離さないは知れ渡っていて、、おかしいやら微笑ましいやら。。
Commented by グリーン at 2013-11-22 14:00 x
何度目かを読み終えました。
トギ、元気でウンスを手伝っているのですね。安心しました。
ウンス、石鹸まで作ってもしや商売してる?

ひと月半ぶりのヨンの帰還。だまってウンスの腕をつかみ屋敷へと歩くヨン。明日からのウンスの身体は大丈夫なのかといらぬ心配をしてしまいますが、新婚一年、二人の生活のリズムができている感じが分かります。このまま何事もなく日々を重ねられたらと願いますが、そうはいかないのでしょうね。

「颶風」 どのような激しい風が吹こうとも揺るがない二人だと信じていますが、どんな嵐が来るのか心配です。・・・が楽しみです。
Commented by kkkaaat at 2013-11-22 16:03
>akiさん
そうなんです、結婚後の日常がはじまっています。
ウンスがお屋敷にこもっていたらいざ知らず、診療所という
オープンスペースがあるのですから、嫌がおうにも周囲も
漏れ伝わっちゃうっていう。
ウンスおしゃべりですしね~(笑)
そういう噂話や推測が好きなのは、今の人も昔の人も同じ~(笑)
これから、少し長く続く話となります。
お暇なときに、どうぞお付きあいいただけると嬉しいです!
Commented by kkkaaat at 2013-11-22 16:10
>pekoeさん
そう、わかっておりました、
皆様が求めるのはヨンとウンスであることをーー!!
なので、ストックで場をつなぎつつ、
せっせとこっちの話を書いておりました(笑)
そして、これ以上引き伸ばせない、
ということも気づいておりました(・∀・)
お喜びいただけて、何よりです~。

そんな中、私の趣味のお時間、ウダルチの話も読んでくださって、
本当にありがとうございます!

テホグン新婚夫妻の生態、ちょっと周囲に把握されすぎでは(笑)
チェ・ヨンすでに有名人ですから、やっぱり衆目が集まりますよね~。
ちょっと長めの話になりますが、よろしければお付き合いくださいませ!
Commented by kkkaaat at 2013-11-22 22:26
>itukichikalさん
ひと月半は長いですよね~!
無理はないけど、恥ずかしい(〃ω〃)
ウンス、そういう人の噂みたいなのには、わりと鈍そうで、
よかったかもしれない…。
私もそろそろヨンとウンスをたくさん書きたいなあ、って
盛り上がってきたので、喜んでいただけてよかったです~!!
Commented by kkkaaat at 2013-11-22 22:38
>比古那さん
そうなんです!
大護軍のお屋敷と言えば門がついてて、塀や生垣なんかもあったりして、
比較的プライバシーは守られてるはずなんですが…あれ?
何このばれっぷり。

家に戻るたんびに診療所に押しかけて、患者さんに無言のプレッシャーを
かけ続けてれば、そりゃあ知れ渡ると言うもの。

わりかしそういうことに寛容だったと言われる高麗時代ですが、
こんみん王の時代は儒教もかなり推進してたはずなので、
どうでしょう、これは(笑)

嫁取りの事情については、ちょっと後に出てきます。
高麗の人たちはウンスのことをなんだと思ってるんでしょうか?
明らかに、ちょっと、普通じゃないし(笑)
年齢的には、正気を失った、と言われてもおかしくないですよね、
この時代なら。なんせ十代前半で結婚しちゃう時代ですもん。

トギのお話、短編でアップしようと思ってましたが、
まったくもって、動きのない話で、微妙すぎたので、
この話の中で小出しにすることにしました~。
トギとウンスが今どんな関係かも徐々に明かされていくことでしょう。
ああ、今回私は本当に風呂敷をたためるのでしょうか…!?
Commented by kkkaaat at 2013-11-22 22:42
>トナンさん
こんばんは~♪
ねえ、帰ってきたら休診って、みんなもう理解しちゃってるという…。
いいのかそれで大護軍。
そんな大護軍で大丈夫か高麗!

ウンスとヨンが、ドラマのまま、と言っていただけて嬉しいです!
時間がたって、彼らの関係も変わっていっているので、
なかなからしさを出すのが難しいなあ、と思いながらなので、
すごく安心しました~。
さて2をアップいたしました!
お暇なときにでも、読んでやってくださいませ~。
Commented by kkkaaat at 2013-11-22 22:46
>ちびさん
お待ちいただき、ありがとうございます~。
お隣のお屋敷のご主人、一ヶ月半も家をあけてらっしゃるんですって!
奥さん可哀想よね~、旦那さん浮気か何かしてんじゃないの?
え、大護軍なの? ならしょうがないわよね~、
と言われてたとか言われてないとか(笑)
大護軍チェ・ヨンこのころすでに有名人ですから、
ご近所の噂を越えて、週刊誌的なネタになってるかもしれませんね(笑)
Commented by kkkaaat at 2013-11-22 22:51
>くまみやさん
いくらなんでも長すぎますよね(笑)
新婚さんのチェ・ヨンとウンスですが、意外と一緒に居られた
時間は現代人の感覚で言うと少なめです。
そんななか一ヶ月半あくのは、ちょっとヨンにとっては拷問級?
帰路の馬上でずーっとああしよう、こうしようと妄想してたりして、
そんなヨン嫌じゃないです(笑)
Commented by kkkaaat at 2013-11-22 22:54
>琥珀の月さん
堪りません、いただきました~! ありがとうございます。
なんかヨンって、ウンスといるときって、無表情でいようと
してるのに、表情が動いちゃう、な感じがあって、
それがすごーく好きなんです。
>見つめる深い瞳と喜びを含んだ口元
必殺萌え返しをいただきました…。
そう、このイメージです!!
Commented by kkkaaat at 2013-11-22 22:59
>りえさん
こんばんは~!
もう一日寝かせる予定が、一日早く始めてしまいました。
23日まで続きが読めないから、自給自足するしかなくて…!!
そんな責任転嫁はさておき。

「テホグン殿がけえってきやがったからな」
気に入っていただいて、嬉しいです~。自分的にも江戸っ子入った
このおじさん、ちょっとお気に入りです。
引き続きアップしていきますので、よろしければ読んでいただきたい
と思いつつ、先にお話の続きの執筆を!(しつこい)
Commented by kkkaaat at 2013-11-22 23:07
>グリーンさん
お待ちくださり、ありがとうございます!!
そして、再読早すぎですグリーンさん(笑)
嬉しすぎる……!

ヨンは表情とか、抑えようにも抑えられないだだ漏れ期間中
ではないでしょうか。
万が一にもそんなことはないとは思いますが、馬に乗って
皇宮まで出仕する途中の馬上で鼻歌を歌う大護軍が目撃されかねない、
そんな現在。

トギとウンスに関しては、話の中ですこしずつわかっていく
感じになると思います。
石鹸は、販促グッズ? ウンスいつか高麗で起業する夢は
まだ諦めてない気がします(笑)

「颶風」タイトルを見ていただくと、この話が金銀花のように
何事もない話であることは、ないかと。
自分でもまとめられるのか、ちょっと心配です…がんばります!
<< 【シンイ二次】颶風 2 【シンイ二次】ウダルチ五番勝負 3 >>

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のコメント
ウンスノートから読んでし..
by 比古那 at 13:31
あー、やっとたどり着けま..
by 比古那 at 10:48
みちさん お元気でしょ..
by mm5210 at 12:59
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
ブックマーク
以前の記事
検索