筆記



【シンイ二次】北斗七星2



話は一年半ほど遡る。

ウンスが、王妃のお召しで皇宮を訪れた日は、突然訪れた早い春風で、
雪が溶けて城までの道がひどくぬかるんでいた。
馬を使ったが、その乗り降りだけで足を膝まで覆う布靴が泥まみれになる。
それでも厳しい冬の寒さの中にぽかりとあらわれた春らしさに、
ウンスは心が晴れ晴れとするのを感じていた。

王妃もまた、同じ心持ちなのか、普段通りの落ち着き払った表情であるのに、
顔色もよく、どこか弾むような気配があった。

「このような日に、呼び寄せてすまなかった」

王妃はそう言うと、小さな円卓を囲む三つの椅子の一つに、ウンスを座らせる。
見計らったようにチェ尚宮が、茶と茶菓子を運んできた。
それを卓に置いて、入ってきた開き戸を音もなく閉めると、
部屋の中には、ウンスと、王妃と、チェ尚宮の三人だけとなる。

妙にシン、と静まり返っていて、
ウンスはすでに廊下の人払いがされているのだと、気づいた。
王妃はじっとウンスを見ていて、チェ尚宮は黙ったまま茶をつぎ、
まずは王妃の前に、次にウンスの前に茶を置き、
最後の椀に茶を注ぐと、一つ空いていた席の前に置き、
自分がその席に音もなく座った。

なんとはなしに、いつもとは違った空気を感じて、
ウンスは王妃とチェ尚宮を交互に見る。
どうぞ、召し上がられよ、とチェ尚宮は低い声でウンスに勧めると、
自分も茶碗を手にとって、さあ、とウンスにうながす。
ウンスはわけもわからずに肩をすくめると、一口熱い茶をすすり、
ふう、と息を吐いた。

「ユ・ウンス」

そう呼んで、王妃はためらいからではなく、
その後の話の重みのためにしばし黙りこんだ。

「今日呼んだのは、大事な話があるからです」

王妃は、自分の茶椀には手をつけず、ウンスが茶碗をいったん置いたのを
見計らって口を開いた。

「なんでしょうか」

ウンスは王妃に向かって座り直し、話を聞こうとして
わずかに顔を傾ける。
王妃の視線が、ウンスからふとチェ尚宮に流れる。
チェ尚宮は、ほんのわずかに首を縦に振って、
力づけるように王妃の目を見つめ返す。
王妃の瞳がウンスの顔に戻ると、そのきりりとした唇がゆっくりと開かれた。

「私、子を宿したようなのです」

ウンスの目が丸く見開かれ、口が今にも叫び出しそうに大きく
開かれたが、チェ尚宮が急いで手を伸ばすと、その口をふさぐ。

「お静かに。まだ内々の話ゆえ」

チェ尚宮がそう言うと、ウンスは急いでうなずいて、
口から手を押しのける。

「おめでとうございます」

ひそひそと声を潜めてみたが、浮き立つ調子はありありとその中に
含まれている。王妃は身体を揺するようにして喜びの言葉を言う
ウンスに、嬉しそうにうなずいた。

それから何かを言おうと思うのだが、
突然ウンスは自分の視界がぼやけたのに驚いて口をつぐんだ。
ぼやけた原因は涙で、それがほとんど溢れそうになったところで、
ウンスは初めて自分が泣きそうなのだと気づいた。

途切れ途切れに息を吸っていると、
素早くチェ尚宮が手布を懐から出して、ウンスに渡す。
ウンスは目にそれを押し当てると、くぐもった声で王妃に言う。

「わたし、う、嬉しくて」

徳興君のたくらみで、最初の懐妊がふいになってから、
十年以上の歳月が流れている。
もらい泣きしそうになって、チェ尚宮が顔を横に向けて口元を固くした。
その頬に入る皺は幾分深くなっているのに、王妃はあの時と、
変わらぬ風貌を保っている。
王妃はそうしたウンスの様子を、じっと無言で見つめている。

「悪阻はあるのかしら。あっ、見立てをいたしますか?」

涙を拭きながら、最初の問いかけは友として心配から出た言葉だった。
が、続いたのは医員として自分が呼ばれたのではないか、
ということに思い当たったウンスの医師として言葉だった。
いいえ、と王妃が首を振る。

「そのために呼んだのではないのです」

王妃の顔が喜ばしさでかすかに紅潮すると同時に、
目元や口元に喜びには似つかわしくない強張りが見えることに
ウンスは気づいた。はしゃいだ空気がすうと引いていく。

「何か、…問題でも?」

いいえ、万事順調です、と王妃はしっかりとした口調で答える。
横からチェ尚宮が、ウンスの腕をぐっと握った。
思わず顔を向けると、ほとんど睨みつけるように、ウンスの目を見つめて言った。

「これから大事なお話をなさいます。
声を上げたり、騒いだりしてはならぬ」

わかったか、と念を押すのと同時に、チェ尚宮の指が腕に喰いこむ。
すい、と王妃の手が上がり、チェ尚宮の指に優しく触れた。
チェ尚宮は、はっと我に返ってウンスの腕を握る手の力を緩める。
浮いていた腰を椅子におさめて、チェ尚宮は顔をうつむけた。
王妃が口を開く。

「この子を」

王妃は、まだ胎動もなさげなその存在を探るように、
自分の腹にじっと手を当てる。
一度俯いた顔が上がる。

「そなたの子として欲しいのです」




にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
by kkkaaat | 2014-07-30 22:53 | 北斗七星【シンイ二次】 | Comments(20)
Commented by kaori373minami at 2014-07-30 23:07
えええぇぇぇーーーっ!!!
なにっ?
ってことはっ!!!
チェヨンのだいていた赤ちゃんはっ?
わかりませぬっ!
まだわかりませぬっ!
……衝撃の展開ですかっ?
みちさまっ!
……まちまする……。
Commented by mm5210 at 2014-07-30 23:49
まことに衝撃の展開でございまする!

前のお話で、チェ・ヨンが「どうしたってお会いになりたいだろう」といっていた意味がわかったような…

しかし…王妃の真意とは?

第三話、いよいよ謎が明かされるのでしょうか??

何で北斗七星なんだろう???

もろもろ楽しみにしてます。

P.S.
キャンプ!
良いですね。
いい天候でありますように。

Commented by ミジャ at 2014-07-31 00:18 x
やった~!
・・・っと思ったのに、王妃様に、なにがあったのでしょうか・・・
十年以上経ってやっとお子が授かったのに・・・

ヨン、ウンスにも赤ちゃんが~!と嬉しく思ってたけど、もしかして・・・・・
次のお話まで、ドキドキですが、楽しみに待ってます。

ミチさん、お仕事、夏休み・・で大変ですが、無理されないようにしてくださいね。
キャンプ、楽しんで来てくださいね。
Commented by 比古那 at 2014-07-31 04:23 x
あら。ってことは…のまた悪い癖。
だからあんなに丁寧にヨンパパは諭していたのか?

知っている、ということなのかしら。

もし、姫だったりしたら後々皮肉なお話。
Commented by ぽんた at 2014-07-31 07:00 x
ミチさん…
どうゆうこと⁉
あぁ~ただただびっくり(-_-;)
Commented by ピヨコ at 2014-07-31 07:25 x
えっ??えぇ???どうなってるの??
王妃様がとても心配です…
なぜそうしなければならなかったのか…
ちょっと心苦しいですね。
続きが気になっちゃう~(≧▽≦)
楽しみにしています。

キャンプ皆さんで楽しんで下さいね~
お気を付けて!!
Commented at 2014-07-31 08:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-07-31 13:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mamikoっち♪ at 2014-07-31 14:50 x
びっくりしました。
なぜ?
お考えがあることでしょうが。
もう、続きがたまらなく読みたいです。
ガマンします。

お帰りお待ちしています。
たのしんできてくださいね〜
Commented by aki at 2014-07-31 21:22 x
どゆこと?どゆこと?

おー(@ ̄□ ̄@;)!!
やっぱり、惹き付けてやまないとは、このことです!
キャー。
展開が、楽しみでしゃーない。

忙しい中の更新、ほんとーに、ありがとうございます。
どこまでも、待ってまーすっ。
Commented by shinobuchin at 2014-08-01 01:20 x
お疲れ様です。コメント用の自分の名前を忘れたマヌケ読者です(笑)

昨日1話目を読ませて頂き、嬉しくなっていたところで2話目のこの展開…‼︎
流石です〜(≧∇≦)

確かに、1話目の最後のヨンの言葉が気になってはいましたので、その答えが2話目の王妃様の言葉なのかな…と。

ますます続きが楽しみになりました。
ありがとうございますm(__)m

気長にお待ちしてますので、キャンプ楽しんできて下さいね!
お気をつけて〜( ´ ▽ ` )ノ


Commented by at 2014-08-02 00:05 x
お疲れ様です。落ち着かれたのでしょうか。
一話目、ヨンの時折の敬語と幸せの向こうにチラリと覗く影がいったい…?なぜ王様が?となっているうちに、更新!余計に「?」が。では二人に実子がいないのかと、ちょっぴり寂しくなり…。ああ、やっぱり一気読みの為に我慢しておけば良かったかもしれません。
お体第一に御自愛くださいませ。
Commented by mayu at 2014-08-02 16:16 x
お忙しいのに有難うございます。

???って、思わず1を読み直しました。
どんな事情で?等々考えてしまいます。
悲しい場面もあるようですが、どんな展開であれ楽しみにしています。
夏バテに気を付けて下さいね。
Commented by きょうこ at 2014-08-03 01:26 x
初コメです。実は家族のことで辛い思いをしてました。こちらのブログに巡り合えて「救われた」気持ちになれました。こんなこと言われても困っちゃいますよね?ごめんなさい。素敵なブログの管理人さんと仲良くしていただきたいなぁって… これ私のです↓

xxvcocovxx@ezweb.ne.jp

熱い日が続いてます。お身体ご自愛ください。
Commented by ずん at 2014-08-03 10:49 x
え?
赤ちゃんは、ヨンとウンスの実子じゃなかったのでしょうかっ?!
なぜ、そんないきさつに?
何かから、大切な赤ちゃんを守る為に?
1話の最後の方のヨンの潜めたつぶやきと、赤ちゃんへの視線は、そういうわけなんでしょうか?!

良い意味で裏切られ、ワクワクします。
さすがです!
続きがとても楽しみ♪
Commented at 2014-08-03 23:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by アヤ at 2014-08-07 22:44 x
ミチ様 久しぶりにお邪魔しました

新章拝見しました
ハラハラします どうなって行くのでしょう
楽しみに待ってます
Commented by ハチ at 2014-08-12 09:15 x
初めてコメントさせていただきます。
去年、シンイ最終回のあと、心にぽっかり空いた穴を埋めてくださったのがミチさんの筆記でした。再開を待ちわびておりました。
まだまだお忙しいようですので、どうぞお体を大切に。更新楽しみにしております。
Commented by チェにゃん at 2014-08-12 11:11 x
ミチ様 お久しぶりでございます。
まさか!な展開に
口が開いたまんまです。
やはりミチ様・・・
読者鷲掴み!!!!!
展開が気になります。。。。。

更新ありがとうございます。
これからも楽しみです。
Commented by ヨコヨン at 2014-08-12 11:18 x
ミチさん、お帰りなさい!!
更新記事見つけ、とても嬉しかったです。

王妃さまの赤ちゃんが何故、チェ家に…?
続き、気になります(・~・`)
<< 【シンイ二次】北斗七星3 【シンイ二次】北斗七星1 >>

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のコメント
ウンスノートから読んでし..
by 比古那 at 13:31
あー、やっとたどり着けま..
by 比古那 at 10:48
みちさん お元気でしょ..
by mm5210 at 12:59
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
ブックマーク
以前の記事
検索