筆記



【シンイ二次】バレンタイン1

ウンスが身を隠すために、ウダルチの兵士として、チェ・ヨンの部屋に匿われていた頃のお話です。バレンタインの頃は、たぶんウンスはまだ発病はしておらず、チャン侍医も生きていて、わずかな平穏を甘受していたころ、と思ってます。2話で終わります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チェ・ヨンは、何か考え事をしているふうで、ややゆっくりとした
足取りで長和殿へと続く中庭に面した回廊を進んでいた。
ふい、と何かが心に兆して顔が上がると、わずかに足が早まる。

その顎はもう少しだけ上がって、目の中に光が灯る。
急ぐだけの足だったのが、自然と駆け足になって、
チェ・ヨンはいっさんに走っていた。

目は、まだ眼前に現れてはいない求めさがすものへと、
真っ直ぐに向けられている。

―あの人のもとへ。

いつの間にか、頭の中がそれだけで占められている。
薬草園に入る簡素な木門をくぐり、脇目もふらずに典医寺の建物に
足を踏み入れる。

―ここだ。

誰に確かめたわけでもなかったが、チェ・ヨンには、予感があった。

―あの人は、ここにいる。

部屋の前を一つ一つ通り過ぎながら、チェ・ヨンの予感は
確信へと変わる。
この部屋でもなく、この部屋でもなく、あの、あの扉の向こうに。
チェ・ヨンの両手が扉にかかる。
そして、勢いよく手間に向かって大きく引き開けられる。

「医仙! 何をやっている!」

チェ・ヨンは鍋の中身をかき回しているウンスを発見して、
大きな声を上げた。

「あら、テジャン」

ウンスは、険しいチェ・ヨンの顔などものともせずに、
にっこりと頬に笑いを浮かべて、木べらを持ち替えて空いた手で
チェ・ヨンに軽く敬礼してみせる。

「隊長室から出ぬよう、言っておいたはずですが」

チェ・ヨンはウンスの傍に歩みを進めて肩をつかむ。
ウンスは手を止めずに、上目遣いで尋ねる。

「ねえ、どうして私がここにいるってわかったの?」

誰にでもわかります! とチェ・ヨンが歯噛みするように言う。

「皇宮中に甘ったるい匂いが漂っている。皆仕事にならぬ!
こんなことをするのは、一人しか考えられません」

匂いのもとをたどってここに参りました、簡単にあなたを見つけられましたよ、
とチェ・ヨンが苛ついた口調でそう言うと、ウンスはさすがに、
小さくしゅんとなる。

その横に、今にも逃げ出しそうにして、なんとか鍋の影に隠れようと
でも言うように腰をかがめるチュンソクとトクマンの姿を見つけて、
チェ・ヨンの目尻がひときわ釣り上がる。

「プジャンチュンソク、トクマン!」

名前を呼ばれて、二人はしまった、と目をぎゅっとつむり、
ぴしりと両手を身体の横に揃えて直立不動になる。

「お前らはいったい、何をしている」

今度こそ本当に歯ぎしりが聞こえそうな勢いで、チェ・ヨンは怒鳴りつける。
チュンソクが額にうっすらと汗を浮かべながら、答える。

「医仙殿が、是非とも作りたい薬があるゆえ、手伝いがほしいと
おっしゃったので、ウダルチより二名、護衛を兼ねて
不肖わたくしとトクマンがその任にあたっておりました」

テ、テジャンより医仙殿の要望には可能な限り応えるようにと
命ぜられておりましたゆえ、とトクマンが勇気を振り絞って言う。

「これ、が、薬、か!」

糖蜜とスパイスと、何かを混ぜたものを煮詰めるとにかく鼻の穴の奥から
耳の穴まで甘くなりそうな匂いを、くん、とひと嗅ぎしてみせて、
チェ・ヨンはチュンソクとテマンの腹を、剣の鞘で一発ずつ小突く。
ウンスが慌てて、割って入り、二人を自分の背中に隠す。

「ちょっと待って。わたしが頼んだの。お菓子みたいな匂いで、
飴菓子みたいだけど、身体が温まって気持ちもこう元気になるし、
風邪気味の喉にも効くのよ」

大鍋をかき混ぜるのはすごく力がいるの、たくさん作りたかったから、
二人にお願いしたの、怒らないであげて、と説明するウンスの肩ごしに、
チェ・ヨンは二人を睨みつける。
これが薬だと? とウンスを押しのけようとしたときだった。

「テジャン、医仙のおっしゃるのは、あながち嘘ではありません」

チェ・ヨンが振り返ると、先ほど開け放した扉からチャン侍医が
入ってくる。
鍋の横にある乳鉢を手に取りながら説明する。

「これは肉桂、血の通りを良くし身体を温める。こちらは丁子といい、
刺激があり気持ちの高揚を呼ぶので、士気を高めるのには良いでしょう」

こちらは月桃、紅花、と鉢をいくつか取り上げたあとに、
チェ・ヨンに歩み寄り、その肩に手を置く。

「鍋の中のものはもう少し煮詰めて乾かせば飴になり、
兵士たちが携帯できる菓子になる。彼らの身体に良い菓子を作りたいと
医仙よりお申し出があり、典医寺の設備をお使いいただいたのです」

チャン侍医の助け舟にウンスは、そうそう、と顔を明るくして
うなずいてみせる。
ほら、あなたも味見してみて、と匙にすくったそれを口元に
差し出されて、チェ・ヨンはけっこうとその手を押し戻す。

「あなたが兵士たちの責任者でしょう? もしこれをチョナが
お認めになったら、戦場にだって持っていくのよ。
ちゃんと味もみて、開発に協力してもらわないと」

とウンスがもっともらしく言うと、チャン侍医もややわざとらしく
深々とうなずいてみせ、目立たぬようにウンスの後ろで縮こまっていた
チュンソクとトクマンもここぞとばかりにうなずいてみせる。
否定する言葉が見つからずに、チェ・ヨンは口を引き結んでいたが、
ウンスが、ほら、と匙をもう一度口に近づけると、
しかめつらをしたまま、わずかに口を開ける。

ウンスはしてやったりと、にやついた笑顔を浮かべて、
あーん、とチェ・ヨンの口に丁寧に匙を差し入れる。
チェ・ヨンが舐めとるとすぐに、どう? と反応を見る。

「まあ、悪くは、ない」

ぶっきらぼうに言い捨てると、皆が自分の顔を注視しているのに
気づいて、急いで口元を手の甲で拭うと照れ隠しのように言う。

「チュンソク、トクマン、医仙の手伝いを続けろ。
ただし終わったらすぐに兵営に戻れ。それから」

チュンソクとトクマンが答えるのを確かめると、今度はウンスに
顔を向ける。

「終わりましたら、部屋に戻り、出歩かぬこと」

それと、とちらとチュンソクとトクマンを見ながら続ける。

「力仕事などは、すべて二人にやらせて、ご自分は無理なさらぬよう」

くれぐれも、と言うと、チャン侍医にそれでは頼む、と言って、
チェ・ヨンは扉を出て行った。

(続く)


にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
by kkkaaat | 2015-02-14 23:59 | 短編【シンイ二次】 | Comments(12)
Commented by ミジャ at 2015-02-15 00:54 x
ミチさん、こんばんは。
ヨンはウンスの事が心配でたまらないのね…
ドラマで、ウダルチ隊員にお茶を作って飲ませてあげてるシーンを思い出しながら読ませてもらいました。
チャン先生もいて嬉しいです。
続きのお話、楽しみに待っています。( ´ ▽ ` )ノ
Commented by 皐月 at 2015-02-15 01:00 x
ミチさんこんばんは。凄くお忙しくて大変な中、更新ありがとうございます。
またこうしてミチさんの書かれる「シンイ」の世界を読むことが出来て、本当に、本当に嬉しいです(*^^)v
バレンタインに、すっごく大きくて貴重なチョコレートを貰ったみたい^^;

この、ウンスがウダルチとしてヨンの部屋に匿われてる時期は、心配事は多々あっても、二人がお互いの気持ちを確認しあって(ある意味ラブラブ?)な時間なので、小説版でも絶対読みたいって思っていた場面だったのです。
それが、こうして、ミチさんの筆で読めるなんて!(^^)!
ワクワクしながら文章を追ってしまいました。
後編も楽しみにしておりますが、それ以上に!!
これからもミチさんの二次小説の続きを、楽しみに待たせて頂けたらと願ってます。

Commented by ぽんた at 2015-02-15 07:04 x
素敵なチョコならぬお話を頂戴しました。
ありがとうございます❤
ウダルチが並んでウンスから受け取るシーンが
妄想出来ました。トクマンはニヤニヤで…(笑)
Commented by yosi at 2015-02-15 07:26 x
ミチさま
ウンスが大好きな人達と一緒だった あの頃の様子が思い浮かびました。バレンタインにステキなお話をありがとうございました。
続きを楽しみにしています(^-^)
Commented by mm5210 at 2015-02-15 07:26
早足が駆け足に…
チェ・ヨンの心がそうさせているのですね
お忙しいところありがとうございます
ニヤニヤと楽しませていただいております

続きお待ちしております
仕事中だって読んじゃうんだから(。’▽’。)♡
Commented by choco at 2015-02-15 12:48 x
みちさま
お話 ありがとうございます
ヨンは、ウンスが心配で心配でたまらないんですね
チュンソク トクマンの しまった!目に浮かびます
後半 楽しみに待ってまーす 
Commented by まろん at 2015-02-15 13:26 x
どこにいてもウンスのことをすぐに見つけられるんですね。
ちっとも大人しくジッとしていなくて、いつも危なっかしくて、でもそんなウンスから目が離せなくて呆れるくらい振り回されても守りたくてという感じなのでしょうか?羨ましい(≧∇≦)

さりげなくだけど心強いフォローをしてくれるチャン侍医...やっぱりステキ!お話に登場してくれて嬉しかったです。
続き楽しみにお待ちしています♪
Commented by ポチッとな at 2015-02-15 19:51 x
お話、ありがとうございます。
とっても嬉しいです。
チェヨンくんは、ウンスちゃんがどこに居ても見つけ出しちゃうのですね。
しぶしぶ味見しているお顔が、あのお茶を飲んだ時のお顔とダブります。
後編も楽しみにしています。
Commented by aki at 2015-02-15 21:18 x
ウンス、一生懸命やなぁ。
でも、ヨンも愛してるウンスのやることは、内心うれしいんだなって。←顔に出てる~ぷぷ
2話は、どんな展開かなぁあ。
楽しみなっし~。
Commented by ままちゃん at 2015-02-15 22:48 x
いつも気になって、いつも心配なのに顔を見るとつい小言の様になってしまうヨンですね。チュンソク達のプッシュとチャン侍医のniceフォローでヨンもやっと重い口を開けてくれました❤
お口にあ~ん。どんな顔をしてたんでしょうね。にやける顔を無理にしかめっ面に変えてる感じかしら?
続きがとても気になります。
楽しみにしていますね。
Commented by たまうさ at 2015-02-16 00:08 x
わぁわぁわぁ~♪
ウンスがチェ・ヨンやウダルチ達と
寝食を共にしていたあの頃のお話なんですね~。
楽しいお話です~コレは続きが気になります♪
ばっちり場面をイメージしながら読ませて頂きました~。

それまではニッコニコでお手伝いしていたのに
テジャンが入ってきて、マゴマゴしているチュンソクとトクマン。
穏やかな佇まいで、いつも的確な言葉を発するチャン侍医。
みんなにあげるお菓子作りを楽しんでいるウンス・・笑顔が美しい。
そして、ちょっと不服そうな、でもウンスの顔を見られて
嬉しいチェ・ヨン。
ふふ。お口ア~ンが微笑ましい。
ウンスが気になるから、ホントはもっとそこに居たいけど
みんなの手前、出ていくチェ・ヨン。。。きゃぁぁ~~
もう、ミチさんのお話、大好きです♪
ありがとうございました!
Commented by kkkaaat at 2015-02-21 00:43
皆様、あたたかいお言葉を、ありがとうございました!
後半を楽しみに待っている、というお言葉のなんと嬉しいことか~♥
本当にぽつりぽつりとしか更新できないのに、柔らかくほわんと受け止めてくださる皆様のおかげで、気持ちをらくーに書き続けることができてます。
バレンタインのほんのり甘いお話、楽しんでいただければ幸いです!
<< 【シンイ二次】バレンタイン2(終) 【シンイ二次】触れもみで4 >>

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のコメント
ミチさん、おはようござい..
by ミジャ at 08:01
ウンスノートから読んでし..
by 比古那 at 13:31
あー、やっとたどり着けま..
by 比古那 at 10:48
みちさん お元気でしょ..
by mm5210 at 12:59
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
ブックマーク
以前の記事
検索