筆記



【シンイ二次】緑いづる1 ―樹の袂の二人―

「それは…?」

泣き声は丘いっぱいに響き渡った。
まるで怒っているかのように、声を張り上げる。
見つめ合う魔法がとけて、急に動けるようになったかのように、ヨンは大股で数歩、ウンスへと歩み寄った。
ウンスは、よしよし、と腕の中でむずかる赤ん坊をなだめている。

「これは…これは赤子ではないですか」

ヨンはこの四年の歳月と経験が身につけさせた落ち着きを、どこかにすっぽり落としたかのように、目を泳がせて、口をまるで魚のようにパクつかせた後に、ようやくそれだけを言った。
言葉が出ないのは、先ほどまでとは違う理由だ。
ウンスは再会の哀しみをひとまず脇に置いて、ただひたすらに嬉しいという笑顔を見せて言った。

「ごめんなさいね、お腹がすいてしまったみたい。ちょっとだけ待って」

そう言って、ウンスは木の袂に座りこむと、上衣の紐を解きはじめる。
呆けたようにそれを見下ろしているヨンに気がついて、ごめんね、ちょっとあっちを見ててくれる? と指を丘のくだった先にちょいと向けて、にかみながら言う。
ヨンはなぜ、とかすかに首をかしげたが、ウンスの胸元を開く仕草に慌てて目をそらし、木の裏側に行きかけたあげく、姿が見えなくなるのはやはり嫌で、少し距離を置いてウンスの横にならび、同じように木の袂に腰を下ろした。

「おなかすいたねえ。ほうら、もう泣かなくていいよ」

ウンスの声音は耳にあまりにも懐かしく、ヨンは貪るようにその一言ひとことに耳をすます。
しかし赤ん坊にささやきかけるその響きは、今まで聞いたことのない柔らかさを持っていて、ヨンは戸惑うように、顔を振った。

「ほら、おのみ」

そう聞こえたあと、乳を飲む喉音が続く。
横目で見ると、見たこともないウンスの甘い表情と白くはだけた胸がちらりと見えて、ヨンは急いで視線を戻した。
意味をなさない、赤ん坊をあやすウンスのつぶやきだけが、草擦れの音とまざって、あまりにもゆったりとした時間が流れていく。

「生きてるって、信じてた」

ウンスが突然吐き出すように言ったのを聞いて、チェ・ヨンははっと顔をあげた。
鼻をすする音がする。

「絶対に生きているって」

涙がぽたぽたたれる音まで聞こえてくるようで、ヨンはたまらなくなって立ち上がる。
この方が最後に目にしたのは、ヨンが凍てついた姿だったことに思い当たる。

「俺も」

ウンスの方を見られないので、丘からの、この四年間飽きるほど見た眺めを目に入れながら、叫ぶように伝える。

「俺も、信じておりました」

必ず、必ずまたお会いすると。
ヨンの言葉に応えるように、丘を風が駆けのぼり、草を揺らしヨンの前髪を巻き上げる。
びゅうと顔を風がなめ、ヨンは目をつむった。
衣の裾がはためいて、風がやみ、その裾が静かにまた下りると、何か思いつめたようだったヨンの目が開き、はあと大きな息が口から漏れる。

「おなかいっぱい? ん?」

まだ物言えぬ赤ん坊に問いかける声が聞こえて、それから身支度の気配があり、ウンスが立ち上がる。
ヨンはウンスの支度がととのうのを、黙って待った。

「お待たせ」

その声を待って、ヨンはウンスに向き直る。
ウンスは、濡れた目で、それでもこぼれる笑みをたたえて、ヨンを見ていた。

「一つだけ、聞きます」

ヨンはウンスの前に立って、赤ん坊を抱いたその肘にそっと両手をそえて、ゆっくりと目を覗きこむ。

「どうしたの、あなた……顔がまっ青よ……!」

優しげな瞳はそのままなのに、蒼白なヨンに驚いて、ウンスは声をあげた。
大丈夫ですそれより、とヨンは張り詰めた様子で、問いを続ける。

「この赤子の父親は、どこに、いるのですか」





by kkkaaat | 2016-03-14 22:37 | 緑いづる【シンイ二次】 | Comments(16)
Commented by h-imajin at 2016-03-14 23:20 x
うぁ~いいところで続きですね。(///∇///)

全力で『オマエだよ( ´∀`)σ)∀`)』と突っ込みたいです。
Commented by geko-geko at 2016-03-14 23:20 x
ミチ様こんばんは。
ちょっと週末から日曜日と油断している間にナント!
新しいお話が\(◎o◎)/!
びっくりするやら嬉しいやら。
まずは落ち着いて、順番に順番にとまえがきを読んでちゃんと復習もして(笑)
プロローグも読んでここまでたどり着きました。
それから、それから?あぁ楽しみです‼
ご無理のないようとか言っておきながら・・・
すみません。
でもワクワクが止まらないんです❤
Commented by mm5210 at 2016-03-15 00:04
チェ・ヨン、あの夜から四年…
そりゃあ真っ青にもなりますよね。
どうやら、一筋縄では行きませぬ。
自分の四年がウンスの一年だとは思ってもみないもの。

ウンスが、どうやってヨンを気付かせてくれるのか…
(それとも赤子???)
今度はこっちに興味がムクムクと湧いてきちゃいました。
わー 毎日がパラダイス ♡
Commented by たまうさ at 2016-03-15 01:17 x
ミチさま、こんばんは〜。
そうですよね。
ヨンは計算しちゃいますよね。
だってヨンにとっては4年ぶりの再会ですもの。
で・・明らかに乳飲み子だし。
ウンスには1年しか経っていないなんて思わないですものね。
ウンスがお乳を飲ませている間に
ぐ〜るぐるぐ〜るぐるいろんなことが頭の中で駆け巡っていたのでしょうね。
ため息も出れば、真っ青にもなりますよね。
自分の子ではないと思いますものね。涙&笑(テジャンごめん)
ウンスは見知らぬ土地で一人で子供を産み育てたのですよね。
さぞや大変な思いをしたことでしょうね。
でも、ヨンの子供を授かっていたからこそ
強くもなれたし、希望も持ち続けられたのかもしれませんね。
親子の血のつながりがウンスをヨンの世界へと
導いてくれたのかもしれませんね。
ミチさまのお話はやっぱり深イイです。
ワクワクから、じぃ〜んときて、クスッと笑って、オチ待ち♪
うふ。続きが楽しみです。^^
Commented by saikai at 2016-03-15 02:34 x
これは、続きが楽しみです♪
夜番、何度も読み返したので(笑)続きのお話が読めるなんて嬉しいです。
楽しみがまた増えました~♪
ミチさん、有難うございます。
Commented by kotomisa 884 at 2016-03-15 06:35 x
ヨンの表情が浮かびます。
面にでなくても顔が真っ青。ミンホさんなら上手く演じてくれることでしょう。妄想が膨らみます。楽しみにしています♪
Commented by ミジャ at 2016-03-15 08:08 x
ミチさん、おはようございます。
少しでも早く…真っ青なヨンのお顔が、喜びいっぱいの幸せな顔になりますよーに。
ミチさん、何卒…どーか、よろしくお願いいたしまする。
ウンスの答えに、はらはら待つ間…
ちょっくら夜番へ飛んでドキドキしてきます。(はらはらよりドキドキの方が〜朝っぱらから〜〜\(//∇//)\)
Commented by ぽんた at 2016-03-15 13:53 x
そっか…素直に俺様の子供にはならないですよね(笑)
この誤解をどう解決するのか…
ヨン&ウンスの苦難はまだ続くのですね。
続き…楽しみです♪
ところで…子供はどっち似なんだろう?←変なところが気になる
Commented by kkkaaat at 2016-03-15 22:22
>h-imajinさん
アメドラ、韓ドラのような切り方ですみません(笑)
真面目なだけに、ほんと全力でつっこんでやりたい存在ですよね、ヨンって!
Commented by kkkaaat at 2016-03-15 22:29
>geko-gekoさん
geko-gekoさんさん、こんばんは!
いや今まで更新が一年一回ペースですから、しばらく間あけて見に来るのが正解かと。1,2ヶ月あけていただけると、いっぺんに読めていい感じかもです(あ、終わってなかったらどうしよう)
そして順番に復習もしていただいて、えへへ、ありがとうございます!
最初の2~3話あげたら、何日かおきに戻ると思いますので、毎日は来ちゃだめですよ! 墓穴掘りそうなので、先にいっときます(笑)
Commented by kkkaaat at 2016-03-15 22:34
>mm5210さん
四年たってて、昔の彼女があらわれて、乳飲み子かかえて「これ、あなたの子なの…」って、100%違いますよね。いかなヨンでも青ざめるかなと。

まあでも基本、お笑い要素強しのこの話です、あまり深刻なことにはならないかとw
毎日お楽しみいただけるのは、もうちょっとで、それからは数日おきの更新になると思います、先手打って言っておきますね(笑)
Commented by kkkaaat at 2016-03-15 22:40
>たまうささん
こんばんは~♪
元カノが子どもをかかえてあらわれて、まず計算しない男はいないですよね~、いくら高麗時代の男でも、子どもが産まれるまで四年かからないのはさすがにわかる(笑)
自分の言葉は忘れない、誓いは守る男ですが、激愛する女が子連れであらわれて、広い心で受け入れるほど柔和じゃないですよね、ヨンは。

>ウンスは見知らぬ土地で一人で子供を産み育てたのですよね。
なかなか大変な思いもしたようですが、今回のストーリーラインでは、わりかし残酷なことのない1年間だったと想像してます。今までのお話では、酷なものも目にしてきたと思っていたのです。
しかし母は強し! ですよね。

>深イイです。
あら、すごく素敵なお褒めの言葉、ありがとうございます! 今回、オチが大事なので、けっこう頭を悩ましてます!
Commented by kkkaaat at 2016-03-15 22:43
>saikaiさん
続き、楽しみと言ってくださって嬉しいです!
夜番、読み返してくれてましたか(笑)
ものすごく久しぶりにページをよく見たら、たくさんの拍手をいただいていて、ほんとすごく嬉しかったんですよね。
続き、書いていて楽しいです! 
少しずつあまり間を開けずに続けようと思いますので、読んでやってくださいませ~♪
Commented by kkkaaat at 2016-03-15 22:48
>kotomisa 884さん
表情はあのいつもの寡黙な表情で目だけで語りつつ、さすがに顔色に出ちまったヨンです。
こういう微妙な演技、ミノさん上手ですよね~。
いろいろ妄想してやってくださいませ、私も現在いろいろ妄想中です。楽しい話にできたらいいな、と思ってます!
Commented by kkkaaat at 2016-03-15 22:53
>ミジャさん
ミジャさん、こんばんは。
安心してください、この話わりとお笑いベースなので、あまり深刻なことは起こらないですヨン。
そして、またもや復習ありがとうございます(笑)
夜番読み直して、しばらくラブい話を書いてないなあ…としんみりしました。
この話でももちろんそういうところはあるんですが、それとは別にまた、別館のお話も書きたいと思う今日このごろです~。
Commented by kkkaaat at 2016-03-15 22:57
>ぽんたさん
間が間ですからね、四年間。
大学なら卒業しちゃいますし、オリンピックなら開催の年ですよ! さすがのヨンも、即俺の子、とはいかなかったもようです。

>ところで…子供はどっち似なんだろう?←変なところが気になる
この話最大の謎が(絶対に違う)、次のお話で明かされます! しかしどっちに似ても美男美女ですよね~。
<< 【シンイ二次】緑いづる2 ―四... 【シンイ二次】緑いづる プロローグ >>

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のコメント
ウンスノートから読んでし..
by 比古那 at 13:31
あー、やっとたどり着けま..
by 比古那 at 10:48
みちさん お元気でしょ..
by mm5210 at 12:59
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
ブックマーク
以前の記事
検索