筆記



【シンイ二次】白花 3

白花のおまけです。なんということはない、二人の宿屋の情景。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「そこに」

チェ・ヨンはウンスの口のあたりを手で示す。
ウンスが匙を握ったまま、頭を横に傾けると、チェ・ヨンは自分の口の端に
触れて、ここについております、と小声で言った。
うなずいて、ウンスが反対側の口の横を袖でぐいと拭うのを見て、
チェ・ヨンが違います、反対です、ともう一度自分の反対側の口の端に触れながら
顔をしかめて懐から布を取り出してウンスに渡す。
ウンスはそれを受け取って、ようやく飯の粒がついた口の端と頬を
きちんと拭うことができた。

にっこりと笑って、これでいいかしら、と言うウンスにチェ・ヨンは
顔を横に向けながら思わず笑う。
それからおかわりをすすめる。

「いくらわたしでも、そんなには食べられないわ」

顔の前で手を振って、それと同時に首もぶんぶんと振って、
ウンスが断ると、チェ・ヨンはそれでは、と残りの飯を全部自分の椀に
よそって、珍しくがつがつとかきこむように食べる。

「あ、行儀が悪い」

ウンスがからかうように言うと、参月分ですから、とチェ・ヨンは
ごくりと喉を動かしながら言って、それから、

「それに、あなたほどではない」

と付け加えた。
ウンスは足を投げ出して、腹をさすっているところで、
足を子どものように投げ出している。

「あなたが腹をさすっているのを見るのは…久しぶりだ」

そう言われて、ウンスは少し申し訳なさそうな、苦笑いを浮かべて、
もう一度遠慮がちに腹を撫でた。
チェ・ヨンは綺麗に飯粒をさらうと、汁を飲みほし、皿に一つ二つ残った
肴を箸でつまむと、それもきれいにたいらげた。

「それで」

ことり、とチェ・ヨンが箸を置いた。
ゆっくりと、膳を自分の脇に寄せて、身体の前に空きを作ると、
あぐらの膝に手を置く。
深く息を吸う。
それから、黙ったまま組んだ脚と脚の間に、頭を深く下げた。

「この度は命をお救いいただいたこと、かたじけなく御礼申し上げる」

ウンスはチェ・ヨンのあらたまった態度にひどく慌てた。
だらりと伸ばしていた足を身体の下に折りこんで、
姿勢を正しながら、え、え? と声を出す。
それから身体の前で激しく手を振って、チェ・ヨンの肩を押して
姿勢を戻させようとするが、その身体は痩せたとはいえ固く、
ぴくりとも動かなかった。

「ね、ちょっと。そんな。やだ、水くさいじゃない。ねえ」

ちょっとテマンが何を話したか知らないけどやめてよ、ね、
夫婦なんだから、助けあい、助けあい!
とウンスがぐいぐいと両肩を押し戻そうとしていると、
チェ・ヨンは急に身体を起こして、ウンスの左右の手首を、
それぞれ自分の手でつかんで止めた。
それからその手を、静かに自分の前に下ろす。
ウンスは自然と、チェ・ヨンと額を付き合わせるような格好になった。

「夫婦とて、命を救われれば、礼を言う。当たり前のことです」

チェ・ヨンはそう言って、静かにもう一度頭を下げた。
ウンスははにかんだように笑いながら、チェ・ヨンのつむじを見て、
それから、こくりとうなずき返したが、赤くなった頬で、
そんなあらたまって言われると照れるわ、とつぶやいた。

チェ・ヨン少し顔を上げて、黙ってしばらく考えこんでから、口を開いた。

「あなたはあいかわらず…俺のことばかりだ。自分のことは、二の次で」

眼の奥まで突き通るようなチェ・ヨンの強いまなざしが、
ウンスの目の底を見つめる。

「俺が心配しても、気にもとめぬ」

そう言いながら、苦しげに目が細くなった。
急に口が抑えられぬようにひしゃげて、それを隠すように
ウンスに近づいてかぶさるように重なった。
何度か吸い付いて、一瞬途切れた瞬間に、震えるような息が
チェ・ヨンの口からもれる。
それから、チェ・ヨンの顔がうつむいて、ウンスからゆっくりと
離れようとした。

それを追いかけてウンスの顔が前に倒れ、チェ・ヨンの額に
ウンスの額が押し付けられる。
近すぎて目は見えないが、チェ・ヨンからはウンスの口元が
優しく微笑むのだけが見えた。

「ちゃんと、気にしてるわ」

すごーく気にしてる、本当よ、心配させてごめんね、
とウンスが握られたままの手首をひねって、指先だけで、
チェ・ヨンの手首を撫でた。

「それでも無理をするから、たちが悪い」

チェ・ヨンが小さなため息と同時にそう言うと、
私のお守りは大変よって言ったじゃない、
とウンスが口を尖らせるのが見えた。

あなたのようなお人は、小さくして懐にでも入れておければ
少しは安堵できるでしょうに、とつぶやいて、チェ・ヨンは目を閉じて、
擦るように額を押し当て、鼻ずらをウンスにすりよせる。

「うん?」

ウンスがチェ・ヨンのしぐさに、なあにと尋ねるように、小さく声を出す。
目をつぶったままのチェ・ヨンの唇がウンスの頬をかすめる。
手首をつかんでいた手が緩んで、外れた手がそのまま、ウンスの頬を
包みこんだ。
うつむいていたはずの顔がすくい上げるように、ウンスの唇をとらえる。
頬に当たった指先が燃えるように熱い。

「やっかいだ」

チェ・ヨンがかすれた声でつぶやく。
頬に当てられた手が小さなウンスの顔をやすやすと自分の思う方へと傾けて
唇が深く重なる角度にする。
残りの手がウンスの手首からするりと逃げ出すと、そのまま腰へと
巻きついて、チェ・ヨンのもとへ強く引き寄せる。

「まったく、やっかいです」

持て余しちまう、とチェ・ヨンは胸の息を一気に吐き出しながら、そう言った。
わたしのこと? とウンスが尋ねると、いや、と答えながら首を振る。
いや、そうではなくて、とだけ言って、チェ・ヨンはそれ以上
説明をしようとはしなかった。

ただウンスを急に抱き上げると、床に運び、

「腹が満ちたら、今度は女です」

チェ・ヨンは悪びた言葉とは裏腹に、ひどく真剣な口調でそう言って、
ウンスを横たえたのだった。





ここで終わったら、ひ、ひんしゅく…?
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
by kkkaaat | 2014-02-13 20:00 | 短編【シンイ二次】 | Comments(48)
Commented by るんた at 2014-02-13 20:23 x
私もお腹一杯夕飯食べ終わったところで、アップされてるのを発見!!
ラッキー(*^▽^)/

ウンスも満腹。ヨンも参月分をたらふく食べて、やっと落ち着きましたね♪

きちんと、真面目に礼を言うヨンは、さすが武士って感じですね。
伝わってきましたぁ(^_^)素敵♪

ここで終っても、全然ひんしゅくじゃないです!
…が、続きがあれば嬉しい限りでございますO(≧∇≦)o
(←何気におねだり?!)(笑)
Commented by おひるねにゃんこ at 2014-02-13 20:54 x
何気ない宿屋でのヒトコマ。そこには、ささやかなしあわせがいっぱい、いっぱいぎゅっ~と詰まっていて、それまでの離れ離れの時を、ちょっとずつ確実に埋めていってくれます。
おだやかな幸せってに浸る二人を見ていると、こちらも幸せになれます。
ここで終わるとひんしゅくってことはありませんが、続きがあると幸せ❤です。(←さりげなくおねだり!?)
Commented by サラ at 2014-02-13 21:17 x
お預けですか?
それとも、終わりですか?

是非是非 続きを〜 (≧∇≦)
Commented by aki at 2014-02-13 21:27 x
ウンス、どんだけたらふく食べたのやら・・・
てか、やっぱり、ヨン、優しい~~~~~(´∀`)
こんな、男、世界中探しても、多分、ヨン一人しかいないっ!!!
大好きやぁああああΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

誠実、勤勉、実直、イケメン、モムチャン、切れ者、ウンス一筋、こんな男、いないもん。

ウンス、いーーーーなーーーーー( ̄^ ̄)

明日は、バレンタイン、ウンス、手作りチョコでも、ヨンにあげたらいーーーのーーに。

あっ!ウンス、料理上手なイメージないんすけど・・・ぷぷぷ

えー、白花の後で・・・宿屋にて、真夜中編とか・・・ひゃん~
熱い夜だろーーなーーー

いーーーーなーーーーーー\(//∇//)\
Commented by ピヨコ at 2014-02-13 21:37 x
ウンスのご飯を食べるシーンは本当においしそうに食べてくれそうでチャーミングです。夫婦でも伝えなきゃいけないことを
素直に伝えられるヨンはかっこいいです。言わなきゃ伝わらない事があるってのをどっかの誰かにもわかって欲しい(笑)
いつもながら、情景が綺麗で映像化されてしまった。
甘いヨンは本当素敵っす。
最後のちぃぃぃぃさな文に笑ってしまいましたよ。ミチ様。
Commented by kana at 2014-02-13 21:42 x
ウンスがご飯を頬張る姿好きです。
ヨンも幸せを感じるひとときですよね^^

わたしもひんしゅくではないですが・・・
続きがあるとうれしいです(←それとなくおねだり!?)
Commented by mamikoっち♪ at 2014-02-13 21:59 x
なにげない情景ほど、満ち足りた幸せが感じられるものはないです。
書いていただいて嬉しい♪
そうよね、お腹がいっぱいになったら、今度はウンスで心をいっぱいにしないと。
3ヶ月ぶん、埋めないと。
結婚しても、ヨンは敬語なんですね。
いま気がついた(笑)
Commented by ぽんた at 2014-02-13 22:07 x
やっかいで持て余すのは何?何?
ヨン…はっきり私にも分かるように言ってくれないと、あれこれ想像して気になるよぉ~

以前わたし説明好きなのでネタバレになるのでコメント控えます。
と仰ってましたけど…
わたしミチさんの深イイコメント説明…ひそかに好きです。

ひんしゅくとは思いませぬが…
続きが読みたいな…読みたいな…
あっすみません。
最近独り言が増えて…
Commented by みさ at 2014-02-13 22:14 x
やっぱり2人が一緒に過ごしているのをみてると、
胸がギューッとなって、泣けてきちゃいます。
2人の幸せな感じが、凄く良い~です。
Commented by sakuranoki at 2014-02-13 22:23 x
お腹が一杯になって、気持ちも満たされて・・・・・・
穏やかに、そして真摯に向かい合う夫婦の姿・・・・・・

ヨンはやはり「かっこいいですね~」。!!

「白鷺の精」が舞い降りてきて、至福の一時が・・・・・


続きがあると、読み人も幸せで~す。❤
Commented at 2014-02-13 22:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mm5210 at 2014-02-13 23:29
ゴハン粒つけたウンスと世話焼きヨン。

そして、やっぱりMヨン…
「やっかいだ」
「まったく、やっかいです」
「持て余しちまう」
…自分の気持ちですよね、きっと。
このつぶやきに込められた思いの深さ、そりゃあもうハンパないかと。

ヨンの命のことだけを考えて
自分が戻れなくなったとしても
ひとりで天門をくぐって救おうとした
そんなウンスですからねぇー
懐の中にでも入れておかないと、またいつ何時見失っちゃうかも…
そんな不安に苛まれてる?
でっ、「今度は女です」
でっ、この続きは???
あっ、「蜃楼」に続くわけですかね?

あ“—
忘れてました14日…
すべては明日だわ!
Commented by ミジャ at 2014-02-13 23:31 x
何だか……ウンスが旦那さまで、ヨンさんが世話女房みたい…
いいなぁ〜(*^_^*)

暖かい部屋で、お腹いっぱい美味しいもの食べて、暖かい部屋のお布団で……って、三ヶ月ぶり…いや、颶風の出立前夜以来ですか?

ミチさん……
「腹が満ちたら、今度は女です」(キャ〜)なんていう、かっちょ良い〜ヨン旦那さまのお姿、お待ちしておりまする……
明日は、バレンタインデーだし、おねだりしちゃお〜

段々、厚かましくなっていく、おばちゃんですm(._.)m
Commented by 0523you at 2014-02-13 23:42 x
hai,ひんしゅくです(^^♪
な~んちゃって、でもちょっといいたい。だって~、ね~ぇ・・・

「次は女です」の言い方の中に、のちのイルビョン・ヨンの姿が予告されてる気がしました。
甘いであろうシーンは、各自の想像の中で。で、そのあとのまた二人の会話と情景を、みたいです。
ヨンにとって、確かにやっかいで、懐に入れて置くのが一番なんでしょうけど、ヨンの思いと同じように、ウンスのヨンへの思いもそうだから仕方ないじゃん!って、ヨンにいったら、はったおされるかな・・・・
Commented by mana at 2014-02-14 00:27 x
ウンスに食べさせてから食べるヨンが甘いですね(*^-^*)
参月分おなか膨らんだかな?
ドラマでも食べるシーンが好きでした♪
夫婦間でも礼儀はちゃんと伝えるヨンが律儀ですね。

小さな親指姫バージョンのウンス…ちょこまか動いて、ヨン、捕まえるのに苦労しそう(^▽^)
薬草とか集める姿が可愛いかも♪
ミチさんの物語はイラスト情景が浮かびやすいです(^-^)
続き…期待しちゃあダメですか!(笑)
Commented by in2010 at 2014-02-14 00:32
ミチさぁ~ん!
ひんしゅくとは言いません !
『蛇の生殺し?…』 毎日の生活の中でミチさんが紡ぎだす二人のラブラブ物語がどんなに楽しみなことか! 更新を毎日楽しみに待っていて、今日、更新されて『やったぁ~♪』と、ウキウキ読み…。
期待を裏切らず、最高の物語を読ませていただきました!目の前に二人が仲良くご飯を食べる姿が、はっきりとヴィジョンで見えたほどです!
が、お願いです~!つ、続きを~(T^T)
Commented by トナン at 2014-02-14 00:43 x
みち様こんばんは(^^)
今夜は寒いですね。
冷たい雨がさっきから降ってます。
みぞれかなぁ。
チェヨンはウンスが可愛くて愛しくて好きすきて自分の気持ちが制御できなくてやっかいなんでしょうね(^^)

ウンスは素直だし、自分を飾らないですよね。いつだって自分に正直でチェヨンを真っ正面から見つめている。

私も見習わなければ…
Commented by ミジャ at 2014-02-14 00:50 x
あ…
出立前夜じゃなく、「颶風」の出兵前夜……でしたね。m(._.)m

また、颶風、読み入ってしまいました。
ウンス……ヨンアって、呼んでみたのかな?

本当に、ヨンの命を救ってくれてありがとうございました、ウンスや……
Commented by トナン at 2014-02-14 00:51 x
あっ…言い忘れてました(*^^*)

良かったら続きを…(笑)

Commented by 0911--NON at 2014-02-14 00:57 x
今日も素敵でした。幸せな気持ちに顔がデレデレになっております。是非続きをお願いします
Commented by 比古那 at 2014-02-14 01:51 x
二人に共通するのは、『全ては大義のため』

それが、ヨンならチョナ。ウンスならヨン。
総じて高麗に通じるのだから面白いのですよね。

もて余すほどの慕情。毎日溢れて止まらない愛しさにニヤニヤしました。

へっへっへ。いいもんみたわ♪
Commented by れななな at 2014-02-14 09:02 x
ご飯食べてウンスの少し傾いてヨンと見つめあうシーン好きです。
お腹いっぱい幸せいっぱい。何気ない食事中のシーンから愛が溢れ私の涙も溢れてきちゃいます。

続き…お願いしたいなぁ(笑)
Commented by 5874dyre at 2014-02-14 12:33
ウンスさんの食べっぷりは観ててスッキリしますね~(^○^)
テジャンも負けて無い感じかなぁ?っとその後は‥(≧∇≦)♥️
Commented by チビママ at 2014-02-14 22:35 x
素敵なバレンタインプレゼントをありがとうございます(^o^)
ヨンのウンスに対する溢れる想いが伝わって、胸一杯です。
ご飯のシーンはいいですね。
ドラマでも、沢山食べさせてあげますと約束してましたよね?好きなシーンのひとつです。
それを彷彿とします。
この後の二人は、勝手に想像します\(^^)/
雪のバレンタインなんて、当分ないでしょう!
Commented by チェにゃん at 2014-02-15 01:23 x
「腹が満ちたら、今度は女です」

ごめんなさい つい鼻で笑ってしまいました。
ヨンが「女」って言葉使ったので おおっ珍しい♪って思いました。
いいです~~

ごはんもがつがつ食べてくれてとっても良かった。
やっと生きる気力が湧いてきたのね~~って嬉しかったです。
夫婦でもしっかり向き合って感謝して・・・言うことないです^^
Commented by kkkaaat at 2014-02-19 23:45
>るんたさん
お腹いっぱいのところ、ウンスとヨンの大食いな話、
お読みいただき、ありがとうございました。
ヨンは、本当に飢えていることに今気づいたところでしょうから、
しばらくたくさん食べて、体重戻さないとですね。

ヨンは、人に礼を言うのはきちんとしそうな印象ですが、
特にウンスには素直そうな気がします。
部下とかには、ちょっと苦手そうなイメージです。
それが仕事だろっ、みたいな。

続き、結局書いてしまいました(笑)
おねだり、おこたえできているといいのですが!
Commented by kkkaaat at 2014-02-19 23:51
>おひるねにゃんこさん
こういう何気ない場面を書くのが、一番楽しいというか、
ドラマで見たかった部分かもしれないなあ、と思います。
四年離れてて、せっかく結婚したのに、またこんな離れ離れ
の時間があって(いや、お前が離したんだろうというつっこみ
は自分でしときます)、埋めるには、やはり時間が必要かもですね。

続き結局書いてしまいました(笑)
なんだか、ちょっと書き始めたら、楽しくなってしまって。
少しでも幸せ気分になっていただけたらと思います!
Commented by kkkaaat at 2014-02-19 23:52
>サラさん
真面目に終わりの予定だったんですが、
どうかな~って書き始めたら自分が楽しくなっちゃって(笑)

結局続き書いちゃいました。
お読みいただければ幸いです。
Commented by kkkaaat at 2014-02-26 14:27
>akiさん
お返事、大変遅くなってしまってすみませんでした!
白花3へのコメント、ありがとうございました。
チェ・ヨンって、優しさを優しさとして意識しないまま
やっている気がします。
それが当然だからそうする、みたいな。

理想の男性ですね、現在だとちょっと存在が無理というか(笑)

こんな男性現在にいたとしても、取り合いで、すぐ結婚
しちゃいそうですよね。

ウンス、お菓子とか、料理以上に失敗しそうな予感が。
このあとの熱い夜も結局書いてしましました…(笑)
Commented by kkkaaat at 2014-02-26 14:27
>ピヨコさん
お返事遅くなって、ごめんなさい!
ヨンはウンスの生き生きとした様子に惚れ込んだわけですから、
こういうふうに食べる姿は、嬉しいでしょうね~♪
ヨンは対面というか、プライド(正当なものですよ)が高い
ところがありそうですが、だからこそ、自分の弱さとか、
虚栄心とかにも厳しいんじゃないかな、と想像してます。
二人きりのときくらい、甘えたり甘やかしたりしてもいいですよね?
>ちいさな文
いやー、これ私だったら、確実に「ふ・ざ・け・ん・な!」って
液晶に向かって言うよね…と思いまして(笑)
Commented by kkkaaat at 2014-02-26 14:36
>kanaさん
コメントのお返事、遅くなってしまって、すみませんでした!

ドラマの中で、ウンスがご飯を食べている姿が、とっても
かわいいなあ、と思ったんですよね。
これはヨン、惚れるでしょって(笑)

それとなくおねだり、ありがとうございます。
結局、続き、自分でも書きたくなって書いてしまいました♪
Commented by kkkaaat at 2014-02-26 14:37
>mamikoっち♪さん
お返事とても遅くなりまして、すみませんでした。
そうなんですよね、ドラマでは何気ない光景というのは
どうしても少なかったので、なんとなく書きたくなります。
ヨンは、基本敬語かな、と思うのですが、どこか何かの
タイミングで、「もうっ、もっと気楽に話してよ~」と
ウンスに言われて、だんだんとくだけていくんかな、と
想像してます。
Commented by kkkaaat at 2014-02-26 16:19
>ぽんたさん
コメントのお返事、遅くなりまして、すみませんでした。

ヨンはこんなふうに自分の気持ちに振り回されるのは
あまり得意じゃなさそうですよね。
持て余してるのは何? ○欲?(下品すぎ)

深イイ…嬉しいお言葉、ありがとうございます!
コメント、気づくとながーく書いて1コメントにおさまらない
時があり、我ながらうざいなあ…と思うときも(笑)

独り言ですか?
はっきり聞こえてしまいました(笑)
結局続き書きたくなっちゃって、書いちゃいました~。
Commented by kkkaaat at 2014-02-26 16:20
>みささん
2人が一緒に過ごしているの姿、それが見たくて
二次小説を書いたり、読んだりするのかなって
思います。
幸せそうですか? そう言っていただけると、
本当嬉しいです。
お返事遅くなりまして、本当にすみませんでした!
Commented by kkkaaat at 2014-02-26 16:20
>sakuranokiさん
せっかくコメントいただいたのに、お返事できてなくて、
失礼いたしました。

シンイの8割は、ヨンのかっこよさでできていると思う
今日このごろ、ヨンは「かっこいい」と言っていただけて、
すごく嬉しいです!

続き、私も幸せになりたくて書いてしまいました!
やはり二人の時間を描くのが一番楽しいですね。
Commented by kkkaaat at 2014-02-27 19:12
>鍵コメさん
ヨンって、やっぱり現代人の気安さから見ると
え?っていう行動を取る場面が、けっこうあると
思うんですよね。

感情移入してくださって、すごく嬉しいです。
そう、ヨンはウンスと結ばれることで、開かれて
人間として強くなった部分もあり、その分、弱く
なってしまったところもあるのかなあ、なんて
想像してます。

そして後編(笑)
書かせていただいちゃいました♪
なんか久しぶりのパス記事だし書けるかな~、
なんか無理かもなんて思って弱気になってたんですが、
書いたら意外と楽しくかけてしまいました(笑)

レスがとても遅くなってしまって、本当にすみませんでした。
Commented by kkkaaat at 2014-02-27 19:13
>mm5210さん

Mヨン(笑)
すみません、ご飯を吹き出しました!
そうなんですよね…当ブログのヨンは基本Mヨンなんですよね。
強く、毅然とした皆のリーダーチェ・ヨンがウンスの前
では心の柔らかい部分をさらけ出す、そういうのが
書きたいなあ、と思ってるので。

懐どころから、屋敷にただ居てもらうことも難しい。
ウンスはそういう女ですからね、
それがわかっている、
そういうウンスだから好きになった、
と自分でもわかっているので、
ヨンも困っているのでしょうね。

閉じ込めて、安全に安全に守って、
それで満足するウンスをヨンは好きなわけではないので。

続き…続きましたね(笑)
バレンタイン、なんとかお出しできてよかったです。

コメントのお返事、とても遅くなりまして、
すみませんでした!
Commented by kkkaaat at 2014-02-27 19:13
>ミジャさん
ウンス、可愛いし、女らしいところも満載ですが、
年齢的にも自分の力で生きてきたというところもあって、
ちょっとオヤジはいってるかな? と思うときが(笑)
男性の前でとりつくろって、可愛く見せるとか、
もう別に気にしないし、と開き直ってる気がします。

そうなんですよ!
普通の、ごく普通の暖かい部屋、ご飯、布団という
それだけのことがこんなにもなかなかない、という
境遇。ちょっとかわいそうですが、この二人の人生って
わりとそういう時期が多いのだろうなあ、とも
思います。かわいそうですが…。

バレンタインデーのおねだり、おこたえできたでしょうか。
コメントのお返事、ずっと期間があいてしまって、
すみませんでした!
Commented by kkkaaat at 2014-02-27 19:21
>0523youさん
あははは、そりゃひんしゅくですよね。
私だったら、液晶画面に何か投げつけますね(ひどい)
ということで、なんとか続けてみました。

もうこの時から、少しヨン、ずれてるというか、
ちょっと自分を見失っている部分があるのかな、
と思ってます。
ヨンは懐に入れておきたいけど、入れておけるウンスなら
自分がこれほど好きになることもなかった、とわかっている
ので、すごく葛藤しているかもしれません。
ウンスも、おとなしくしているたまじゃないですしね。

お返事、とても遅くなってしまって、失礼いたしました!
Commented by kkkaaat at 2014-02-27 19:21
>manaさん
自分もたいがい疲れ果ててますが、ウンスがどれだけの
冒険をしてきたか、そう思うととにかくウンス優先に
なってしまうヨンな気がします。
私もドラマのクッパ食べるシーン大好きでした!
ヨンのこの律儀さは、歳を重ねるにつれて強くなっていき
そうなきがするんですよね。

親指姫バージョンウンス、内田春菊の漫画にありましたよね?
恋人が小さくなっちゃうやつ、あれを想像してしまいました(笑)
うん、かわいい♪
踏み潰されないか、猫に食われないか、ヨン、ずーーーっと
後ろをついて回りそうじゃないですか?
逆に過保護になりそう(笑)

コメントのお返事、すごく遅くなってしまって、すみませんでした!
Commented by kkkaaat at 2014-02-27 23:06
>in2010さん
蛇の生殺し…、そうそれです!
ねえ、ここまで書いておいて、ってやつですよね。
結局自分でもそんな気持ちになって、書いてしまいました。

ここ二週間ほど、更新ができなくて、すみません!
楽しみにお待ちいただいている、と読んで、
とても嬉しかったです。
そうして楽しみに読んでくださる方がいらっしゃるのですから、
何かしら更新を、と書いてきたのですが、
ここしばらくはそれもままならず…。
早く自由になる時間がほしいなあ、とぶつぶつ言う日々です。

お返事、とても遅くなってしまって、すみませんでした!
Commented by kkkaaat at 2014-02-27 23:07
>トナンさん
ここしばらく、とても寒い日が続いていましたが、
お返事ができていないままに、やや暖かい夜もやって
きてしまいました。 おまたせして本当にすみませんでした。
まだ、しばらくは寒い日もありそうですが。

ヨンは、このように心かき乱されることは、ずーっと
なかったことでしょうから、戸惑っているでしょうね。
できることなら、そういうものから離れてしまおう、
というような日々だったのが、がっぷりですから。

ウンスは、とても可愛らしくて、おしゃれとかも好き
なのに、ほんと飾らない人柄ですよね。
ドラマの最初はその自分を制御してない感じがいらっと
くる風に描かれてましたけど、途中からは、その素直さが
すごく好感が持てるようになって。
私も見習いたいですが、まず外見が…(笑)
Commented by kkkaaat at 2014-02-27 23:12
>0911--NONさん
デレデレになったお顔を想像して、私がとても幸せな気持ちに
なっております!
続き、自分でも書きたくなってしまって、書いてしまいました(笑)
やっぱりねえ(*´∀`*)
コメントのお返事、遅くなってすみませんでした。
Commented by kkkaaat at 2014-02-28 20:18
>比古那さん
そう、この二人を好きにならずにいられないのは、
この筋が通っているところ。
優先順位がきちんとしてて、まず何が大事か、
そのために何をするのか、クリアなんですよね。
憧れます。

ニヤニヤしてくださって、こっちがにやにやですわ(´∀`*)

お返事すごく遅くなってしまってごめんなさい!
Commented by kkkaaat at 2014-02-28 20:18
>れなななさん
ドラマでもおさじを加えて、そんなふうな表情を見せて
くれたときがありましたよね。
わりと、なんかうるさい人だなあ、と思いながらウンスを
見てたのが、あら可愛いわこの人、となって、ヨンのウンス
を見る目がまた急激に優しくなっていくところで、
胸がきゅーんとなったことを覚えています。

お返事、遅くなってしまって、すみませんでした!
Commented by kkkaaat at 2014-02-28 20:18
>5874dyreさん
ウンスが食べるの大好きで、大食い、という設定は、
ドラマ見ていて、素晴らしいと思いました!
やや意地汚い、という印象から、健康的で肝の据わった
女性というふうに、こちらの見る目が変わっていくんですよね。
テジャン、がたいもいいですから、けっこう食べると思います。
寝てばっかしじゃなくなったし(笑)

お返事、とても遅れてしまってすみませんでした。
Commented by kkkaaat at 2014-02-28 20:19
>チビママさん
いえいえ、こちらこそ喜んでいただけて、とても嬉しかったです。
そうなんです、ドラマでも約束してましたよね?
あのシーン大好きです。
気軽な約束風でしたが、ヨンにしてみれば、
意外と重要なこととして認識してそうな…(笑)
ほんと、大雪のバレンタインなんて、生まれてはじめてかも?
続き、せっかくの想像を壊してないといいのですが。

お返事、遅くなってしまってすみませんでした!
Commented by kkkaaat at 2014-02-28 22:24
>チェにゃんさん
鼻で笑う、正解です(笑)
ヨンたら慣れない言葉使っちゃって、少しやんちゃだった
若い時を思い出しているのかしら、的な感じで書きました。

ウンスに食べさせるのはもちろんですが、
自分も三ヶ月分、お腹がすいていることに、気づく余裕が
出てきたのだと思います。

ウンスの行動に、最初は腹を立てたけど、どんな思いで
そういう行動に出たのか、ヨンはそこは慮ることができる
人じゃないかなあ、って思うんですよ。
部下とかもすごく大事にする人ですしね。

コメントのお返事、遅くなってしまって失礼いたしました!
<< 【シンイ二次】白花 4 【シンイ二次】火、狩人6 >>

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のコメント
ウンスノートから読んでし..
by 比古那 at 13:31
あー、やっとたどり着けま..
by 比古那 at 10:48
みちさん お元気でしょ..
by mm5210 at 12:59
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
ブックマーク
以前の記事
検索