筆記



【シンイ二次】蜃楼 4


「ひゃあ!」

ウンスは急に横から伸びてきた手に腕をつかまれて、
部屋の中に引きずりこまれた。
悲鳴をあげそうになった口を大きな手が覆う。

「俺です」

殴りかかりそうになった手首をひょい、とつかむと、チェ・ヨンは
ウンスの顔を覗きこんで、目を合わせた。

「もう、何するのよ。驚いたじゃないの」

ウンスはチェ・ヨンの手を口からずらし、胸に手を当てて目を見開いて
そう言った。
チェ・ヨンは、驚かせるのが目的だったとでも言うように、にやりと
口角を上げて、それから言う。

「ここでお待ちすれば、会えると思いまして」

ウンスは王に呼び出されて、宣仁殿を訪れていて、先ほど下がって回廊を
歩いている途中だった。
もう三度目になる。
起きなかったことと、起きたこと。
開いた天門と、その先の出来事。
ウンスは尋ねられたことで、答えられることは包み隠さず話すことに
決めていた。

「だって歴史を変えちゃいけないって、
誰が決めたのよ、ねえ。おかしな話だわ」

自分のしたことを振り返ると、王に話さないのは筋が通らない。
ウンスはそう思ったのだ。

春の午後は穏やかに暖かくて、ウンスは中庭で花でも眺めてから屋敷に
戻ろうと、のんびりと足を運んでいた。
引きずりこまれたのは、皇宮に無数にある控えの間の一つで、
人減らしが進んだ今では、使うものもいないようで、
掃除はされているものの、わずかに埃っぽい。

チェ・ヨンは一枚だけ空いていた扉を軽やかに蹴り閉めると、
当然のことのように、ウンスを扉脇の壁に押し付けて、
その唇に自分の唇を押しつける。

「ちょっと待って、ふざけないで」

ウンスは、笑いながらチェ・ヨンを押しのけようとするが、思いのほか
その腕は強固で、ウンスの肩のすぐ下をぐいとつかんだまま、離れない。
チェ・ヨンの口元は笑っているが、目元は一つも緩んでおらず、ウンスは
自分の笑いを引っ込めた。
しつこく、追いかけてくる唇を、手で避けながら、言葉を続ける。

「ねえ、なんでここにいるのよ。今、お仕事中でしょう?」

そう尋ねられて、ようやくチェ・ヨンの顔が少し止まる。
見回り中だったのです、と答える前の一瞬の逡巡に、ウンスはため息をつく。

「ね、違うわよね。なに? わたしに会いたかったの?」

そう言うと、チェ・ヨンは小さく目をそらしたが、すぐにウンスを見ると
けろりとした声で言う。

「剣の鍛錬でしたが、抜けて参りました」

逃げ出して、でしょ、とウンスが言い直すと、同じことです、と
チェ・ヨンは言いながら、ウンスの手の隙間から、首筋に唇を潜りこませた。
ウンスは小さく声を上げて、やめてやめなさいってばここをどこだと思ってるの、
と言いながら、チェ・ヨンの頭を平手でぺしりと叩いた。

「皇宮です」

チェ・ヨンは気にも止めずにそう言って、顎をさかのぼって
口づけにようやくありつく。

ウンスが呆れてしばらくの間、好きにさせてやると、
チェ・ヨンはそのまま上衣の背中に手を差し入れて、嬉しそうに肌を撫ぜる。
少し息があがって弾んだ声で、ウンスは口づけの合間に言った。

「ね、抜け出すなんてしていいの。あなたがテジャンだったときに
そんなことをする人がいたら、どやしつけていたでしょう?」

チュンソクは多分気づいておりますまい、
とチェ・ヨンが上の空でそういう言いながら、
さも嬉しそうにウンスの衣の前紐を引っ張って解く。

「何言ってるのよ、ちゃんとテジャンって呼びなさい、ね?」

ウンスが逆らって結びなおそうとすると、結んでいる間に別のところを
解いてしまう。慌てているのを見て、チェ・ヨンが笑うのがしゃくで、
ウンスは伸びてくる手を何度もはたいた。

チュンソクは気づいているに決まってるでしょ、っていうかみんなあなたが
抜け出したことなんて気づいているわよ、とウンスが言いながらチェ・ヨンを
見ると、もうその顔は笑っておらず、ウンスの顔も見ていない。
余裕なげにウンスの手を払いのけると、上衣の前を開き、
下袴の腰紐も瞬く間に緩めてしまった。

そうなるとウンスが、ねえ、ちょっと、といくら話しかけても応えもせずに、

「ねえ、…まずいんじゃないのかな」

ウンスが遠に抗うのをやめ、動きを助けるように自分も腕を
チェ・ヨンのうなじに回して、弱りきった声でそう言ったときだけ、

「かまうものか」

と小さな声で言った。



ウンスは乱れた髪を、手ぐしで落ち着かせようとすきながら、歩き出すと、
二つ先の回廊から、すいと人影が現れ行く手を遮った。

「ひいっ」

音もなく現れた人物に、ウンスは思わず声を上げる。
チェ尚宮は、腰に手を当てて、首を傾げてウンスを見た。

「はめを外すにも、限度がございますぞ」

はあ、と肩をすくめて照れ隠しの笑いを漂わせながら、ウンスは
頭をかいたので、髪は結局、前よりもひどく乱れてしまった。



「ヨンは、まったく、どうしたというのですか、ウンス殿」

はあ、とウンスは曖昧な声を出した。
回廊の先の、手すりにもたれるように腰掛けて、二人は話しはじめる。
于達赤隊で、あの者がどのような狼藉をしているか、ご存知か、
と言うチェ尚宮の言葉に、ウンスは小さく身を乗り出す。

チェ・ヨン本人は、万事無事うまくいっております、と言うばかりで、
詳しいことは口にせず、テマンは于達赤隊に戻ったチェ・ヨンに付き添って
兵舎に寝床をもらったおかげで、屋敷に戻ることが少なくなっていて、
ウンスは夫がどのように過ごしているのか、今ひとつ
わからないでいたのだ。

「先日は、ひらの隊員全員と剣の手合わせをして、皆を打ちのめしたそうじゃ。
それも、テジャンだった時のように、しごくわけでもなく、面白半分に
腕試しのようなことをしたと耳にしておる」

チェ尚宮は、むっとしたように口端を曲げて、そう言った。

「昨日はその打ちのめした者ども皆を引き連れて、夕番の時間が終わるか
終わらぬかで城下に繰り出して、酒を振舞ったそうじゃ」

ああ、それは聞いてます、とウンスが言う。
酒を酌み交わすから、少し帰りが遅れると、テマンが知らせに来て、
そのままテマンも加わりたいとすぐにとって返したからだ。

「まあ、いいんじゃないですか? 今はあの人も新入社員…、
んー、新兵みたいなもんなんでしょ。親睦を深めるのには飲み会くらい」

チェ尚宮がぴしりと自分の膝を叩きながら、声高に返す。

「ウンスどのっ! その引き連れて行ったウダルチ十数名は、腰が立たぬほど
飲まされて、本日の朝番誰ひとりとしてまっとうに務められなかったのですぞ!」

ええ? とウンスは驚いて声が出る。
あの人は特に酒の匂いもさせずに戻りましたけど、と言うと、
チェ尚宮は、両手で顔を覆って、深いため息をついた。
まあ、そんなに気にしなくても、とウンスが言うと、

「チョナも何をお考えになってヨンをウダルチに戻されたのか、
皆目見当がつかぬ」

とチェ尚宮は肩をを落とした。
ウンスは、少し首を傾けると、手を顎に当てて少し黙る。

「わたしは、なんとなくわかるような気がします」

チェ尚宮がぱっと顔を上げる。
ウンスは、あ、でもどうかな、わたしには国務のことはわからないし、
と言いながら立ち上がって、くるりとチェ尚宮の方に身体を向ける。
わたし、ずいぶんあの人に見失わせてしまったから、と困ったように言った。
でも、いらないものを捨てた、とも言えるんですよ、と言いながら、
チェ尚宮に目を戻す。

チェ尚宮はウンスの顔を睨むように見て言った。

「天界では不要のものも、ここ高麗では失せてはならぬもの。
それは、ウンス殿もおわかりいただかぬと」

ウンスは、肩をすくめる。
それから両手を身体の前で重ねると、背筋を伸ばした。

「わたしが姿を消していたのと同じ、三月のあいだは、
おおめに見てあげてほしいの。たぶん、そんなにかからないと思うし」

お願いします、とウンスが頭を下げると、チェ尚宮は心底頭を痛めている
といった顔でウンスの頭を見下ろして、もう一度ため息をついた。



にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
by kkkaaat | 2014-01-15 22:39 | 蜃楼【シンイ二次】 | Comments(42)
Commented by aki at 2014-01-15 23:27 x
がっはっはっはっ!!!

やりたい放題のヨン~。いーわ~~~。
ウダルチの中でも、やりたい放題、皇宮の中でも、ウンスのこと、いいようにしちゃうし・・
もう、完全な駄々っ子、暴れん坊、可愛い!!

落ち着きはらったヨンも大好きだけど、こんな風に、はちゃめちゃにやりたい放題、甘えたさん炸裂のヨンも、大好きです。

ウンスも、今んとこ、ヨンのやりたいようにさせてるし、チェ尚宮は、頭痛いとこでしょうが、・・・えっへん、あたしも、ヨンのやりたい様に、しばらくはさせますっ!きっぱり←何様・・・・汗

ますます、今後の展開楽しみです。

ミチ様、お仕事お疲れ様です。無理のないように更新お願いしますm(_ _)m←結局、更新して欲しい私です・・・ミヤナミダ・・・
Commented by チビママ at 2014-01-15 23:40 x
ウンスを失ったと思った3ヶ月は、相当重い出来事だったでしょうし、今の自分が何の役にも立たないと思い込んでいるのかな?
何せ、責任感の塊で出来てる男ですから…(^^;
ウンスが言う様に、時が解決するのでしょうね。
その間、チュンソクが大変そうですが(^^)
チュンソク\(*⌒0⌒)b♪
コメント返しは嬉しい(^o^)ですけど、どうかお気になさらずにいて下さい。
皆さんのコメントを読むのも楽しみで、勝手に書いているので…♪
Commented by おひるねにゃんこ at 2014-01-15 23:56 x
チェ・ヨン可愛いですね♡
何が「万事無事うまくいっております」ですか?
大護軍でもテジャンでなくなって、
若い頃に戻っちゃったのかしら?
チュンソク始め周囲の皆は大変そうだけど、
ウンスとチョナは、そんなヨンを理解して見守ってくれているのかな?

ウンスと離れた3か月で面立ちが変わるほどやつれてしまったヨン。
少し羽目を外したとしても、しばらくすれば
元のように戻ってくれるのでは?
私も、ウンスのようにヨンを信じて待ちます!

ミチ様いつも、お話ありがとうございます。
寒さ厳しい折ですので、くれぐれもご自愛くださいませ。
Commented by トナン at 2014-01-16 01:26 x
こんばんばみち様。
4読みました(*^^*)
ウンス(みち様)ってすごいですね。
「歴史を変えちゃいけないって誰が決めたのよ」ってところで思わず唸ってしまいました。
いろんなドラマ、小説などでタイムスリップしたタイムトラベラーは歴史を変えちゃいけないってセリフが必ずあって、私も漠然とそうなんだと思い込んでいました。

目から鱗が落ちるとはこの事でしょうか…
柔軟な考え方。みち様の頭の中を覗いてみたいものです(笑)ヨンはまるで悲しみを背負う前の明るくイタズラっ気たっぷりの破天荒なヨンに戻ったような印象ですね。

ウンスを3ヶ月待ち続け、ウンスに再開した時に彼の中でなにかが弾けたのでしょうか…。

次回楽しみにしております(*^^*)
Commented by みさ at 2014-01-16 01:32 x
更新、ありがとうございます。
お仕事、お疲れ様です。

ウンスは、ヨンが、辛かった月日分だけ、
見守ってるつもりなのかな?


同人誌が出来たら、是非、購入したいです。
Commented by グリーン at 2014-01-16 09:04 x
ミチさん、お忙しい中の更新ありがとうございます。
待っていたと言えばプレッシャーになりますか?
「待ってはおるが、生きてはゆけぬ。私が・・」

ヨンの心が少しずつ再生していくようでとても嬉しいです。ウンスが消えていた三月をこうして取り戻していくのですね。王様の思いやりが嬉しい。

「かまうものか」 ヨンのこの言葉になんだかうれしくなりました。
結局皇宮でいたしちゃったのですね。待ち伏せして部屋に連れ込みいたしちゃう。こういうところも嬉しい。
Commented by ミジャ at 2014-01-16 10:47 x
「ひゃあ〜!」…ヨンさん、ほんとにどうしちゃったんでしょうね…
当然のことのように〜壁に押し付けて…
ヨンの頭を平手でぺしり…とか、あれ以来、家では、ずっとこんな感じなのかな?
…あんな辛い事があったんだものね。
ウンスが、拒まないで、ぺしり!(ツボに…)しながらも、ヨンの好きなようにさせてくれてて嬉しいです!
コモニムのお小言も…とりあえず、終わるまで(笑)待っててくれて、ヨンのいないとこでウンスにだけ…が、なんだか嬉しくて〜
そして、王様に、答えられることは包み隠さず…って、ヨンと高麗で生きて行こうとしているウンスが大好きです。
とりあえず、三月は、ヨンの好きなように…待ってあげて…
ミチさん、ありがとうございます。
Commented by チェにゃん at 2014-01-16 11:31 x
チェ・ヨンの口元は笑っているが、目元は一つも緩んでおらず

↑ ここ!!ここでなにやらいつものヨンと違うっって思いました。ミチさん、こんなヨン初めて見ます!皇宮のひっそりとした控えの間で・・なんちゅう事でしょ!!ヨンのはじけっぷりがかなり楽しいです。この秘めた場所での二人の情事をぜひ見たかった!・・いやいやあえて見せないミチさんの文才っぷりに脱帽です。しかしこのヨンから目が離せませぬ。。。あの真っ暗闇の三月からの充電期間・・と考えても、このヨンの言動・・

「わたしは なんとなくわかるような気がします」

ウンスや~~ 貴方やっぱり妻なのね。私にはさっぱりわかりませぬ。。続きが相当気になりますがゆっくりミチさんのペ-スでよろしくお願いします~~~^^ 
Commented by ピヨコ at 2014-01-16 14:50 x
お疲れ様です。更新ありがとうございます。
ヨンがウンスの紐をほどくシーンがドラマ化されちゃいました(恥)イ・ミンホさんの大きな目が私をまっすぐ捕らえ離しません。
いやいや、ウンスに怒られてしまいますね。
抜け出したヨンにチュンソク様はどうしたでしょう。
更に眉が八の字になったことでしょうね。
あまりチュンソク様をいじめないでくださいね。
Commented by sakuranoki at 2014-01-16 16:58 x
ミチ様 更新有難うございます。

わずかに埃っぽい控えの間でいたされた後、
乱れた髪を手ぐしで・・・・・・
何か映画の1シーンを彷彿させられました。

ヨンは、「やんちゃ坊主」のようで、子供がえりをしたみたい!!

三か月経って(?)、目覚めた(一皮剥けた)ときの、ヨンの
輝き、ウンスの喜び、そしてウダルチや周囲の人たちの反響、
ますます今後の展開が楽しみです。

ミチ様、ご多忙のことと存じます。
寒さ厳しいおり、くれぐれもご自愛下さいませ。
Commented by mm5210 at 2014-01-16 18:50
ミチさま、ワクワクしてきました!
「これまでの人生で、命令に従ったり頼みを聞いたりじゃなく、気ままに過ごしたことある?」天門への逃避行中二日目の晩に、ウンスにそう聞かれてチェ・ヨンは「昨日、今日」と答えていましたね。

ミチさんが「自分の血肉になったもの」とチェ・ヨンに語らせましたが、その血肉を引きちぎられそうになって一度、ウンスが再び自分の元に戻って一度、私のボキャブラリー精一杯でいうと…「たかが外れた」のかな…。
上書きされる前の自分の死に様を知り、ウンスの、それでもチェ・ヨンを取り戻そうとした「信義」に対して、自分の「脆さ」を戒めようとしているのかな…。

ウンスによって満たされ、チェ尚宮曰く「狼藉」をいたすヨン。
ただ今、「気ままに」自らの物差しを一目ずつ刻みなおしているのでしょうか?

ウンス曰く、なぜ三月ほど猶予が必要なのか?
「いらないものを捨てた」とは?
はたして???

再来週までお待ち申しておりまする。
Commented by 比古那 at 2014-01-16 23:48 x
何度か読んでみたんですけど、駄々っ子を見てるみたい。

それが、ちらっちらっと母親を確認しているものか、あんたなんか知らん!!と言われたくてやってるのかが判断つきませんが。

現実逃避に見えて仕方ないのですよ。

ここまでやってもチョナは手を離してくださらん、みたいな。

もうウンスを残して離れて、お互い無事であることを神仏に祈るしか出来ない状態でこんな思いをしたのなら、食うには困らんのだから、のんびりゆっくり隠居生活したいのかな、と。

ウンスが天穴を通らなくていいように。

置いていかれる気持ちがわかるだろうというなら、息せぬ躯を腕に抱くを認めろと言うなら、それがヨンに出来るのかと問いたい。

危うきから離れるのが得策かもしれないけど、何かが起これば目覚める夢なんか見てるは暇、あるんだろうか。

無駄だと腑に落ちるからいいのかな?

さぁ、目覚めるための何が起こるか。

そういや、イ・ソンゲは憧れのウンスをかっさらわれたままで黙るほど大人しい輩なんだろうか…。
Commented by mana at 2014-01-17 00:55 x
お忙しい中の更新ありがとうございます(^-^)
ウンスにたしなめられて、小声で「かまうものか」と呟くヨンが可愛い!(>▽<)!
ウンスに愛愛甘えているのでしょうか?

チェ尚宮の出方が好きです(^-^)
二人をたしなめつつも甥を心配しているところがドラマと重なります。
チェヨンがバレない様に、悟られない様に暴れているのが面白かったです♪
次は何しでかすのか?何故に遊んでいるのか続きが楽しみです(^-^)
Commented by mamikoっち♪ at 2014-01-17 06:55 x
ヨンは再生への過程の途中なのかな。
ウンスを無くした、と後悔と再び戻って来ると信じた渇望の時間の分だけ、再生するのに過程が必要なのかな、とおもいます。
子どもが大人になるように。
今は、なにをするにしても駄々っ子のお子さま状態で。
徐々に少年、青年、大人に成長していって、最後に大護軍に戻るといいな。
勝手な思い込み妄想でごめんなさい
ウンスはオンマみたいにヨンを見守っているんだと、思いました。
続きを楽しみにしています
チュンソク頑張れ〜
Commented by 5874dyre at 2014-01-17 23:25
今晩わぁ!
チェヨン君もちょっとオフしたかったり?っとふと思ったり。でもウンスさんにはつねにロックオンされてますけど‥(≧∇≦)
そんな二人が私大好きですねェ〜!
コメントに返信してもらえてると凄く嬉しいです!ありがとうございます。寒いのでお肌とお身体ご自愛くださいね~!^_−☆
Commented by pochipon at 2014-01-18 11:09 x
はじめまして!!
12月頃からミチさんのお部屋にお邪魔しております。
とってもいいです!!素敵です!!

実は私、ドラマのシンイには嵌らなかったのですが、ミチさんのシンイにやられました。
もう何度も繰り返し読み、改めてドラマも見て、小説シンイも買ってしまい(笑)
コメントを書くのが苦手なので、挨拶もせずの読者でしたが、ミチさんの筆記ファンがまだまだいるということを言いたくて、書かせていただきました。

これからも楽しみにしています!!


Commented by サラ at 2014-01-19 01:13 x
んー どうしたんですか?
暴虐無人のような ヨン!

しかも ウンス! 「良いのかな?」って
良く無いでしょう!( ̄Д ̄)ノ
叔母様の(怒)マークが目に見えるようです。
Commented by at 2014-01-21 17:27 x
これまでのミチ様の更新に比べると、放○プレイっか!の更新も有り難く拝読しております(^-^)
愚鈍な私にはヨンの心理はまだ判らず、続き続きとヨダレモノで待っております。しばらくは本家の二巻で間に合わせておきますわ(笑)ミチ様もどうせならハードカバーで製本していただきたい!発売日の握手会には駆けつけますので(^▽^)
お忙しい中お体大切に書き続けてくだされ。
Commented by at 2014-01-21 17:47 x
追伸
『筆記』の世界にハマりまくってからコッチ、たまに映像を見ると「テジャン若っ!」となってしまってビックリします('。';)
Commented by haruwata at 2014-01-21 18:12 x
明るさを見失っていない、感情に素直でいられた頃に戻ったかのようなチェ・ヨン。それをそう時間はかからないだろうから、おおめに見てあげてと、受け入れ、見守る母のようなウンス。素敵です。
でも、今回はなんと言っても、ウンス、ヨンの頭を平手でぺちり!がツボでした(笑)ヨンの頭を叩けるのは、きっとチェ尚宮とウンスだけですね(^^;

お仕事あともうひと踏ん張り頑張ってください!
Commented by kkkaaat at 2014-01-24 14:21
>akiさん

ヨン、ちょっとはめを外しすぎ?
akiさんのお許しも出たし、まあいいかしら(笑)
あまり、自分のしたいようにすることのないヨンですが、
(っていうかしたいこともさほどはない感じですし、
ウンスのことを除けば)
今は、わざとらしいほどやっているのかもしれません。

ヨンの甘えたは難しいですね(笑)
あんまりそういう風にしなさそうな人ですから。
でも、そんなヨンも見てみたい!
そんな気持ちで書いてます。

仕事、落ち着いたので、更新ペース来週から
上げていきますね!
更新してほしい、と言われると嬉しいですね~♪
がんばります。
Commented by kkkaaat at 2014-01-24 14:25
>チビママさん

この3ヶ月で、自己評価はぐっと下がってしまったでしょうね。
もともと、さほど自分を自分で認めている人でもなかったですし。
責任感と異様に高い能力でこれまで働いてきたわけですが、
やらなければならない、という責任感もこの3ヶ月でいったん
途切れてしまったわけで。
もう、ここはチュンソクに頑張ってもらうしかありませんね(え!)
コメント返し、そう言っていただけると、気が楽です。
ありがとうございます。
私もみなさんのコメントを読むのがすごく楽しみで、
そしてお返事するのも楽しいです♪
Commented by kkkaaat at 2014-01-24 14:29
>おひるねにゃんこさん

>チェ・ヨン可愛いですね?
私の好みが大反映されております(笑)
普段クールな男の弾けた姿、大好物なんですよね。
皆、見守るというより、どちらかというと
手に負えない状態??
今までの功績とか、これまでの経緯とか考えると、
本人には言いづらそうですよね(笑)

>私も、ウンスのようにヨンを信じて待ちます!
ありがとうございます<(_ _)> 
当ブログのヨンを、母のように見守ってくださる読み手の方の
おかげで、好きなように書かせていただいてます!

インフルやらノロやら、日本全国病気が蔓延中ですね。
お互い気をつけてすごしましょうね!
Commented by kkkaaat at 2014-01-24 14:35
>トナンさん

こんにちは!
ロボット三原則といい、タイムトラベラーの原則といい、
それぞれに理由はあるとはいえ、別に守らなければならない
ってほどでもない気がしてます(笑)
まあ、自分自身が消える可能性がある、というのが
最も怖いところでしょうけど。

SF的な話で言うと、ウンスが過去に飛んで、歴史を変える
こと自体が歴史的に織り込み済、というストーリーラインも
十分ありなわけで。
(よくそういう話ありますよね?)

>ヨンはまるで悲しみを背負う前の明るくイタズラっ気たっぷりの
ドラマでも、メヒの件がある前のヨンの表情とか、
まるで別人でしたよね?
とてもよく演じ分けているな、と思ったのですが、
もちろん責任感などは家庭のしつけで持たされていたでしょうが、
性格的には明るいやんちゃなところのある人だったんでは?
と思ってます。

週明けには続きをアップできると思います~!
Commented by kkkaaat at 2014-01-24 14:38
>みささん

こちらこそ、お読みいただき、ありがとうございます。
仕事、ようやく一段落つきました~。
これで、二次書きの時間が取れます、嬉しいです♪

>ウンスは、ヨンが、辛かった月日分だけ、
>見守ってるつもりなのかな?
ウンスは、やはり自分の行動でヨンが苦しんだ、というのは
わかっているでしょうから、見守りたい、と思っているかと。

同人誌、これからいろいろご報告させていただきますね。
Commented by kkkaaat at 2014-01-24 18:53
>グリーンさん

プレッシャーかけられるの、わりと好きです(笑)
自分の書きたい、という気持ちを押してくれるのって、
外からのプレッシャーですからね。
待っていていただけて、とても嬉しいです!

王様は、自分、というより国の利を冷静にはかりながら、
それでも深い思いやりを示されるお方だと思います。
チョナファンの贔屓目ですが(笑)

皇宮で連れ込んでいたす、前のヨンなら決してしない行動かな、
と思っています。ちゅーくらいは平気でするでしょうが、
そういうことには妙にお堅い印象で。
ヨン、どうなっていくのでしょうね。
このままはこのままで、結構楽しいかも(笑)
Commented by kkkaaat at 2014-01-24 18:53
>ミジャさん

家での様子も、また書きたいですね。
今まではあまり要求しなかった膝枕とかしちゃったりして。
大きく変化するよりも、細部でちょこちょこと甘えてそうな
気がします。
ウンスも、まあ3ヶ月も置き去りにした負い目みたいなもの
を感じてるでしょうから、心持ち、優しく(笑)

チェ尚宮、こういうことはわりかし奥手のようでしたから、
バーンと扉を開いて、止めるとかできなさそうじゃないですか?
いや、あの人ならやるか(笑)

ウンスはこの状況、高麗の人とは違う捉え方だろうなって
思ってます。王やチェ尚宮は、大変に困ったことだと思って
いるでしょうが、ウンスは、自分の欲求を意識して外に出せる
ようになったのは、別に悪いことじゃないし、と現代的に
とらえる気持ちと、高麗の大護軍としてはまずいよね、
と理解する気持ちと、両方持っているんじゃないかと思ってます。

ほんと、しばらくはヨンの好きにさせて、あげたいですね。
こちらこそ、ありがとうございます!
Commented by kkkaaat at 2014-01-24 22:34
>チェにゃんさん

おお! よく気づいてくださいました~!
いつも、王や王妃やウンスや、自分の外に焦点があっていて、
そのために行動するヨンでしたが、ここにきて、ようやく
自分のために、自分の欲求に従って何かする、という
行動に出てるのかな、と思ってます。

>私にはさっぱりわかりませぬ。
えーと、実は私もよくわかってない?(笑)
いやいやいやいや。
流れは決めてるんですが、初めてくらいにかなり自由に書いてみてます。
ヨン、がんばって!!(いやお前が頑張れって?)
Commented by kkkaaat at 2014-01-24 23:31
>ピヨコさん

こちらこそ、読んでくださり、ありがとうございます。
あの偉丈夫が、嬉しそうにちょこちょこと紐をほどいている
様子を想像すると、ちょっと可愛いですよね(笑)
ミンホさんの目力はすごいですよね?
目千両ってああいうのを言うのかな、といつ見ても思います。
威圧感があるっていうより真摯すぎてドキドキしてしまいます…。

>抜け出したヨンにチュンソク様はどうしたでしょう。
次回、チュンソクが登場します。
いじめませんが、チュンソクは試練を与えられて輝くタイプ
だと思ってはいます(笑)
Commented by kkkaaat at 2014-01-24 23:41
>sakuranokiさん

いえいえ、こちらこそ読んでいただきありがとうございます!

そんな風に言っていただけると、なんだか書いた
ものが素敵に見えてきます(/ω\*)
いつもありがとうございます。

王の御前に上がる前のヨンは、私にはけっこうなやんちゃ系
に見えたんですよね。
本来、生真面目さはもちろん備えながらも、けっこう
陽気でいたずら好きなところもあったんじゃないかな、
と思ってます。

ウンスと出会った頃にはすっかり影を潜めてしまってましたが。
そんなヨンですが、今後どうなっていくでしょうね。
週明けには続きをアップできると思います~!
Commented at 2014-01-25 07:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ピヨコ at 2014-01-25 07:50 x
あれ…なんかおかしい。非公開にしてないのに。
ミチさまには見えるんですよね?だったら大丈夫。
Commented by kkkaaat at 2014-01-25 23:16
>mm5210さん

ワクワクしていただけましたか?
そのコメントを読んで、私も嬉しくなってきちゃいました!

そうそう、あのシーン、すごく好きなんですよね。
ヨンのこれまでの人生を、とてもよく表してて、
あー、もう何年も、仕事以外何もしないで生きてきて、
これから死ぬまでそのつもりだったんだな、と思うと
ちょっと切なくて。

>「たかが外れた」のかな…。
ぴったりの言葉だと思います。
いい意味でも悪い意味でも、たがが外れた、という状態なんじゃないかと。
そのように生きるしかないからそのように生きる、という時代ですよね。
自由に生きる、という概念さえあまりなさそうな。

そんな狼藉ヨンですが、これからまたいろいろとやらかすと
思いますが、どうぞよろしく見守ってやってください。
Commented by kkkaaat at 2014-01-25 23:25
>比古那さん

何度も読んでくださって、ありがとうございます。
駄々っ子ヨン、どっちもありかと(笑)

現代で言えば、一つの考え方の転換なのかもしれませんが、
ここは高麗まさに
>現実逃避
でしかないわけで。
そこも、ちょっとヨンの人生の切なさでもあるんですが、
まあ人間生まれる環境や時代は選べませんから。

>のんびりゆっくり隠居生活したいのかな、と。
ウンスと出会わなければ、そんな選択肢さえあるとも思わなかった
(ドラマでヨンが、皇宮を下がって漁師に、と言ったのは、
のんびり楽しい生活、というのとは違う意味だったと思ってます)
のでしょうが、ウンスの言動を見ていると、いろいろと
余計なことも考えちゃうのかな、と思います。

この時代に取りうる道で、安寧平和な道などないのですけどね。
そう考えると、ほんと大変な時代です。

イ・ソンゲ、どうしよう~(笑)
Commented by kkkaaat at 2014-01-25 23:31
>manaさん

こちらこそ、お読みいただき、ありがとうございます!
今まで見せなかったとこまで、全部見せちゃった後ですから、
これまであまり見せなかった甘えなんかも、かなりウンスには
出しちゃってるのだと思います。
かたくなだった男が、デレていく様、楽しんでいただければ
嬉しいです。好きなんです、こういうの(笑)

ヨン、やらかしてますが、ウンスにはやはりプライドというか、
心配かけたくない、というか、隠してましたね。
ばれるっちゅーの(笑)
さて、続きアップしました。
また何かしでかしておりますです。
Commented by kkkaaat at 2014-01-25 23:38
>mamikoっち♪さん

>ヨンは再生への過程の途中なのかな。
私もそうなんじゃないかな、と思いながら書いてます。
いろいろね、自分の信条を曲げたようなことをこの3ヶ月
してしまったから、強制リセット状態かなと。

>今は、なにをするにしても駄々っ子のお子さま状態で。
ほんと、駄々っ子ヨンです。でも書いていて、ちょっと可愛い(笑)
思い込みじゃないですよ。本当に丁寧に読んでくださって、
なんだか申し訳ないくらいで、とても感謝しています。
ウンス以外にも、皆様もオンマのように見守ってくださってますよね。
ヨン、ありがたく思いなさい! と思ってしまいました(笑)

続きアップしました。
チュンソク頑張ってます。頑張りすぎ!?
Commented by kkkaaat at 2014-01-25 23:45
>5874dyreさん

こんばんは!
チェ・ヨン、ずーっとオン状態の人生でしたからねぇ…。
自然体だけど、常にどこか緊張している、常に命にかかわる責任が
自分にかかっている状態で、慰めもなく、そしてそれをキツイと
意識することもない、ってかなりハードモードですよね。
ウンスのペースに巻き込まれて、ふと気づけば王や国のことを
考えるのを忘れてる、そんな二人はとても相性がいいんだと
思います~♪
こちらこそ、コメントいただけて嬉しいですよ!
返事が遅くて申し訳ないですが、来週からしばらくはもう少し
時間ができますので、もうちょっとコメントがタイムリーなうちに
お返事したいと思います!
Commented by kkkaaat at 2014-01-25 23:56
>pochiponさん

はじめまして!
おお~、12月からですか? ドラマのBS放送終了が8月末、
アジドラ放送が10月半ばまでだったので、その後新たに来て
くださる人がいるのかな? って思っていたのですが、
いらっしゃるんですね~、すごく嬉しいです!

おおっ! うわー、うちの話を読んで改めてドラマに
ハマり直してくださったというのを読んで、
いやしみじみこのブログ作ってよかったーーと思いました。
人間、はまろう!と思ってドラマ見るわけじゃないですから、
二次やあらすじサイトとかで、あ、ここが魅力なんだ、と
わかってから見ると、また違って見えてくるってあると
思うんですよね。ほんと書いた甲斐がありました。

コメント苦手なのに、書いてくださって、ありがとうございます!
そうやって知らせていただけたこと、ジーンとしました。
頑張る原動力になります。
また、ふらりと立ち寄って、読んでくださったら嬉しいです。
Commented by kkkaaat at 2014-01-26 00:07
>サラさん

良くない、良くないです(笑)
ウンスは、皇宮という場所に対しての敬意というか、
畏怖みたいなものが、現代人ですから薄いので、
イマイチこの悪さがわかっていないのかもしれません~。
叔母さまから、ピキピキピキっていう音が聞こえてきそうです。

ヨンの暴れん坊ぶり、どうしちゃったんでしょうか。
新しい話アップしました。
ちょっとだけ、心情がわかるかもしれませぬ。
Commented by kkkaaat at 2014-01-26 00:19
>ぴさん

ねー、自分のブログのカレンダーのところ見て、うわあ、
更新すくなっ! と自分で思ってしまいました。
仕事、少し早めに終えることができたので、しばらくの間は、
少し更新ペースを上げていけるかと思います。
先ほど、続きをアップしました。少しだけ、ヨンの気持ちが
わかるかもしれませぬ。

今日は本家2巻の発売日ですね。
残念ながらまだ私の手元にはないのですが…おのれアマ○ン…。
ハードカバー、素敵ですよね!
しかしながら、印刷料金が3~5倍くらいかかるので無理でっす(笑)
でも、表紙に折り返しがついたタイプにはしたいんですよね~。

>たまに映像を見ると「テジャン若っ!」となってしまってビックリします('。';)
あ、わかります(笑)
私も、ドラマのラストシーン髭テジャンからイメージを
開始してるので、最初の方を見ると「わかーーっ!」って
見入っちゃいます。惚れ惚れしちゃいます。
Commented by kkkaaat at 2014-01-26 00:25
>haruwataさん

この二人の関係って、本当に素敵だなってドラマを見ていて
思ってました。なんだろう、芯はすごく似てるというか通う
部分があって、でも表に出る出方は違う。
ヨンは、ちょっと弾けてウンス寄りに今はなってそうですが。

ウンスは背中とかも平気でバシバシやってそうですよね(笑)
それを周囲で「あ~、あ~」おやめくださいって思ってそうな
ウダルチ達。
年月が経つにつれて、ウンス姉さん女房だし(まあ天穴により
ほぼ同年齢になっちゃいましたが)、よりチェ尚宮っぽく
なっていきそうですよね(笑)

仕事、応援ありがとうございました。
無事に一段落つきまして、蜃楼の続きもアップさせていただきました!
Commented by kkkaaat at 2014-01-26 00:29
>ピヨコさん

あれれ? 鍵コメになっちゃいましたか。
私には読めるので、大丈夫です。
なんか、私知らなかったんですが、コメントなかなか書き込めない
という方とかもいらっしゃるみたいで、うーん、エキサイトブログ、
調子悪し?

Mな私には、チュンソクの気持ちがなんでかよくわかるのです。
Sなヨンの気持ちはちっともわかりません(笑)
この二人、相性がいいのは間違いありません。
次の話、アップしました。
チュンソク、輝いているでしょうか?
まじで頑張れチュンソク!
<< 【シンイ二次】火、狩人1 二次創作活動考 >>

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のコメント
ウンスノートから読んでし..
by 比古那 at 13:31
あー、やっとたどり着けま..
by 比古那 at 10:48
みちさん お元気でしょ..
by mm5210 at 12:59
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
ブックマーク
以前の記事
検索