筆記



【シンイ二次】緑いづる2 ―四年間と一年間―


ヨンは言葉を失ったウンスに向かって続ける。

「イムジャ、一生お守りするといった言葉に嘘はありませぬ。なにゆえ身ごもられたか、言いたくなければ、話さなくてもかまいませぬ。俺は、俺はあなたとこの赤子をお守りします」

けれどもし。

「けれどもし、この四年の間に情を通じた父親がいるならば、俺は……俺は…」

行かせましょう、という言葉がかすれて言葉にならなかった。
ヨンの声がかすかに震え、肘をつかむ指に、火のような力がかかる。

四年もの間、女一人でどのように、苦難を乗り越えたのか。
だれとどのような時間を過ごしたのか。
無体な目にあったのではないか。
そのどれ一つとして、ヨンの意に沿うものはなかった。
不憫さと嫉妬がヨンの腹の中で煮えくりかえる。

「まって、ちょお、ちょちょちょっ、まって」

ウンスがヨンの心乱れた様子に気づいて、慌ててさえぎる。

「ねえ、よく見てよ、この子、あなたの娘なんだってば」


………は?

ヨンの口から、おかしな空気が漏れる。
今、この方はなんとおっしゃったのか。
なぜ、大きな口を開けて笑っておられる。

「こっちでは四年も、四年も…すぎていたのよね」

ウンスは笑い止むと、ふうと息をついて、噛みしめるように言った。
あのね、聞いて、とウンスは続ける。

「私は百年前の昔に飛ばされて、一年間そこで過ごして、天門を何度もためして、それでこの時間にたどり着いたの。私、あれから一年過ぎただけなの」

一年間、とヨンはウンスの口元をじっと見つめて、言ったとおりをそっくりそのまま繰り返す。
一年という言葉がゆっくりと、頭にしみこんでくる。
ヨンは急に、冷えていた手足に血が流れこんでくるような気がした。

だけっていっても、戻れるかわからない一年間、不安は不安だったのよ? つわりだって気づくまでは、気持ちが悪い日が続いて解毒がうまくいってなかったのか心配だったし、お腹は大きくなってくるし、それから周産期医療センターもないし、立ち会い出産なんかねえ、立ち会ってくれるあなたがいないから当然無理なわけだし。初めてのお産だっていうのにマタニティブルーになってる暇もありゃしないのよ!? 

もうこういうときは開き直るしかないのよね、とウンスはしゃべりだすとさまざまな苦労がよみがえってくるようで、止まらずにまくしたてる。

「そうでしたか」

ヨンはウンスの話したことの半分も理解できなかったが、勢いに気圧されたように同意した。
が、我に返って自分の最初の問いかけを思い出し、言葉を続けた。

「し、しかし、それにしてもなぜ赤子が……、あっ!」

自ら思い当たって、ヨンが大声で叫ぶ。
ウンスは、びっくりするから大声出さないでよ、とびくりと身体を震わせた赤ん坊をなだめる。

「ああっ、ああ! あの!」

ヨンの目が大きく見開かれ、視線がさまよう。
そうよ、とウンスがうなずきながら、うっすらと顔を赤らめる。

「イムジャを取り戻し、宿屋に、ともにまいったあの晩なのか?」

うん、とウンスが嬉しそうにうなずく。
翌日には天穴を抜け、流れ着いた百年前のその地で十月十日を過ごし、そこで産まれたのならば計算が合う。それならばこの乳飲み子は。
ヨンの顔にみるみるうちに血色がもどる。
いや、そうか、そうなのか、そうか、とヨンは壊れたように半笑いで繰り返す。

「突然、赤ちゃんを連れてきたから、びっくりしたわよね。ごめんね――」

ウンスがそう言い終わらぬうちに、ヨンは夢中で赤ん坊ごとウンスをかき抱いた。
あまりの勢いに、ウンスは驚いて目をパチパチとまたたかせる。

「謝ることなど何もありませぬ。一人の身でよくぞ、よくぞ」

どうやってそれを乗り越えたのか、まだ聞いてもおらぬのにため息が出て、ヨンはウンスの背中を何度も強く抱きなおす。
ウンスはようやく暖かい腕の中におさまって、ほうっと肩の力を抜いた。

「ということで、はじめまして、かな」

女の子は父親に似るっていうでしょう、ほんとによく似てるんだから、と言いながらウンスはちょうど二人に挟まれている赤ん坊の顔をヨンに見せ、それに見入るヨンの顔を見つめて、ほっとしたように微笑んだ。




by kkkaaat | 2016-03-15 23:10 | 緑いづる【シンイ二次】 | Comments(16)
Commented at 2016-03-16 00:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kotomisa 884 at 2016-03-16 00:39 x
ウンスの明るさに母の強さが加わって、無敵ですね~。今のウンスに勝てるのはチェ尚宮くらいでしょうか。ヨン、是非わがままいっぱい聞いてあげてください。
Commented by mm5210 at 2016-03-16 00:45
日付が変わって今晩は _(._.)_
ミチさんがえがいてくださるヨンは(ウンスも!)、わたしにとってドラマの続きを見ているようで、もうすーっかり合点がいっちゃってます。

よかった! ウンスの言うことをちゃんと理解してくれて。
赤ん坊もヨン似なんですね。
ウンスは苦労したんだろうなと思いつつも、ヨンに話す内容が、スルッとらしく要約されててこれまた目が ♡に。

“ 待てば甘露の日和あり ” なんつって。
(*≧艸≦)
Commented by ぽんた at 2016-03-16 10:03 x
とりあえずヨンはOK(笑)
次なる問題は…その他大勢かな?
この時間の差異を理解して受け入れてくれるかな~?
ふむふむ…そこでこの話で一番重要なヨン似が役に立つのですね(笑)←水戸黄門の印籠見たい❤
続きも楽しみに待ってまーす♪
Commented by saikai at 2016-03-16 10:57 x
うんうん、ヨン、良かったね。
待ってたかいあった~♪

それにしても、ウンスの肝のすわったところも凄いですが、ヨンの的外さないところも凄い。
(うう、品がなくてごめんなさい~。)

この後のウダルチ、叔母様含め、皆の反応が楽しみです♪
続き、楽しみにしています♪
Commented by ミジャ at 2016-03-16 14:04 x
ミチさん、こんにちは。
ヨンが誤解したまま1人で悩まなくてほんとに良かったです。

一緒にいる妻の大きくなって行くお腹を見てても、親になる実感がわかないって夫もいるのに…
四年も離れてて、いきなり貴方の子と言われてもね……そりゃ〜頭にタライも落ちてきますよね( ̄▽ ̄)
でも、(本当に、寝ちまった…)あの時か!と計算も合い、自分の娘とわかった途端にもう迷いもなく夫、父になってるヨンですよね。
北斗七星のお話のウンスとは違い、お腹を空かした我が子にすぐに自分のお乳を飲ませてあげられるんだ、よかったなぁとうるうるしつつ…
(100年前の世界で産まれて天門潜って来て…)乳飲み子やけど100歳?とか変なとこが気になったり…私の頭にもタライが……Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

ミチさん、続きのお話、ラブい別館のお話…\(//∇//)\も楽しみにお待ちしてます。
Commented by たまうさ at 2016-03-16 18:32 x
ミチさま、こんばんは。
実は何気に性別が気になっておりました!
赤子はヨン似の女の子だったのですね〜^^
ヨン!おめでとう〜♪
ってか、嫁にゆかせるとき大変そうだわ〜。
お相手はまぢで命がけになりますね。笑

>行かせましょう、という言葉がかすれて言葉にならなかった。
私、この一文で一瞬にして涙がでてしまいました。
4年間思い続けて待ち続けて夢にまで見ていたウンスが
やっとやっと自分の傍に戻ってきたと思った矢先に
赤子の存在、そして、父親の存在が浮上してしまった・・。
ヨンが絞り出そうとしたその言葉が
あまりに切なくて胸がきゅぅぅ・・。涙がつぅー。

いやいやいや。良かった良かった。
ヨンの誤解がすぐに解けて良かった。
ヨンが幸せになって良かった。
ヨンの嬉しさが伝わってきました〜。
私も嬉しいです・・ほろほろ。
叔母さまも喜ばれるだろうな〜。うんうん。^^
とっても幸せな気分になりました。
ミチさま、ありがとうございました!
Commented by kkkaaat at 2016-03-16 23:13
>鍵コメさん
ウンスにいつもの様子でまくしたてられたら、けっこうなんでも飲み込まされるちゃうヨンでした。
ヨンのあの顔だったら、男でも女でも美形っぽいですよね。目つきすごくくっきりしてそう。
恋人、結婚スキップしてパパですから、さすがのヨンでもオタオタするかと。覗き見してやってください|д゚)
Commented by kkkaaat at 2016-03-16 23:18
>kotomisa 884さん
もともと明るくて自立してて勉強熱心なひとなうえ、一年間一人で頑張ってきてますから、母は強し、そのものになってる気がします。
チェ尚宮はおばあちゃんポジに入って、むしろウンスを甘やかしまくりそうですよね(笑)
ヨンは口調こそきっぱりだけど、行動は意外と下僕化するタイプですよね。なんでもやってあげそう~!
Commented by kkkaaat at 2016-03-16 23:24
>mm5210さん
こんばんは~!
ドラマと近いと言っていただけると嬉しいです!
今回のお話のヨンは、四年後のあの一瞬だけうつった少し成熟したヨンなわけですが、あまりのびっくりな天からあらわれた新人さんに、すっかり初期ヨンの行動に戻ると思います。
待ちに待った人があらわれて、あの四年前の調子でべーらべーらとやってくれたら、なんか納得したいし信じちゃうだろうな、と想像してます。
相当似てると思ってるんですが、赤ん坊が似てるかなんて、意外と男性にはわからないかも、とも思います。
ウンスはやはりそれなりに苦労したと思いますよ。普通に妊婦→出産→さらに天門巡りってそれだけで大変ですしね。
さて甘露のご褒美はいつになるのやら!?
Commented by kkkaaat at 2016-03-16 23:29
>ぽんたさん
>とりあえずヨンはOK
この話、わりとヨンが雑にあつかわれる予定なんですが、すでにその片鱗が(笑)
>次なる問題は…その他大勢かな?
するどーいΣ(゚д゚;)
話、よまれてますね(笑)
っていうか、お約束な感じを大事にした話にしたいので、たぶん皆様の期待通りに展開していくでしょう~。
しかし、男ども、新生児抜けたばかりの赤ん坊の顔がヨンに似てるか似てないか、判別できるのでしょうか!?
まて次号。
Commented by kkkaaat at 2016-03-16 23:41
>saikaiさん
ねー、ほんとよかったねって言いたいです。
ぶっちゃけウンスの方は、ヨンがいなくてもどこかで立ち直りそうな気がするんだけど、ヨンは一生ひきずると思うんですよね(ドラマでも、ウンスはそこらへん、すごい気にしてましたよね)。

>ヨンの的外さないところも凄い。
この後ヨンを表す言葉が「正面突破」から「百発百中」になったとかならないとか、ゲフンゲフン。
嫁にするぜっていう念がこもってそうな一発(一発ゆうな)でしたからね、ヨンさんきめてくれました!

ウダルチ、チェ尚宮、王と王妃それぞれ、いろんな反応を見せてくれると思います。自分的にはチェ尚宮がヨンをどつくのが楽しみです! 
Commented by kkkaaat at 2016-03-16 23:50
>ミジャさん
ミジャさん、こんばんは!
一年半とかだったら、微妙なラインで悩む男性諸氏もいるかもですが、四年ですからね、さすがにこれは問いたださないと!
ウンスが悪びれた様子がなかったのも、ヨンが聞いてみようと思えた理由かもかなと想像してます。パパになった実感はさすがにまだ薄いでしょうが、ウンスが無事で、自分のこと忘れてなくて、そうなったらもうあとはまるっと受け入れちゃう男かな、と思います。

ウンスは、大変だけど、ほんとに覚悟を決めて(ヨンと再会できるとは限らなかったわけですし)とても強く幸せになっているんじゃないかと思って書いてます。

>乳飲み子やけど100歳?
新しい視点だわ(笑)
閏年の人的な? 特別感ある生まれですね、この赤ちゃん。

別館、この話の中ではさすがに別館モードまではいかないと思いますが、何かイベントごとなどでお題を見つけて、書きたいです!
Commented by kkkaaat at 2016-03-16 23:57
>たまうささん
たまうささん、こんばんは!
性別、気になりますよね。
ヨン、娘持ちになりました。ウンスとヨン、美男美女ですが、遺伝子的にはヨンの方が濃厚に出そうな顔立ちだと思うんですよね。男産まれても女生まれても、眉毛が太くて、目力強くて、みたいな。

>ってか、嫁にゆかせるとき大変そうだわ〜。
このお話でも、だんだんとバカ父ぶりを披露していってくれると思います。

そして、ヨンの気持ちになってくださって、ありがとうございます。
ヨン、最初に赤ちゃん見て、ウンスがにこにこお乳あげてるの見て、言いようがなくショックだったと思ってます。怒りとかじゃなくてパニック。
でも、一番望んでたのは、ウンスが無事であること、生きていること、それを思ってこらえたんじゃないででしょうか。
>ヨンの誤解がすぐに解けて良かった。
今回のお話は、全体的にサクサクモードですので、シリアスタイムは少なめです(笑)

こちらこそ、楽しんで読んでいただけて、とっても嬉しいです! ありがとうございます!
Commented by みーな at 2016-04-11 12:36 x
ミチ様
読み始めてもううれしくてうれしくて!!!
ヨンとウンスに娘がいたのですね!素敵。
どんな美女に育ってくれるのでしょう。
ひとりでよく頑張りましたね、ウンスは。
やっぱり素敵なウンス。大好きです。
続きもゆっくりゆったり読ませていただきます。
毎日の楽しみがひとつできました。
ありがとうございます。
Commented by kkkaaat at 2016-04-13 22:15
>みーなさん
そうなんです、かなり荒っぽい展開ですが、開けてびっくり玉手箱。
二人に赤ちゃんがいたという話です。
どっちに似ても混ざっても美女ですよね~!
ウンス、ドラマの最後の方ではとても芯の強い女性になっていましたが、
離れていた一年で、さらにたくましくなって帰ってきた感じです。
私もウンス、大好きなキャラクターです。
キレイで見ていて目の保養になりますし、ヨンが惚れたのも納得です。
楽しみと言っていただけて嬉しいです。
お読みいただき、ありがとうございました。
<< 【シンイ二次】緑いづる3 ―天... 【シンイ二次】緑いづる1 ―樹... >>

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のコメント
ウンスノートから読んでし..
by 比古那 at 13:31
あー、やっとたどり着けま..
by 比古那 at 10:48
みちさん お元気でしょ..
by mm5210 at 12:59
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
ブックマーク
以前の記事
検索