筆記



【シンイ二次】スリップ1

こんばんは。

いま、火、狩人の続きを書いているのですが、根気よく書かなくてはいけないパートが続き、ちょっと息苦しく。そんな中でネットサーフィンをしていたら、なんと、ミンホさんが先日日本でトークコンサートをして、そのときに、シンイのあの告白のセリフを演じられたとか!!! 
けっこうシンイに触れてくれたみたいですね、びっくりです。そして、ちょっと嬉しくて。

あ、いまさらなことを言っているのはすごーーーくわかってます。
ミノペン(と言うんですよね?)の間では、何いまごろ言ってるの、な話題であること。
しかし、知った私の脳内に、くだらないおかしな妄想がむくむくと。
かなり脱線した話で、純粋なシンイの二次ではなく、たぶんナマモノジャンル(実在の人物を扱った二次創作)にあたる話です。息抜きに書きたくなっちゃって。
4話くらいでしょうか、っていうかちゃんと終わらないかもですw

よかったら、何このアホな話、と読んでいただけたら幸いです。

【注意】
・ドラマシンイとナマモノの中間くらいのお話です。純粋なシンイ二次ではありません。
・ギャグ寄りです。
・役者さんご本人はシンイで見た範囲の印象で書いているので、イメージギャップがあることをご了解ください。

※実はミンホさんのことは、本当にうとくてあまり知りません。口調や雰囲気なども、シンイのインタビューなどで見た範囲なので、一人称「僕」でいいのかさえ、ちょっとあやふやです。こういう人なんだよ、というのも、教えていただけたら幸いです。

ご了解いただけたら、どうぞ~♪












「……テジャン…? テジャン…でいらっしゃいますよね?」

僕は、そう呼びかけられて、わずかに自分を取り戻した。
目の前には、見知った顔だ。
ここは…どこだ…?
この男は…。
なんという名前だったか、そう、ギュンサンだ、ユン・ギュンサン。
一歩後ずさって、顔だけではなく、そのほかの部分も目に入る。

―違和感しかない、髪型も、衣装も。

そう、衣装…だよな、なんだ、夢なのか?
この姿が日常だったときもある。
ここは撮影現場なのか、おかしいな、撮影はもう何年も前に終わったはずだが。

「テジャン、いかがしましたか、その、その、おかしな…いやっ、言い間違えました! 
見慣れぬ装束は」

チョナよりご下賜がありましたか、あーっ髪はどうされたんですか、
このように短く切られて、と慣れなれしく話しかけてくるこいつはまるで――

まるで、そう! トクマンだ。

「トクマン!」

思わず口に出た。
もしや医仙がこうしろとおっしゃったんですか? 天界の髪型でしょうか、
とまくしたてていたギュンサンは、ぱっと顔をあげる。

「はいっ!」

あ、これは夢なんだな、と納得する。
目の前にいるのは、テレビドラマ信儀で主役のチェ・ヨン将軍を演じたときに、
共演したユン・ギュンサンで、役名はトクマンで、あたりを見回せば、
開京の街並のセットだ。
エキストラだろうか、街人も行ったりきたりしている。

リアルな夢だなあ、

というか夢の中にいてこんなにはっきり夢だと意識したことは、
うまれて初めてだと少々感動した。

「ってことは、僕、テジャンってことだね」

我知らずにつぶやくと、ギュンサンが怪訝な顔で俺を見る。

「えーと、きみはギュンサンなの、トクマンなの」

尋ねると、は? と首をかしげた後に、
俺はトクマンですが、テジャン、何かありましたか? 
と聞いてくる。
そうか、この夢の中ではトクマンなんだな、と飲みこんだ。
テジャンを演じてるミンホじゃなくて、テジャン、と上書きする。

「トクマン」

こんな調子だったかな。
声を出してみると、案外しみついているもので、
意外とそれらしく自分でも聞こえた。

「今は何をしている」

トクマンは、ぴしりと姿勢を正す。

「只今は、ケギョンを警らし、これより城へと戻るところでありました」

じゃあ、僕もいっしょにもどろうかな、と呟くと、
トクマンは眉をしかめて俺の顔を恐る恐る覗きこむ。
おっと自分はテジャンだった。

「俺もともに戻る。警らの様子を見させてもらう。先導しろ」

そう言うと、はいっと大きな声で答えて、
少し離れたところにいたウダルチの一群の元へ小走りに戻る。
僕は少し離れて、歩き出した一群の後を追う。
がっしりしてるあいつはチュソクと言ったっけ、
ペクさんがやってた副隊長のチュンソクはいないなあ兵舎か?
チャンムク――役名は、そうだ、トルベだ、トルベ。
離れて歩いていると、だんだんと記憶がよみがえってくる。

それにしても、よくできた夢だな…、暖かな湿った空気も、埃っぽい匂いも、
一糸乱れず演じ続けるエキストラたちも。
あまりのリアリティに妙に不安な気持ちなる。
今まで温度や匂いを夢の中で感じたことなどあっただろうか?

歩いていると、人の視線を感じる。
確かに、この本当によくできたセットの中で、
僕だけが現代のかっこうをしていて、確かに浮いている。
あ、セットじゃないのか……?
ドラマの中の世界、か。

そろそろ覚めてもいいころなのに、歩いても歩いても、いっこうに目が覚めない。
それに、もうけっこうな距離を歩いている。
暖かさもあって、汗ばんできた。

……汗ばんで…きた…?

夢で、汗ばむことなどあるだろうか。
むくむくと何かがおかしいという気持ちが膨らんでくる。
なんなんだ、これは、おかしい、夢だろう、そう考えこんでいるときだった。

「ねえちょっと」

急に話しかけられて、顔を上げると、またもや見知った顔だ。
火功の使い手の、えーっと役名は、そう、ファスイン!

「どうしちまったのさ、そのかっこう」

顎ですくうように俺の服装をさしながら、ファスインがそう言った。

「おかしなかっこうだねえ」

横の髪の白い男が、口の片方だけをかすかにあげて、馬鹿にしたように笑う。
こっちの髪の白いほうが、風功の使い手のチョ、チョ、チョヌムジャ、そうチョヌムジャ。
いやそれを言うなら、こいつの方がよほど。

「ファスイン、と、チョヌムジャ」

確かめるように、そう指さしながら言うと、二人は怪訝な様子で顔を見合わせる。

「ああそうだよ、それがどうかしたかい。
なんだい、髪といい、服といい、もの言いといい、けったいだね、気味が悪い」

気味が悪いとは、テジャンに向かって失礼だぞ! と声がして、
気づくと俺の後ろにティムウダルチ(チームウダルチ)がむらがっていた。
いや時代劇的にきみらも相当あれだよ、と内心思っていると、
トルベが槍をドンと地面について、一歩前に出る。

「テジャンにむかってなんだその無礼なものいいは! お詫び申し上げろ!」

ああこいつ、熱血キャラだったなあ、と思っていると、
ファスインは引かずに、むしろ胸を突き出すようにしてトルベに詰め寄る。

「あら、なあに、おかしなものをおかしいと言っただけよ。
あんたの前じゃ、正直にものも言っちゃいけないのかしら」

胸を大きくあけて、(たぶん、寄せて上げて、)胸元を強調した衣装に、
トルベは目のやりどころに困ってわずかに後ろににじり下がる。
トルベ役のチャンムクとは、けっこうエロ話をしたなあ、とどうでもいいことを思い出す。


片眉を上げて、ウダルチを睨めるファスインの横で、
チョヌムジャが僕を睨みつける。
え、何、僕ですか?
ゆっくりとその手が、抱えていた笛を口元に持ち上げはじめる。

「えっ、まずいでしょ」

と思わずつぶやく。たしかこのキャラ、笛の音で攻撃するはず。

「ちょっと待ってよ」

とひょいと腕を伸ばして笛を握ると、チョヌムジャはこっちをぽかんと見る。
いやほら、この笛を吹かれると、みんな音功で動けなくなっちゃうから、
と何事かと僕を見るウダルチに説明すると、
チュヌムジャはみるみるうちにわなわなと震えだし、
いきなり何かが鞘走った。

「あぶないっ!!」

いきなり、ほんとにいきなり目の前に小柄な男が出現して、
そう叫んだと思うとキンっと金属音がして、
チョヌムジャが手に持った小剣の刃をはね上げた。
あ、あぶっ、あぶなっ!

模造刀とは違う、鋭く硬い刃鳴りに、身体が咄嗟に反応して、
すばやく後ろに飛び退いた。

「テジャン、俺がやります」

僕の前に、身体を低くして、短剣を構えたこいつ。
後ろ頭しか見えないけれど、このぼさぼさの爆発頭、この舌足らずな話し方。

「ジョンムン、おまえ」

と言った瞬間に、ウダルチ、ファスイン、チョヌムジャがいっせいに、
首をかしげて、ジョンムン? と小さくつぶやく。
あ、違う、違う、やり直し。

「テマン、下がれ」

なんだか一触即発の空気で、夢なのに緊張感がある。
アクション系の夢だなあ、と思いながらふと手の甲にきりきりするような痛みを感じた。
なんだ、と見下ろすと、一筋赤いラインが入って、そこからたらーりと…。

あ、血だ。
って、いってえええええっ!
痛い? 痛いよね、これ。
とりあえず、お約束で頬をつねってみる。
手の傷と頬と同時が、しっかりと実感を持って痛んだ。

「おーーーっ」

驚きで思わず声が出た。
なんだこれ、夢じゃない!?
怪我、してるぞ、これ。
傷の痛みと、夢じゃないのかというパニックで、
僕は思わず、チョヌムジャの肩を突き飛ばす。

「おまえっ、これやりすぎだろう。どうするんだよ、なんなんだ、これ」

あまりの剣幕に、チョヌムジャだけでなく、ファスインも、ウダルチも、
テマンも呆然とこっちを見て動きがとまっている。

「うわっ、夢じゃないのかよ、これ。なんなんだ」

ストレスには強い方だし、なんでも笑ってすませる性格だ。
でも混乱で自分を抑えられずに、やばい、やばいと口走る。
それでも、じっと自分を見つめる視線に、はっと我に返った。

「あ……」

ええと。
これが、夢じゃないとして、僕は何をどうすれば正解なのか。
少し、考える時間をくれませんか?
そう言いたかったが、決して言うべきじゃないのだけはわかる。
僕の顔を覗きこんでいたテマンが、じり、と後ろに下がる。

「なんだ、こいつ」

あれよあれよという間に、顔つきが変わる。

「テジャンじゃないぞ」

戦うために、チョヌムジャにむかって腰を低く構えていたテマンは、
すっくと立ち上がって、俺を指差す。

「お、おい! こいつ、テジャンじゃねーぞ!」



(続く……のか?)



by kkkaaat | 2016-03-06 01:23 | パラレル【シンイ二次】 | Comments(4)
Commented by kotomisa 884 at 2016-03-06 02:38 x
お話の続きが読めるなんて本当に嬉しいです。とはいえ、インフルエンザ流行中。健康第一でこれからも沢山読めたら嬉しいです。逆バージョンの狩人。続きとっても楽しみです。
Commented by kkkaaat at 2016-03-07 22:48
> kotomisa 884さん
こちらこそ、読んでいただけてとても嬉しいです!
インフルエンザ、我が家は襲来済ですので大丈夫です。
(大丈夫って言っていいのかわかりませんがw)
日々の健康を第一に、書いていけたらいいな、と思ってます。
やっぱり睡眠時間削ったりすると、てきめんに体調に出ちゃいますからね。
狩人と違って、お遊びのお話なので、長くは続きませんが、ささっと書いちゃおうと思います。
続き、いまからアップさせていただきますね~。
コメントありがとうございました!
Commented by みーな at 2016-04-12 15:20 x
あまりの面白さに、どんどん貪るように読んでしまっています。
ミンホくんが、実際あの世界に迷いこんでしまったらどうなるのでしょう。楽しみです。

こんなに楽しい時間をありがとうございます!
Commented by kkkaaat at 2016-04-14 13:57
>みーなさん
お、とうとうパラレルの方にも手を出されましたね(笑)
ミンホさん、どうやらメンタル強そうなので、意外とどうにかしちゃいそうですよね?
運動能力も顔面偏差値も、そしてコミュ力も高そうだし、思いのほか活躍しちゃって、チェ・ヨン伝説に新たな1ページを加えてしまったらどうしましょう(笑)
こちらこそ、楽しいと言っていただけて、ほんとに幸せです♪
<< 【シンイ二次】スリップ2 トクマン役のユンギュンサン >>

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のコメント
ウンスノートから読んでし..
by 比古那 at 13:31
あー、やっとたどり着けま..
by 比古那 at 10:48
みちさん お元気でしょ..
by mm5210 at 12:59
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
ブックマーク
以前の記事
検索