筆記



【シンイ二次】颶風 3



「厨屋で腹ごしらえでもしていてください」

チェ・ヨンはそう言うと、厨屋の裏手の水桶のところに行ってしまった。
本当に、湯などいらないと言い張るのだ。
厨屋では屋敷に一人きりの男の雇い人ヨンシクの母親が、食事の支度をしている。
陽気でよく笑い、明るい気立てだが、口数が少ない。
息子のヨンシクも同じような気立ての男で、こちらはさらに口数が少ない。
チェ・ヨンがこの母子を雇い入れた理由が、ウンスにはわかるような気がした。

うるさいのはわたしだけで、十分というわけね、とも思って肩をすくめる。
椅子に腰掛けていると、すぐに茶と小ぶりの餅菓子が並べられる。
診療の合間にここに立ち寄るときには、何かちょっと甘いものを口に入れたいときなのだ、
とすっかりウンスの癖をのみこんでいる。
今日は少しばかり違うけれど。

「ありがとう」

そう言うと、にこりと笑って、手を動かし続ける。
たぶん、普通なら旦那様がお戻りになって嬉しいですねえ、などと
こちらが気恥ずかしくなるようなことを言われるのだろうが、
ありがたいことに、黙ったままだ。

それでも身支度をする夫を待っている様子を見られるのは落ち着かなくて、
ウンスは厨屋を出る。
さっきから、顔の赤みが引かないのは、久しぶりに戻ってきたチェ・ヨンの
気配が身近にあるのだからしようがないのよ、そんなふうに自分に言い聞かせる。
屋敷の裏手から水をかぶる音がして、チェ・ヨンがぞんざいに身体を洗っている姿が目に浮かんだ。
寝屋で待とうか、あまりにもあからさまだろうか、と迷っていると、
急に表が騒がしくなった。

「ユ先生! ユ先生いるか!!」

うろたえてひっくり返った甲高い声が、ウンスを呼んでいる。
門口を荒々しく蹴るような大きな音がして、また別の声がウンスを呼ぶ。

「ヨン、ヨンいるかい! 先生を呼んどくれ。シウルが、シウルを助けとくれ!」

手房裏のマンボ姐の声だ。チェ・ヨンがまだ帰らない一週間前に
クッパを食べに行ったばかりなのだから、聞き間違えようがない。
ならばあの裏返ったような声はジホだろうか。
ウンスは急いで駆け戻って厨屋を通り過ぎると、屋敷の門口に向かった。

屋敷の入り口の前に、シウルを背負ったジホが、うろうろとどうしていいかわからぬ
様子で立っている。マンボ姐がウンスに駆け寄って、手をつかんだ。

「先生、あの、シウルがね、ああ、ちょっと見てやっておくれ!」

こっちへ、とウンスは門口のあがりにジホを寝かせる。
急いで胸の紐を緩めて、背中に当たる矢筒を脇に置いた。
ジホが肩がぶつかる勢いで、ウンスの横に手をついて、シウルを覗きこむ。
その手が、置いた矢筒にぶつかって、数本の矢がばらりと転がった。

「心の臓が動いてねえみたいなんだよ」

邪魔な矢を慌ててかき集めながら、ジホがウンスにそう告げる。
泣きそうで声が震えていた。
ウンスは脈と息を確かめる。
微かに息はあるが、確かに脈がない、いやある。が、乱れている。
ウンスはジホに早口で尋ねた。

「どうしてこうなったか、思い出せる?」

ええと、シウルと市をぶらついていて、とジホがぶるぶると震えながら話しはじめるので、
ウンスはジホの手を握って、質問を変えた。

「ジホ、息を吸って、それから吐いて」

ジホが必死に息を吸って、吐く。
ウンスもそれに合わせて深呼吸をして、自分を落ち着かせる。

「急にこうなったの? それとも、身体を強く打つとか、何かを食べたとか、
思い当たる理由があるかしら」

そう質問を変えると、ジホは先ほどよりはましになった口調で、答える。

「喧嘩で、揉み合って、屋根から落ちた」

わかったわ、そのときどこを打ったか見てたかしら、と尋ねると、ジホが何度もうなずく。

「頭は打たなかった。ちゃんと手で抱えてたから。ただ突き飛ばされた勢いが
すごくて、背中から落ちて、胸と腰をひどく打ち付けたと思う」

それが聞きたかったの、ありがとう、とジホの手を叩くと、
急いで衣の胸を開いて、耳を当てる。
心の臓が、と声を上げかけるジホをマンボ姐が、しいっ、とたしなめる。
ジホはウンスのやっていることに気づいて、ぐっと言葉も泣き声も押し殺した。

「何事ですか」

最低限の動きで視線をあげると、濡れ髪濡れた身体に
着物を急ぎまとったチェ・ヨンが立っていた。
意識のないシウルを見て息を飲み、眉をしかめて膝をつく。
ウンスは刹那で視線をシウルに戻した。

「胸部強打による心室細動」

身に染み付いた習慣で、症名が出る。エコーも、聴診器さえここにはないが、多分そうだ。
ウンスの目が、またチェ・ヨンへと上がる。
その目が細まり、何かを思いついたように見開かれる。

「いいところに来たわ」

立ち上がると、ウンスはチェ・ヨンの腕をつかんで、シウルの胸の横に座らせた。
チェ・ヨンは一瞬問うようにウンスの顔を見たが、何も聞かずに素早く腰をおろした。

「手が濡れてる。なんて好都合かしら」

シウルの右肩と左の腹にチェ・ヨンの手を置かせる。
雷功を今すぐ使える、と尋ねると、何も言わずにチェ・ヨンは目を閉じて集中しはじめた。
わたしが一、二、三、と言ったら、右手から雷功を流してほしいの。
左手に向かって流せるかしら、そういうことってできるの? と尋ねると、
チェ・ヨンの目がわずかに何か考えこむ。
わからないが、やってみましょう、と言う。
相手が痺れるくらいの強さよ、と言うと、チェ・ヨンはいいから数えて、と言った。

気づくとヨンシクと母親、屋敷のほかの雇い人たちも周りにいる。
離れて、と言って自分も少し後ろに下がる。
マンボ姐とジホが不安そうに、数歩後ずさりした。

「ハナ、トゥ、セッ」

ウンスが言うのと同時に、チェ・ヨンの手が光り、シウルの小柄な身体に小さな稲妻が走る。
シウルの身体が弓なりにこわばり、チェ・ヨンがはじかれたように、後ろに転んだ。
微かな焦げくさい匂いが、ふいとウンスの鼻をつく。

ウンスは素早く駆け寄ると、シウルの身体の様子をうかがった。
シウルの口から、大きな呼吸が吐き出される。それから、身体をよじるようにして、
うめき声を上げた。
マンボ姐がはああ、と止めていた息を吐いて、ぺたりと座りこんだ。

ジホが、シウルよお、と半べそで言いながら、シウルの傍らに膝をついて顔を覗きこむ。
シウルは、目をぎゅうっとつむって、胸を抱えこむようにしていたが、
ウンスが止める間もなくジホが身体を揺さぶると、やめろよお、と弱々しく
言いながら、目を開ける。
と同時に、うう、と低く呻きながら、チェ・ヨンが身体を起こした。

「いまのは、いったい」

チェ・ヨンが目を何度も瞬かせながら、ウンスに尋ねた。
ウンスは、シウルの瞳孔反応を確かめたり、身体の様子を診察しながら、
口の端を得意げにあげる。

「ユ・ウンス考案、高麗式AEDってとこかしら」

訳のわからない言葉に、チェ・ヨンは苦笑いを浮かべ、自分の手足を確かめている。
こっちがすんだら、そっちも診察するからね、
とウンスはすっかり医者の声で言った。



にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
by kkkaaat | 2013-11-24 06:52 | 颶風【シンイ二次】 | Comments(25)
Commented by pekoe at 2013-11-24 08:05 x
ミチさん、おはようございます(^_^)朝こちらを覗いたら、更新されていて得した気分です(^_^*)

こっちがすんだら、そっちも診察するかなね…って(≧∇≦)高麗式AED…

分からない天界語やら、何やら…ウンスといると飽きないなぁとニヤリとしているヨンが思い浮かびます(^_^*)

せっかくの甘々ムードも一瞬で消し去ってしまう出来事でしたが、ウンスとヨン2人での共同作業でシウルを助けられて、良かったです。
Commented by みわちゃん at 2013-11-24 08:19 x
冷たい水で我慢して、さあ久しぶりのラブラブかと思いきや‥、ヨンは人間AEDにさせられちゃいましたか‥。
やっぱり、すんなりとは行きませんよねぇ。
はやく続きが見たくて、たまりません。
Commented by みわちゃん at 2013-11-24 08:19 x
冷たい水で我慢して、さあ久しぶりのラブラブかと思いきや‥、ヨンは人間AEDにさせられちゃいましたか‥。
やっぱり、すんなりとは行きませんよねぇ。
はやく続きが見たくて、たまりません。
Commented by グリーン at 2013-11-24 08:21 x
おはようございます。

良いタイミングでヨンが居ましたね。ヨンの雷功が救命に役立つなんて、ウンス素晴らしい!攻撃の武器にもなり命を救う武器にもなる。
ミチさん、すごいですね。

この後ヨンはウンスを離さないでしょうね。ご褒美をと甘えるのが目に浮かびます。
Commented by トナン at 2013-11-24 08:30 x
おはようございます(^-^)

ヨンの雷功を救命に使うとゎ!驚!!

さすが我らがウンス(*^o^*)

しかしホントに役立つ男チェヨンですね(笑)

チェヨンとウンスがいたら怖いもなしですね(^。^;)
ドラマで何度もウンスがチェヨンに言っていたパートナーと言う言葉がしっくりくる2人です(*^^*)
Commented by ちび at 2013-11-24 08:59 x
ミチさん。うまーい~。                              ヨン特技の雷効が、人命救助になるとは。今まで、攻撃にしか使わなかったので、きっとヨンも嬉しい事と、思いますよ。               それにしても、ウンス流石ですね。何もないこの時代に、使えるものは、何でも。と、頭の回転を試されるところですね。                                                           さあ、次は、♡♡を待ってまーす。(^^♪       
Commented by yu-yu at 2013-11-24 13:56 x
皆様と同じ想いです。
戦いの術としてでしかなかった雷功を命を救うために使うなんて!
ほんとに素敵なことですね!ミチさんに感謝です。シンイ愛を感じます。
ヨンはた〜〜んとウンスからのご褒美をもらってね!
ホントにこの2人って素敵すぎます。
Commented by 比古那 at 2013-11-24 17:49 x
あはは~…。全く同じことを考える人がいるなんて(;A´▽`A

しかし、場面だけな私と違ってお話にしてしまっているミチさん素敵。

あー、助かって良かった。
またタイミングよくヨンが居てくれて良かった。マンボ姉があれだけ取り乱す姿は初めてです。ほっ…。

して、大護軍は無事ですか?

さぁ、いちゃいちゃがお預けだが人の命には変えられない。

しっぽりしていただくのは医師ウンスの姿に惚れ直していただいてからにいたしましょう。

流石はヨン。いきなりやれと言われてできるなんて神業です。

難しいことを簡単に言われて簡単にやれてしまう人は天才だと思います。

なにより、助かってほっ。

屋敷の中で一人だけうるさいウンスの一等かっこいい姿になんだか誇らしくなりました。

焦げ臭いのは髪かなんかが焦げただけで前振りではないですよね?
Commented by サラ at 2013-11-24 21:18 x
閨で待とうか…
余りにも あからさまか…
やっぱりウンスも すっかり テホグンを解ってらしゃるのですね
Commented by saikai at 2013-11-24 21:41 x
私が信義を好きな理由のひとつに
『ウンスが自分の仕事に誇りと責任を持った自立した女性である。』
というところがあります。
だから、ウンスが医者として活躍するシーンはワクワクします。
ウンスが治療をしている時、ヨンが黙って手伝う姿も好きです。
ドラマで、王妃の手術をする時、クランプを渡してましたよね。
ちゃんと、素手ではなく。
泣く子も黙る鬼神なのに、医師ウンスの前では『忠実になる』ところがなんとも好きです。笑
ウンス、ヨンの治療には、じっくり時間をかけてあげて下さい。笑

楽しいお話、有難うございました。
Commented by aki at 2013-11-24 21:59 x
AED!!!

ヨンの雷功が、よもやの「AED」とは・・・・・パチパチ。
ミチさんの発想力に完敗、感嘆、乾杯( ^^)/▽▽\(^^ )

ちょっと、真面目に考えたら、今の時代だと当たり前の処置でも、この時代ではありえない方法。
ま、このお話自体、フュージョンだから、そんなん考えんなよって思うけど、今、助からない人や障害を負った人も、あと何百年後かは、多分、大丈夫なんだなーって。

ヨンがウンスのことを早く抱きたくて、めっちゃ慌てて、冷水で、髪から身体から、がしがし洗ってるとこが想像できて、Σ(゚∀゚ノ)ノキャー。
もう、純情、純粋なヨンが可愛い、大好き!
石鹸、あったのかな・・・・あっ!ウンス手作りの固形石鹸がありましたね。
診療所で発売してるしぃい。

ウンスがシホに対しての問診やら、シウルに対しての処置が、「私、失敗しないんです」を地で行く、外科医そのもの。
でも、この施術は、ヨンなしでは成り立たないから、やっぱり、この二人は、運命の人やぁあ。

やっぱり、いーーーーなーーーーーΣ(ノ≧ڡ≦)

Commented by くまみや at 2013-11-25 01:32 x
お話や皆さんのコメを読んで思いました。
歴史を動かしたり、世を変えたりする ある意味 特殊な能力を持った人たち(ヨン&ウンス)って、
周りが放っておかない。
カリスマ性ゆえか、魅力ゆえか、いつも周りは人が寄ってきて、問題や事件が盛り沢山になるんだなぁ~って。
いきなり雷攻AEDを閃くウンスに
やってのけるヨン。
こんなカリスマカップルだけに、二人の愛はまた とびきりの愛 なのですね!
Commented by itukitikal at 2013-11-25 06:29 x
凄いわ!
てっきり甘いお話へ続くかと思いましたが、高麗式人間AED !
ヨンの雷功にこんな使い方があったなんて。
Commented by kkkaaat at 2013-11-26 13:57
>pekoeさん
pekoeさん、こんにちは!
日曜日は一日家にいられなかったので、珍しく朝に更新してみました!
ないだろうなあ、って思って覗きに行って、更新されてると、
むしょうに嬉しいですよね(笑)

チェ・ヨン、これなあに、と尋ねて返ってきた言葉がそれじゃあ、
本当にわけわからいですよね…(笑)
でもそうやって振り回されるのがちょっと楽しいヨンでした。

さてこれから、というタイミングでの乱入で、すべてがふっとび
ましたが、人命救助には変えられず。
二人がいてそろっていてよかったなあ、という場面でした。
Commented by kkkaaat at 2013-11-26 14:00
>みわちゃんさん
新婚さんに一ヶ月半の禁欲生活は、かなりの拷問だと思いますが、
思わぬ人々の乱入となりました。
ヨン、いいように使われてるし(笑)
すんなり、まったり、そういう時間をすごさせてあげたいもんですが。
続き、できるだけ早めにアップしていこうと思いますので、
よかったらまた読んでやってくださいませ~。
Commented by kkkaaat at 2013-11-26 14:03
>グリーンさん
こんにちは!
本当にグッドタイミングでした。
一日早ければいなかったわけですので、そうしたらそうしたで
ウンスの心臓マッサージなど受けられて、それはそれでよかったかしら(笑)
ヨンの雷功、ドラマ当初では、チャン侍医の指示で、ちょっと医療的に
使われたりもしていたのに、途中からCGの予算がつきたのか、
あんまり活躍しなくなっちゃいましたね。
素晴らしい能力ですから、いろいろと活用させたいなあ、と思いました。
ヨン、いまだお預け状態です…(°д°)
Commented by kkkaaat at 2013-11-26 14:08
>トナンさん
こんにちは~。
ヨンの雷功、救命に役立ってくれました!
ウンスの医療の知識を高麗でも役立ててほしいなあ、と書きました。
チェ・ヨン、ほんといいように使われてます(笑)

この二人、恋人で、夫婦ですが、本当にパートナーという
言葉がしっくりきますよね。互いの力の一番いいところ、
強いところを合わせて困難を乗り越えていくなあ、と
思います。
Commented by kkkaaat at 2013-11-26 14:12
>ちびさん
うまいですか? 嬉しい~~!
ヨンも嬉しい、と言っていただけて、私も嬉しいです。
ヨン、今俺何やったの??? と驚いたでしょうね(笑)
ウンス、現代からやってきたので、発想も突飛じゃないかなあ、
と思ってます。

次は、相変わらずお預け状態で…(・□・;)
さて今晩をお待ちくださいませ~。
Commented by kkkaaat at 2013-11-26 14:17
>yu-yuさん
シンイ愛、感じると言っていただいて、すごい嬉しいです!
ドラマの最初で、チャン侍医に言われて、ちょっとだけ
雷功を医療に使う場面がありましたよね、あれを見て、
すごく面白いと思ったのに、結局あれ以来そういうのはなくて…。
少しでもヨンの雷功が役立つといいなあ、と思ってます。
ヨンはいまだご褒美いただけず…Σ(゚д゚lll)
ちょっとあんまりですよねえ(って私が鬼か!?)
Commented by kkkaaat at 2013-11-26 14:24
>比古那さん
やっぱり同じこと考えている人イター!!!
あれ本当に電気なのかもイマイチ不明ですが、
あのびりびり見ると、やっぱり何かに使いたくなりますよね(笑)

ちょうどウンスとヨンがそろったタイミングでの
スリバン登場とあいなりました。
スリバンたちこれからも活躍してくれなきゃ困るので、
助かってよかったです!

大護軍、自分にびりびりっときましたが、どうやら無事のご様子。
なんてことさせんのさ! ってウンスに思ってるかもしれませんが(笑)

いちゃいちゃはいまだお預けの様子…(゜_゜>)
惚れ直しただけに、辛いでしょう…。
えっ、辛くしてるのはお前だ、ですか(笑)
どうにかしてあげたいなあ、と思います。
Commented by kkkaaat at 2013-11-26 14:27
>サラさん
ウンスも結婚半年、チェ・ヨンの行動をだんだんとわかってきて
いるようですね(笑)
照れつつも嬉しいウンスなのかもしれません~。
Commented by kkkaaat at 2013-11-26 14:32
>saikaiさん
>『ウンスが自分の仕事に誇りと責任を持った自立した女性である。』
同じです!!
ドラマでも、自分の危機に対して、守ってもらうだけでなく、
解毒薬作りなど、自分で立ち向かってましたよね。
ドラマのヒロインって、見てていらっと来ることがよくあるんですが、
ウンスは後半、本当に見てて気持ちがよかったです。
さて、ヨンの治療、いまだ進展せず…(・□・;)
こちらこそ、読んでいただき、ありがとうございました!

今晩また続きをアップさせていただきますね~。
Commented by kkkaaat at 2013-11-26 14:38
>akiさん
ヨン、電源として使われてしまいました!
今の時代、電気さえあればできることがたくさんありますが、
高麗ではできないことだらけですよね。
そこらへんを、ウンスはちょっともどかしい思いで、でも
頑張って乗り越えていくんだろうな、と想像してます。

ヨン、たぶん相当、張り切って水浴びしてたと思います(*´∀`*)
あのヨンが鼻歌うたってたかも、な勢いで(笑)
新婚で一ヶ月半ぶりで、何より、その気でしたし。
想像して、自分で笑ってます。

>この施術は、ヨンなしでは成り立たないから、やっぱり、この二人は、運命

の人やぁあ。
そう言っていただけて、すごく嬉しいです~!!
Commented by kkkaaat at 2013-11-26 14:43
>くまみやさん
ドラマの主人公って、そういう人たちですよね。
だからこそ、ドラマになるという。
この二人だからこそ、いろいろな出来事が起こり、そしてそれを
乗り越えていくのじゃないかなあ、と想像してます。

ヨン、こんなふうに雷功を使うの始めてでしたが、さすがはチェ・ヨン。
やってのけてくれました~。
Commented by kkkaaat at 2013-11-26 14:45
>itukitikalさん
凄いって言っていただけて、嬉しいです!
ね、甘い話に続くって思いますよねえ(笑)
ほんと我ながらひどい、と思いました…(・∀・)
ヨンの雷功、人助けに役立って、本当によかったなーと思います。
<< 【シンイ二次】颶風 4 【シンイ二次】颶風 2 >>

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のコメント
ウンスノートから読んでし..
by 比古那 at 13:31
あー、やっとたどり着けま..
by 比古那 at 10:48
みちさん お元気でしょ..
by mm5210 at 12:59
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
ブックマーク
以前の記事
検索