筆記



【シンイ二次】火、狩人1

※この話は、ドラマ「シンイ」の登場人物をお借りし、展開のアイデアは別ドラマ「屋根部屋の○リンス」からお借りしています。現代ものパラレルです。ドラマの続きではなく、ドラマの一話目のあたりから、ストーリーを変えて話が始まります。主人公はチェ・ヨンとウンスです。こんなはじまりですが、ラブコメの予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「テジャン!」

そう呼ばれて男は、足で踏みつけた身体から、
剣を引き抜きながら顔を上げた。
呼ばわった髭の男よりも、まだ若い。
だのに、テジャン(隊長)と呼ばれていて、
周りの揃いの鎧を身につけた数人の男達は、
その男のことを頼るように見つめている。

口元に髭を蓄えていないので、まだ三十にもなっていないのだろう。
肩ほどの髪を後ろで無造作にくくり、長い前髪を額帯で上げている。
テジャンと呼ばれるのが当然と、本人も思っているのが見て取れる。
よほどの手練だろう、引き抜いた剣をひとふりすると、
刃先には血曇り一つない。

「乙は、どうした」

低く暗い声で、その男は尋ねた。
声を張り上げたわけでもないのに、辺りはその声で、しん、とした。

「乙のうち七名、戻りません。丘下から、登ってくる人影が数十名」

ちっ、と男が舌打ちをして、
すぐそばの岩影に佇む二人の人影に目をやる。

小柄な男が一人、すらりとした女人が一人。
小柄な男は雨避けの被り物をきつく身体に巻きつけて、
ただ一人、テジャンと呼ばれた男をじっと見つめている。

「チルサルにやられたと――」

髭の男が続けると、テジャンと呼ばれた男は空を仰ぐ。
空に沸き上がった雲から、不思議な赤い雷光が、
何度も光っているというのに音がしない。

「なんなんだ」

天帝がお怒りか。ならばどちらにか、と空を睨む。
赤く染まった雲が渦を巻き、丘のさらに上へと集まっている。
男は辺りを見回した。
麒麟の鎧をつけた兵が八名、岩影の二人、侍従らしき文官が数名。
部が悪い、と言わざるを得ない。

「どっ、どうにかしろ! チョナをお守りするのだ!」

雨避けから、紫の派手な衣が覗く年嵩の文官が、上擦った声で繰り返す。
男は、その男を無視して、髪の長い身体のがっしりした男に近づいた。

「あの大木の方へチョ・イルシン殿をお連れして逃げろ」

チョ・イルシンと呼ばれた文臣がぎょっとしたように、男を見た。
そう言ってから、男はほんの一瞬間を置いた。
そうして、髪を長く下ろした男の耳元に顔を寄せる。

「お前は、このようなことで、命を落とすには惜しい男だ。
時間を稼いだあとは、死力を尽くして遁走しろ」

はい、と髪の長い男はその双眸に光をみなぎらせて、
強くうなずいた。
男は、チョ・イルシンにつかつかと歩み寄る。

「ウダルチ四名とともに、臣の方々はお逃げください」

囮にしようというのか、と震える声が抗うように言った。

「奴らの狙いは、お二方です。共にいれば巻き添えをくう」

男がそう言うと、急に文官たちは押し黙った。
チョナをお守りせねば、と誰かが弱々しく言うと、
男は、あなたがたがいても足でまといだ、と切り捨てる。

「こちらへ」

髪の長い男が、誘うと、文官たちは戸惑いを顔に残したまま、
チョナどうかご無事でと小声で言っておずおずと走り出す。
男は、岩影に走り寄る。

「こちらへ」

岩陰の男と女を、丘の上へと誘いながら残った三名の兵と登りだす。
あのものたちは、と小柄な男が尋ねると、男は事も無げに答える。

「囮としました。幾名かでもあちらを追ってくれればよいが」

小柄な男は、一瞬痛ましげに顔をしかめたが、すぐに前を向いて
必死に男についていく。女はひと言も口を聞かずに、ただ、
足早に丘を登った。
なぜだろう、男は鳥肌が立つような不思議な感覚をおぼえていた。
空気が何かを含んだように、ぴりぴりと肌を刺す。
この先に、この先に活路がある、何かがそう告げている。

「テジャンっ」

子どものような顔の、一人だけ別の革鎧を身につけた青年が、
樹上から飛び降りながら悲鳴のような声をあげた。
追っ手だ。
丘の下からわらわらと、数十名、いやそれ以上か。
舌打ちする余裕もなく、一行はひたすらに丘を登る。

山陰を回り込むと、大きな岩壁が見えた。
なぜだかわからぬが、そこへと皆が引き寄せられるように走った。
びゅうびゅうと向かい風が吹き、木の葉が舞い上がっているというのに、
足が止まらない。

「あれは…?」

初めて、女人が口を開いた。
細いが気丈そうな声が、戸惑いで震えている。
男以外の者の足が、一時止まった。

「天門が、開いている」

小柄な男が、驚きを秘めて、そう呟いた。
天門、と問い返したのは誰の声だったか。

「華陀が現れ、消えたという天穴なのか」

男の顔は驚き一つ表していなかったが、
それでも声に微かに畏怖が混じる。
仏像の足元に祠のように組まれた岩の庵の中が、
青白く光ながら渦巻いている。
あまりの驚きに、警戒が一瞬おろそかになった。

「テジャン!」

小柄な男が高い声で、叫ぶ。
丘の下からの追っ手とは違う、黒の装束に深く傘をかぶった
三十名近くの剣手が、岩壁の横から影のように走り出た。
テジャンと呼ばれた男は、一歩ずつにひと振りずつの剣花を散らし、
瞬く間に数人を斬り倒して、小柄の男のそばまで駆け寄ると、
腕を掴んで、髭の男の方へと放り投げるように押し出した。

それから、それよりも二歩ほど遠い女人が、男に手を伸ばした。
男はそれを掴まずに女人の背後の一人へと剣を突き刺し。

(あと、二人。)

もう一人の腕を切り落として、返す刀でその首元へと突き立てようと
して、間に合わぬ、と目を見開いた。
七殺(チルサル)の手の者らしき男が、
女人の首に刃を当てて引き斬るのと、
男の剣が殺者の首を貫くのが同時だった。

(この男が命汚ければ、間に合ったものを―)

男はきつく歯を食いしばる。
剣を引き戻しながら、倒れ込んでくる女人を腕に抱きとめ、
男はそのまま走り出した。

「天穴へ」

腕に抱えている女人の首傷から、鮮やかな赤が流れ落ちる。
滴るそれを、小柄な男は、走りながら凝視している。
小柄な男の目が、恐怖とは別の絶望で、黒々と曇った。
丘下から、さらに追っ手が加わるのが見える。

「入るのですか」

若い背の高い男が、また一人斬り捨てながら、叫んだ。
追っ手と天穴とを交互に見比べている。

「行くんだ」

テジャンと呼ばれた男は、確信を持って、そう命じた。
髭の男が小柄な男の腕を掴んだまま、迷いもなく走り込み、
姿が消えた。
続いて背の高い男が意を決したように飛びこむ。

革鎧の青年が、光の横で、髪を揺らしながら男を待っている。
男はちらと剣を構える青年に目をやってうなずくと、
腕に女人を抱いたまま、その中へと駆け込んだ。
青年は、男の姿が消えるのを確かめて、跳ねるように天穴へと身を投げる。

追っ手が岩壁を回って見たものは、そこに渦巻く青い竜巻のような渦と、
誰もいない草地の上を吹き抜けていく、寒々しい風の痕だけであった。



にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
by kkkaaat | 2014-01-21 19:41 | 火、狩人【シンイ二次】 | Comments(33)
Commented at 2014-01-21 20:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ミジャ at 2014-01-21 20:55 x
うわぁ〜
新しいお話が始まりましたね!
屋根部屋〜の、ドラマみたいな感じになるのかな?
どんなヨン&ウンスに会えるのかな?
すごい〜わくわく楽しみです(*^_^*)

ミチさん、お忙しい中、ほんとにありがとうございます。
今までのお話読ませてもらいながら
シンイドラマ見ながら、気長〜に楽しみにお待ちしてますので、ご無理なさらないようにしてくださいね。
Commented by みわちゃん at 2014-01-21 20:58 x
新しいお話、わくわくしながら読みました。
みんなで天門をくぐり、現代へ行ったのですね。
そこでウンスと巡り会う。
またまた楽しみができて嬉しいです。

今回も戦いのシーンの表現が素晴らしいです。
さすがに現代では、剣を振り回すことはないですよね(笑)

次回をお待ちしています。
Commented by 比古那 at 2014-01-21 21:12 x
うわ~ぃ!!始まったぞぅ♪

髪の長いのはチュソクでしょー。
やかましいイルシンは名前が出たとして~、小柄がテマン、チョナと王妃でしょ~。

髭男がチュンソクでしょ~。

よしよし。あ、ヨンを忘れた。

実際、イ・ガク氏は3悪女かなにかに選ばれたチャンヒビンの息子でしたよね?

トンイの時に一時期王妃になってた。

あれ面白かったんですよね(笑)ユチュンのイ・ガク。お供の三人が優秀すぎるわ、皆様馴染みすぎるわ、オムライスがうまそうだわ(笑)

どうなるんだろ~、たのしみ~(*´∇`*)
Commented by ひまわり at 2014-01-21 21:37 x
新しいお話 ありがとうございます。楽しみにしていました。現代に行くであろうチェヨン達とウンスの出逢いが楽しみです。無理をしない程度で更新をお待ちしております!
Commented by ゆちゃぽ at 2014-01-21 22:16 x
うれしいですぅ
またグイグイとパラレルワールドに引っ張ってくれてますね
展開が楽しみです
Commented by kana-oji at 2014-01-21 22:28 x
新しいお話はじまりましたね^^
屋根部屋も見ましたよ~どんなふうになるのか楽しみです
早くウンスもでできてね^^
Commented at 2014-01-21 22:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aki at 2014-01-21 22:49 x
うごぉおおおおおおお(゚o゚;;

ユチョンの「屋根部屋の皇太子」がベースになってる、ラブコメ!!
しかも、主演がヨンとウンス!
おーーーーーーー!!
勝手に、美人美容外科医の病院兼自宅の屋上に「タイムトラベル」したのかな・・・ヨンとチョナとワンビママとテマナとウダルチの面々!!がっ!
で、オムライスの代わりに、クッパなのかな??とか!
どーなる天界←展開!
楽しみですっ!

更新ありがとうございます。
Commented by みさ at 2014-01-21 22:50 x
ありがとうございます~!
新しいお話、どんなんかな~?
楽しみです。
蜃楼の続きも、楽しみに待ってます!

Commented by ちはや at 2014-01-21 23:27 x
新しいパラレルのお話ですね!
お待ちしてました~!
危機的状況ですが、剣で闘うテジャンを頭に思い浮かべながら読んで、
かっこいいな、絵になるなと改めて思いました(*^-^*)
屋根部屋~は見ていないので、これからどうなるのかとても楽しみです♪
お忙しい中、更新して下さってありがとうございました!
Commented by mamikoっち♪ at 2014-01-21 23:37 x
新しいお話が始まりましたね!
前々から仮題の「屋根部屋の王太子」のタイトルを見てどんな物語になるんだろう、と思っていましたが…
まさか、こうくるとは!
ウンスの家に屋根部屋があるのかしら?
こんなに多勢のご一行さまで大丈夫?
キチョルも現れたら面白いのだけど…
本家「屋根部屋〜」のラストは仕方ないラストでしたが、私には悲しすぎて。
こちらの「屋根部屋〜」はみんなが笑顔のラストになりますように(気が早い?(笑))
お忙しいとはおもいますが、応援してますので、更新お待ちしております!
Commented by at 2014-01-22 00:07 x
おぉ~、ヨンだけかとヨンでいたら…みんなで天門へ!!(゚Д゚)びっくり!!
それでも王妃様は斬られちゃったんですね。パラレルかぁ…と思っておりましたが、あっさり引き込まれました(笑)テクニシャンですねぇ(^▽^)
Commented by まるごん at 2014-01-22 00:22 x
新連載のアップ、ありがとうございます!
冒頭の描写から全て脳内映像変換で読ませていただきました。
もう初っ端からヨン、カッコ良すぎです!

1話目は信義テイストな緊張感あふれるお話ですが、2話目は…!?
「屋根部屋…」の展開を思い出しながら、あんな感じかな?こんな感じかな?と今から妄想全開です。

チョナとワンビママを守るウダルチ一行様、天界でどんな行動を見せてくれますでしょうか^^
「蜃楼」共々、続きを楽しみにお待ちしています♪
Commented by グリーン at 2014-01-22 00:24 x
始まりましたね。お待ちしていました。

「屋根部屋の○リンス」途中リタイアしてしまって見ていないのですが。
ミチさんの描かれるお話、ヨンとウンス主演、脇を固める出演者も豪華ですね。
否が応でも期待が膨らみます。

傷を負った王妃様を助けるのがウンスでしょうか。現代でヨンとウンスがどのように惹かれあっていくのか・・・

「火、狩人」意味も含めて楽しみです。
Commented by トナン at 2014-01-22 08:33 x
みち様おはようございます(*^^*)
新しいお話し始まりましたね。
屋根部屋は1話のみみてまだハードディスクに眠っています笑

ヨンも屋根部屋の王様達が着ていたジャージなるものを着るのかしら?(笑)

屋根部屋は面白かったと友達から聞いているので、すごく楽しみです。
今日は朝から雪です。
みち様、お身体ご自愛なさって…無理なくお話し進めて下さい(*^^*)
Commented by kkkaaat at 2014-01-22 09:33
>皆さま

おはようございます。 
新しい話のはじまりに、暖かいコメントありがとうございます<(_ _)> 
屋根部屋は見ていなくても大丈夫ですよ。
(すっごく面白くて、キュン度もシンイに負けないドラマですが)
シンイは見てないと、さすがにわからないですが(笑)

そうなんです、ヨンだけが行くんじゃないんです。
こんなにご一行様行かせちゃって大丈夫でしょうか!?

まずは、読んでいただき、心から感謝いたします。
少し長い話になりますが、以後どうぞ、つらつらとお付き合い
くださいませ~。
Commented by らいむ at 2014-01-22 10:47 x
みち様
おはようございます
長い話 ウェルカム!OK!!です(≧∇≦)
またまた これから至福の時に存分に浸れるかと思うと…
きゃー♪───O(≧∇≦)O────♪
って
ウンスのお家に御一行様が行くとして
何処かで ウンスのご両親とかも ご出演する?ヨンとの絡みもあるのでしょうか?
Commented by くまみや at 2014-01-22 10:56 x
むむっ もしや、もしかすると…と勝手に想像(爆)以前 ミチさんが 見事テープを切った際の 果たされぬ約束を思い出しました(笑)忘れてたわけじゃないですよ~という謎な呟きを ここに捨て置く。
Commented by ピヨコ at 2014-01-22 14:05 x
来ましたーーーー、髭男!いや、違った(汗)
屋根部屋も見ました。可愛らしいお話でしたね。
屋根部屋とシンイのコラボがどうなるのか楽しみです。
ウダルチご一行様行ってしまうのでしょうか。
すっごい楽しみにしております。
長いお話お待ちしております。ってか、待ち遠しい!!
のんびりでいいのでお願いしますね。ミチ様。ファイティン!
Commented by sakuranoki at 2014-01-22 14:47 x
新しいお話、お待ちしておりました。!

マタマタ楽しみが増えました。有難うございます。
「火・狩人」のタイトルに胸が「ズキッ」として
展開にワクワク・ドキドキしています。

「蜃楼」共々、どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by チビママ at 2014-01-22 16:18 x
今度は、ヨン達がタイムスリップするお話しですか?
物凄くわくわくしています
ぐいぐいと惹き付ける文章力に脱帽…します(^o^)
暫く読めないと思っていたので、尚更嬉しかった!!
来週楽しみです。
お疲れだとはおもいますが
ご無理のない様にm(__)m
Commented by じゅん at 2014-01-22 23:29 x
わぉ~~~!みんな天穴に飛び込んじゃった!!
現代へのタイムスリップのお話、すっごく読みたかったんです。
しかもかなりの大所帯(笑)何が起こるかワクワクします!
お話楽しみにしています(^^♪
Commented by mana at 2014-01-23 01:15 x
ちょっと見ない内に新シリーズ発信に驚きました。
お忙しいのにありがとうございます♪(^-^)
シンイの初回を彷彿させられました!
皆様で天穴に入っちゃうですね!どこにたどり着くのでしょう?女人は大丈夫でしょうか?
ドキドキです(^-^)
Commented by kkkaaat at 2014-01-23 02:31
>皆様、こんばんは!
たくさんのコメント、ありがたく読ませていただいています!
本日我が家にインフルさんがやってきまして、私もいつ発症するかわからないので、今晩徹夜で仕事を終わらせてしまうことにしました~♪
眠気と戦うために、そして気になるお言葉に答えるために、ちょこちょことコメントしにやってきてしまいました。

>らいむさん
むむっ! 気づかれましたか!
ヨンとご両親の対面、あるかもしれませぬ…。

>くまみやさん
覚えていらっしゃるだろう、とわかっておりましたとも。
今回の話は、ちょいと違うかも。私ギャグ書けないし…(笑)

>ピヨコさん
わたし、髭さんはちょっと贔屓してしまうかもしれません(´∀`*)

>sakuranokiさん
あちらも書いてます。来週頭には、あちらを更新できそうです!

>チビママさん
来週になる前に、もう一話アップしちゃうかも~!

>じゅんさん
現代方向へのタイムスリップ、たぶんシンイ二次書かれてるかたなら、一度は考えるだろうこのネタに手をだしました(笑)

>manaさん
仕事の進みが少しいい感じだったので、始めちゃいました~!

さて、朝まで頑張るぞ~!
Commented by ピヨコ at 2014-01-23 02:52 x
こんばんは。本日は徹夜でございますか。頑張ってくださいね。
私は今、猫に起こされました~
髭男、どうぞご贔屓にお願いしますぅ。近頃、チュンソク萌えが
ひどくて(笑)チュンソクって文字を見るだけで爆死しそうであります。ミチさま、夜は長いです。頑張って下さいね。
Commented by kkkaaat at 2014-01-23 03:29
>ピヨコさん
ありがとうございます。
猫ちゃんいいなあ~、私も猫に起こされたい、いやむしろ一緒に寝たい(笑)
コメ書いていると目が覚めて、仕事に戻ると無性に眠いです。
チュンソクが横にいて応援してくれてる幻覚でも見ながら頑張ります。
Commented by mm5210 at 2014-01-23 05:48
「蜃楼」と合わせて二つの物語が楽しめるなんて、春(寒いけど…)から縁起がいいです(今かなり仕事に埋もれ…同じく徹夜組です…クク苦)。

「日、狩人」幕開けの緊張感がたまりません! カッケー!!!
次話以降、テジャンとウンスがどう出会うのか…
期待でバクバクいたしまする。
[現代ものパラレル、主人公のみならず、周りの登場人物(ウンスのご両親?ゲイの友達?元カレとか?)を、ミチさんがどう料理されるのかも楽しみー!)]

お仕事、さらにいい感じで進まれますよう!
Commented by るんた at 2014-01-23 21:27 x
ミチさんのお話し大好きです!
毎日更新されているのを期待しながらblog開いてます。ストーカー?!(笑)


屋根部屋もハマったドラマだったんで、今度のパラレル超楽しみですー!

コメント何回送っても受け付けられず、試しに色々送ってますー!
今回は届くかな??

でわ仕事も執筆も頑張って下さい~!
Commented by るんた at 2014-01-23 21:48 x
コメント無事に投稿できたー!

やったー!!

ちょくちょくコメントさせて頂きますね♪♪
Commented by kkkaaat at 2014-01-24 01:05
>mm5210さん

お! 同じく徹夜組が!!
お疲れ様です、今日はもう寝てますか?
私も無事に先ほど仕事を終わらせて、今から寝ます。
人間やる気になると、けっこうなんとかなるな、とよく思います。
いや最初からこのペースでやればいんですけどね(笑)

カッケーと言っていただいてありがたい限りです。
現代ではどこらへんまでどんな人が出てくるでしょうか?
パラレルなので、もうじゆ~な感じで(笑)

これで2月10日前後までかなり自由の身になりました♪
さて、書くぞー! いやその前に寝るぞー!
Commented by kkkaaat at 2014-01-24 01:12
>るんたさん

初めまして!
うわー、そんなストーカーならぜひストーキングされたい(笑)

コメント、はねられてましたか?
エキサイトは特定の言葉でコメントを弾いたりすることは
ないと思うのですが、いかんせん、ここのところ
妙に重い日が続いているので、サーバ不調かもしれません。
すみませんでした(´Д`;)ヾ

あと、削除用のパス(自分で勝手に決める)を入れないと、
コメントができないのですが、それに気づかない方も多いので、
気をつけてみてくださいね。

仕事、一段落ついたので、ちょくちょく来ていただいても、
その度に読むものがあるように、更新していけたらな、
と思ってます!
コメント、チャレンジしてくださって、もうほんと感謝です!

>ちょくちょくコメントさせて頂きますね♪♪
嬉しいお言葉ありがとうございます。
気が向いたとき、暇な時でかまいませんので~。
負担に思わず、読みに来てくださいね!
Commented by pekoe at 2014-01-26 14:29 x
ミチさん、こんにちは。
屋根部屋をベースにのラブコメ...それはそれは、楽しみです。
比古那さんが書かれていた「オムライス」もですが、乳酸菌飲料とか
ハッカ飴とか(笑)あの大根の?ぬいぐるみとか...
小道具を上手く使ったドラマだなぁと思ってみてました。

ヨンの髭あり姿は想像がつきませぬ(笑)。ひげなしの若いままで良いです。私的に(笑)
今年もミチワールド満載で...「蜃楼」のほうとも楽しみにしております。

チョコチョコは読みに来ていたのですが(笑)今、受験生の生徒にかかっていて
なかなかゆっくりコメント書けませんでしたが、チョコチョコ少し遅れ気味ですが
感想を書かせていただきますね。
<< 【シンイ二次】火、狩人2 【シンイ二次】蜃楼 4 >>

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のコメント
ウンスノートから読んでし..
by 比古那 at 13:31
あー、やっとたどり着けま..
by 比古那 at 10:48
みちさん お元気でしょ..
by mm5210 at 12:59
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
ブックマーク
以前の記事
検索