筆記



カテゴリ:ウンスノート【シンイ二次】( 10 )


ウンスノート 10枚目 ―百年前ノ漆

「10枚目」


遠い千年の昔、伝説の名医華佗は、内臓の病、外傷、毒傷から長患いの持病まで、あらゆる病を治した。
とりわけ手術では「神の手」を持つと称された。
麻沸散を使い人を眠らせ、切開し、内臓を取り出して治療したと言われている。
その頃、天下統一を図っていた曹操は、激しい頭痛に悩まされていた。
それを華佗は、わずか数鍼で治してしまう。
曹操は腕に惚れ込み、典医にと望んだが、華佗はそれを望まなかった。
「世に救うべき患者は曹操だけにあらず」
曹操はひどく怒り、華佗に追っ手を放つ。
「丞相のもとに戻れ。さすれば栄耀栄華は欲しいまま。
丞相の典医になれば、世の民も称えよう。
華佗こそ、天下の曹操を救った神医であると」
華佗は問う。
「断れば」
丞相に背く者、死あるのみ、の答えを聞いて華佗は笑う。
「さらば民は曹操をこう覚えるべし。
曹操は世の苦しみを救うべき華佗を殺めた愚か者、と」
まさにその時太陽が地上の風を吸い込み、こつぜんと天穴が現れた。
華佗は笑い声と共に、天穴へと消えた。

遠い百年の後の世、その世の王妃に魔の手が伸びるとき、ふたたび天穴が開く。
王妃は首を切られ死に瀕するが、伝説の名医華佗は天穴よりあらわれ、「神の手」と称されたその手技を使い、血の管をつないでそれを治してしまう。
その後華佗は、菊茶を高麗王妃にすすめ、その効用により、解熱、鎮痛、傷の腐敗を防ぐ。
王もまた曹操のごとく華佗のその腕に惚れ込み、典医にと望むが、華佗はそれを望まなかった。
すると、王に仕える武将は、華佗を天に返すべきだと進言する。
王はそれを聞き入れ、華佗は天穴へと一度姿を消すが、武将の信義の心に打たれ、みたび姿を現し、その後高麗にとどまる。




今日は、村の子どもらにこの話をした。
明日は樹の回りに、黄菊を植える。
話を聞いた子どもたちが、手伝ってくれるという。

お話を聞いて、私が華佗なのか、と尋ねてきた子どもがいたので、華佗ではないわ、と答えた。
華佗の学子なんだよね、とどこで聞いたのか答えた子がいた。
この村に来たときに言ったことを、大人の誰かが話したのだろうか。
そう思っていてもらおう。
華佗がどうやって針を打ったか、血管をつないだか、曹操がどんな風に怒ったか、武将はどんな人物なのか、子どもたちは次々に尋ねてくる。
夢中になるほど面白く話すことができただろうか。
子どもたちが大人になっても覚えていて、自分の子どもに話すほどに気に入ってくれますように。
黄菊を絶やさぬようにしてくれますように。




にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
by kkkaaat | 2016-05-09 22:34 | ウンスノート【シンイ二次】 | Comments(10)

ウンスノート 9枚目 ―百年前ノ陸

「9枚目」


つわりのせいもあってか、うまく眠れない。
こういうときは、無理に眠らなくてもいい。
横になっていれば、睡眠の70%の休息をとることができる。

あの人も、寝るのが趣味みたいな人だったって聞いたことがある。
私を拐ってからは、ぼんやり寝ているところなんて、見たことがなかったけど。
数日間眠り続けたこともあったというけど、ストレス性の睡眠発作だろうか?
もしくは、初期欝だったのかもしれない。
許嫁を亡くしてとても辛い目にあったらしいから。

あの人はいま、きちんと眠れている?
まず、助かったことが前提になるけれど。
助かったじゃない、助ける。
そう決めて現代から戻ったんじゃないの。
動けるうちに、やれることをしよう。
明日はあの人が倒れていた場所に、抗生物質を埋めることにする。



「ねえ、医者らしいことが、ここにも書かれてるわ」

母親が、興奮しすぎないように、声を抑えながら父親に話しかける。

「誘拐のあと、病院に一人で戻ったのにウンスはまたどこかに…」

そう言いながら、じっとノートを見つめる。
現代から戻ったって、何なのこのノートは、タイムなんとかみたいじゃないの、ねえバカバカしいけど…と言いながら、母親は言葉をと切らせた。




にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
by kkkaaat | 2016-05-09 22:24 | ウンスノート【シンイ二次】 | Comments(2)

ウンスノート 8枚目 ―百年前ノ伍


「8枚目」


息子に関しては、傷口もふさがり、消毒も基本的に必要ないだろう。
父親に関しては、消毒を継続。一時的に化膿が見られた箇所があり、セファレキシンを一週間投薬。断薬後も悪化はなく、経過良好。
最近は言葉でのコミュニケーションも順調。
基本的には高麗の方言だと考えればいい。ものの名前など元国由来のものが多く、戸惑うが単語の暗記だから問題なし。受験勉強の女王健在。

昨日、以前皇宮で見たノートの内容を思い出して、(塗りつぶし)の開く日付等、再度書き出してみた。
数値を思い出せない場所は、計算方法を覚えていたので、再度計算。
今年の夏の終わりと、来年の初春に一度ずつ開くはず。
絶対に開く! 
計算してみて、すうっと心が軽くなった。
二度も開く珍しい年だからなのか、期日以外にもごく弱くつながるときがあるようだが、人は通れない。草を投げ入れたら、吸い込まれたときがあったので、一応つながってはいるよう。

お世話になっている陰さん御夫婦に、夏までの滞在を願い出る。
親子の治療が終わったら、自活の道を探そうと考えていたけれど、そうもいかなくなった。
今、この状態で新しいことを始めることはできない。
優先順位は、以下。

一、自分の健康状態を良好に保ち、出産に向けて準備をすること
二、(塗りつぶし)へ入るタイミングを逃さず、あの人の元へ帰ること
三、戻れなかった場合を想定して、暮らす道を探しておくこと

死ぬほど不安だけど、なんなんだろう、このわくわくする気持ち。
頑張ろうって気持ちが、お腹の底から湧いてくる。
ファイティン、ウンス!





母親がこの紙を両手に持ったまま、ぴょんと急に飛び上がるように立ったので、
父親と男性は、驚いて目を大きく見開いたまま、ぽかんと母親を見た。

「ねっ、ねっ、ウンスッ、ウ、ウンスッて!」

母親の手が、紙を持ったままぶるぶると小刻みに震える。
父親は、慌てて立ち上がって、その手首を自分の両手でつかむと、落ち着かせるように顔を覗きこむ。

「ねえ、あなたっ! ちょっと、ここっ、ここ!!」

必死に訴える母親を父親はうなずきながらなだめる。

「わかった、わかってるから。ほらちょっと、座りなさい。
ウンスの名前が書かれているってのは、事前に言われていたろ?」

まだそれとあの子に何の関係があるかはわからないと、ちゃんと説明を受けたろう、と父親が言うと、だってだってと母親が紙を父親につきつける。

「わかったよ、確かにウンスと書いてある」

だからね、おまえ、他のところに書いてないか、きちんと探してみようじゃないか、父親がそう言うと、母親はぶんぶんと頭を縦に振って、次の紙を急いで手にとった。




にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
by kkkaaat | 2016-04-17 22:15 | ウンスノート【シンイ二次】 | Comments(18)

ウンスノート 7枚目 ―百年前ノ肆



「7枚目」



妊娠していると言われた。
計算をしてみた。
計算はあっている。
どうしよう!!!!!






「ねえ、ちょっとお父さん」

ウンスの母親が少し興奮した様子で、紙を見せる。

「これ、これ!」

落ち着きなさい、と父親が疲れた声で言う。
どうしよう、どうしよう、と母親は自分のことのように繰り返し読んでいる。

「この紙束がなんなのか、わからないんだから。
あまり変に思いこんではいけないよ」

父親がそう言うと、ウンスの母親ははああと大きく息を吐いて、目を瞬かせる。

「そうよねえ…」

そうなんだけど、と母親はつぶやいて黙った。





にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

by kkkaaat | 2016-04-17 22:10 | ウンスノート【シンイ二次】 | Comments(0)

ウンスノート 6枚目 ―百年前ノ参




「テジャンってのが、あの人みたいよね」

母親がつぶやくと、まだわからないが、どうやらそのようだ、と父親が言う。

「書かれた時期もさまざまですし、一人が書いたともわかりませんから、同様の表記の“あの人”でも同じ人をさしているとは限りませんよ」

ソファの背もたれに身体を預けて、じっとしていた男性が、急に言葉を挟む。
そうよねえ、と言いながら、母親はもう一枚手にとった。






「6枚目」


一週間ほど、微熱、嘔吐感が継続している。
何かの感染症を疑っているが、劇症というほどでもないため、薬は様子見とし服用していない。
解毒後の内臓疲労から来るものかもしれない。
セカンドオピニオンを得たくて、村に医員がいないか聞いてみたけど、簡単な手当ができるという和尚様のところに連れていかれて、症状を伝えるのも半分ジェスチャーだから、いまいち伝わらず。
大丈夫だというようなお返事だったけど、あてにならない。
あとはお産を手伝う年上の女性がいるらしい。
助産師さんに見てもらっても、と思ったけれど、この時代だと薬師もかねていたりするから、明日合わせてもらうことにした。
午後に、心配した奥さんが小さなお椀にシッケをもらってきてくれて飲ませてくれた。
動けないほど具合が悪いわけではないのだけれど、早く診断をつけたい。




にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

by kkkaaat | 2016-04-17 22:03 | ウンスノート【シンイ二次】 | Comments(0)

ウンスノート 5枚目 ―短刀の練習ー

「5枚目」


慣れない筆の練習で、日記を書き始めたけれど、
毎日のようにあの人のことを書いている気がする。
案の定、今日も書いている。

今日は短刀の使い方の練習した。
この間、身を守るためにとテジャンが私に短刀を渡してくれたから、
少し扱いに慣れたいと思って中庭で振り回していたらあの人が現れた。

赤の少し飾り模様のついた、綺麗な短刀を渡された。
最初に渡されたのは、黒くて重くて、少し怖かったから、なんだかすごく嬉しかった。
わざわざ選んできてくれたのかな。
そう思ったら、嬉しくて、嬉しくて、胸がきゅうっとなった。
短刀じゃなくて、赤の何か、髪飾りとかそういうものだったら、もっとよかったのに。
どうしたんだろう、私。

この高麗では、命を狙ったり狙われたり、
私をもののように手に入れたいと願ったり、
私の意志など無視して拐ったり、
危なくて理解できないことばかりの毎日なのに。

あの人と話していると、それを忘れる。
あのサイコ、私の安全のためとなると、自分のことをかえりみない、あの人。
いつ死んでもかまわないというように、戦いに挑むのを見て、悲しかった。
私、あの人のこと刺したのよ?
今では、あの人が危ない目に会うと思うとぞっとする。

だから自分で自分を守れるようにしていかないといけないと思う。
真剣な気持ちではじめた練習だったけど、あの人には笑われてしまった。
へっぴり腰だって。失礼しちゃうわよね。
それに、今日初めて練習したのに、こんなこともできないのかって文句ばっかり。
ほんとに口うるさい!
いつもはむっつりと黙っているのに、こんなときばっかり。
言っとくけど、こちとら受験地獄をくぐりぬけて、運動なんて学校の体育以来なのよ。
テジャンに剣の稽古を受けると、翌日起き上がれないって大げさにトクマンさんが言ってたけど本当かもね。
明日は筋肉痛かな。
遠慮なく腕をつかんだり、腰を持たれたりして、年甲斐もなくドキドキした。
学生時代みたいで、なんだか自分がおかしかった。
でも、あの人はきっと、上達することしか考えていない。

そうかな。

本当にそれしか考えていない?

練習の合間に並んで座って休憩していたら、あの人、ふところから急にお菓子を出してきて、どうぞって渡された。
花の形のタシク。
ここの模様と同じですって、短刀のふちの小さな花みたいに見える模様を指さして。
ちょっとうつむいて、笑ってた。

そんなこと、普通、する?

するかな、しないよね? するか。

(筆の汚れ、いたずら書きのような模様)

ふざけて、いっしょに練習して、あの人も楽しそうだったと思う。
私のへっぴり腰も、ちょっとは役に立ったかな、ってなんだか嬉しくなったくらい。
いつも難しい顔ばかりしているあの人が、今日は愉快そうに笑っていた。
そんなにおかしかった?
あの人が笑っていると、なんでだろう、すごくほっとする。


(以降かすれて読めず)







by kkkaaat | 2016-04-10 22:38 | ウンスノート【シンイ二次】 | Comments(12)

ウンスノート 4枚目 ―百年前ノ弍ー


「4枚目」

昨夜より、微熱、下腹部痛、軽い嘔吐感あり。
軽い風邪、もしくは胃腸風邪か。
すでに三週間が過ぎようとしている。
精神的なストレスから来る、体調不良かもしれない。
奥さんが、粥のようなものを煮てくれたけれど、あまり食がすすまなかった。
早く体調を直したく、親子の消毒作業後、横になる。
自分が具合が悪くなっている場合ではない。
が、あまり自分を責めぬよう心がけよう。今は休むしかない。
うとうとすると、あの人の夢を見た。
菊の花を頭にさして、照れたように笑っていた。





「あの人、というのがよく出てくるけど、誰のことなんでしょう」

ねえあなた、と呼ばれて父親が、俺に聞いてもわからないよ、とぼそりと言う。
なんだか風邪でもひいたのかしら、と少し心配そうに母親が言うと、
別に風邪くらい誰でもひくだろう、どうでもいいじゃないか、と父親が答える。

「どうでもよくなんかありませんっ!」

急に声高に言われて、父親と腕を組んで半分目を閉じていた男性は、びくりと背筋を伸ばす。

「どうでも…よくは…ないよな」

父親がごにょごにょと言い直すと、母親は声を大きくしたことなど、なかったかのように、あの人っていうのが気になるのよね、わたし、とすぐに紙に視線を戻す。

「もう少し読んだら、わかるんじゃないか?」

父親がそう言うと、母親は、そうね、そうよね、と乗り出すように答えてもう一枚を引き出した。






by kkkaaat | 2016-04-05 23:20 | ウンスノート【シンイ二次】 | Comments(14)

ウンスノート 3枚目 ―百年前ノ壱ー

「3枚目」

キ・チョルの手を逃れて(判読不可)に入ると、一度現代のソウルの町に出られた。
連れ去られた直後なら大喜びだったと思う。
でもあの時は、一刻も早く戻ることしか考えられなかった。氷功を受けたあの人のために、病院へ走り、医療用具をかき集めて、全速力で(塗りつぶし)に戻った。なのに。
何がいけなかったんだろう、どうすればよかったんだろう。
もとの時間に戻るためには、何が必要だったのか、今はわからない。

(塗りつぶし)をくぐって十五日が過ぎてしまった。
しばらく(塗りつぶし)の前で、もう一度くぐることができないか待ってみたけれど、かすかに時折光るだけで、通ることができず、悔しくてたまらなかった。
あの人を思うと、気ばかりが焦る。

このあたりは、広く戦地になっている。
合戦場はないけれど、元軍が進軍する道筋になり、その際に焼き討ちや略奪が行われているみたい。
幸運と言っていいのか、私が丘を逃げ降りた際には、元軍は数日前に通り過ぎた後だったようだった。
空腹に耐えかねて丘を下りて、人家を探してみた。丘を降り、ふもとを通る街道沿いに、15分ほど歩いたところから東に行ったところに集落を見つけた。

様子をうかがうと、無理な徴収を受けて怪我人が出ていた。
敵でもないのに斬るなんて、というより子どもを斬るなんて、非道すぎる。
見かねて、治療を申し出たのだけれど、言葉があまり通じなくて怪しまれる。
言葉もろくに通じないここでめったなことはできないと思った。
今、私は死ぬわけにはいかないから。

でも立ち去れなかった。
「医師として、生涯かけて、人類への奉仕の為に捧げる。」
私とて誓った身。チャン先生が私にしてくれたことを考えたら、立ち去るわけにいかなかった。
あの人が私の肩をつかんで「ご自分をもっと大事にしてください」と叫ぶように言うのが見えたような気がする。

なんとか医者であることを伝えようと、地面に棒きれで「医生」と書いてみたけれど反応ははかばかしくなかった。どうやら字を読めるらしい僧装の男性が皆に説明しているようだったけれど、目つきが変わったのは母親だけ。

ふと思い出して、イチかバチかで「学子華佗」と書いてやった。
どうしても見捨てては行けないと思ったから。
あの人、なんでそのような思慮のないことをなさるのです、って怒るだろうなと思う。

一人、父親によく似た顔の男が怒った口調でつっかかってきたが、母親が取りすがって何かを言うと黙り、その母親が私に診てもらうというようなことを騒ぎ立てると、子どもと父親を守るように立っていた人たちがどいてくれた。
ひどい刀傷で、出血がひどかったが、子どもの方は額と肩で、見た目より傷は深くなく、消毒と縫合で特に問題なかった。父親の方は、被さってかばった際に大腿部の動脈を傷つけられており、かなりの大手術となったけれど、非常に体力のある人物で、それが幸いして一命は取り留めた。
術後、汚染手術となったためセファゾリンを投与。
あの人のために持ってきてすべてが、とても役に立っている…。

その後、治療にあたり、その親子の家に寝泊りを許された。
村から(塗りつぶし)のある山が見えるので、一度弱い発光らしきものを確認して急ぎ丘を上がったが、出たばかりのときと同じで、弱く光るだけで抜けることはできず、見ているうちに消えてしまったので、村へと戻った。
食事、寝床が確保できたのは、本当にありがたいけれど、正直とほうにくれている。
いったいここで、私はどうすればいいんだろうか?







「これっ、あの、ソウルの病院にあらわれて姿を消しってって…」

ウンスの母親が、前に身を乗り出して男性に先ほどの紙を差し出す。
男性は受け取らずに、ため息をつきながらうなずく。

「まあ、そのように読もうと思えば読めるのですよね。
しかし意味不明な記述が多いのも確かです」

とにかく、もっと読んでみよう、と母親の手をそっと押さえると、父親が次の紙を手にとった。



by kkkaaat | 2016-03-30 21:38 | ウンスノート【シンイ二次】 | Comments(14)

ウンスノート 2枚目―コリョの歯科衛生について覚書―


「これは紙が違うようですね」

とウンスの父親が言うと、さっきのはボールペンだったけど、これは筆書きよ、と付け加える。
男性は、最初に申し上げましたが、本当にさまざまな形のものが混在しておるんですよ、と繰り返す。

「こちらの紙は高麗時代のものであると、調査の結果わかっています。しかし書かれているのはハングルです。まあ、古紙当時の墨を使用して、年代測定詐欺を働くといのは、よくある手ではあるのですが、ならばなぜ存在しなかったハングルで書くのかというね…」

まあ、いいでしょう、と男性が勝手に話をまとめる。
わかりました、とつぶやいて、ウンスの父と母は、その一枚の紙を読み始めた。




「2枚目」


コリョの歯科衛生について覚書。
歯を磨く習慣はなく、しかし砂糖・はちみつ等の糖類を使用した菓子類は、宮中、貴族階級においてはやや日常的、中人階級においても正月等祭日には、口に入るものとなっている。
歯磨きの習慣は基本的にはないが、チョナ、ワンビは象牙の柄、馬毛を使用した歯ブラシを所持し、歯磨きを行われていたのには驚いた。
その他の人は歯ブラシでなく木の枝や草などで多少口の中を掃除する程度で、歯の衛生状況はあまりよい状態とは言えない。

上記の状況を受け、ウダルチ、ムガクシに歯磨き粉を配布してみた。
貝殻や卵の殻からとった石灰と陶土と酢を混ぜ、シナモンで香りをつけ、練り上げたもの。
「口の中がすっきりいたします」とトクマンさんが褒めてくれた。トルベさんは少し使ったあとに、ムガクシの子に歯が白くなったと褒められて、気に入った様子。
もちろんムガクシの女の子たちは興味津々だった。
好反応。

使用方法の講習を実施。
麻の縄を指に巻きつけ、歯磨き粉をつけて口の中をこするブラッシング指導をしている途中に、テジャンがあらわれる。私がトクマンさんの奥歯に指を入れているのを見て、そういうことをするなと注意を受けた。
保健衛生の重要性を理解していない様子。

その後、テジャンの部屋で昨日の傷の消毒、縫合を行う。
最後の粘着包帯を使ってしまったが、この人のために残っていてよかったと思う。
続けて、テジャンにも歯磨き粉とブラッシングの指導を行う。
俺はいらないと、取り付く島もなく断って立ち去ろうとしたので、パートナーになると約束したこと、あなたに協力するから、私にも協力する約束でしょ、と詰め寄ると、もごもごと何か言っていたが渋々座った。

まず私が指に麻縄を巻いて、口を開くように言ったら、目を丸くしていた。
黙ってじーっと見ていたら、観念して少しだけ口を開けたので、擦り方を指導した。
なかなか大きくは開口しようとしなかったが、無理やり指で広げているうちに、急に腕をつかまれて、あなたは天界でもこのようにしていたのか、と怖い顔で聞かれた。
歯医者ではないから、歯科指導なんてしてなかったわ、と答えると、なんだかほっとした様子だった。
最後は観念したのか、少しリラックスしておとなしく指導を受けた。
虫歯はなし、歯茎の状態も良好。

最後にうがい、今後のブラッシングの継続について促すと、了解し、今後ウダルチには自分から実施を命令するので、指導の必要はないと言ってくれた。
歯磨きの重要性を理解してくれたようで、嬉しい。






by kkkaaat | 2016-03-27 20:05 | ウンスノート【シンイ二次】 | Comments(12)

ウンスノート 1枚目 ―はじまりー


二人は、戸惑ったように顔を見合わせた。
テーブルをはさんで座っている薄いグレーのスーツ姿の男性が、目の前の大きめのダンボール箱くらいはありそうな行李を二人にむかって押しやる。

「たしかに私はユ・ウンスの父親ですが…」

そう言いながら、またちらと隣りに腰掛けている妻を見て、男性へと視線を戻す。
その男性は、スーツの上着を脱ぎシャツの袖をまくりあげて、夏のような暑さの中をここまでやってきた汗を、きれいにアイロンのかかったハンカチで拭いながらしゃべる。
そこの磨り減った靴は、よく磨かれてはいるが、くたびれている。

「電話でもお話しましたように、一冊の手帳がもとになっていると思われる束、またそれ以外ににも、書付が二百あまりもあります。続いている部分もあるようなのですが、順番はばらばらで、紛失している部分や、時期の特定できぬものがほとんどで」

ハングルで書かれたものもあれば、漢文で書かれたものもあり、英語で書きつけられた部分もあります。一人の人間が書いたようにも見えますし、何人かの手によるものとも、と言いながら前に置かれた水を、男性は一気に飲み干す。
博物館側では、手帳の束と思われるものは後世混入されたものであるとして、この遺物自体あまり真剣に取り扱われてこなかったようですが、と男性は前置く。

「まあ、とにかく、ちょっと見てやってください」

そう言って、行李の蓋を開けると、乾いた埃の匂いに混じって、鼻の奥に薬めいたすっとした花の香りがしたような気がした。

父親は、一番上の一枚をそっと手に取って、読み始めた。





「1枚目」

この手帳に何を書こう。
紙もペンのインクもかぎられている。
皇宮にいたときに見た紙に書いてあった(汚れ)を、ここにも書きうつしておくべきなの? 
でもそれは、私が見てきたこととは違う。
でも私が書かなかったらだれがそれを書くんだろう? 
何を、どう書けば、自分と未来のあの人のためになるの?
今はまったくのノープラン。
だけど、とにかく(判読不可)を記録してみよう。
それから、(判読不可)とすごした日々の中で、残しておいたら役に立ちそうなことも、書き残してみよう。







by kkkaaat | 2016-03-23 20:00 | ウンスノート【シンイ二次】 | Comments(17)

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
最新のコメント
ミチさん、おはようござい..
by ミジャ at 08:01
ウンスノートから読んでし..
by 比古那 at 13:31
あー、やっとたどり着けま..
by 比古那 at 10:48
みちさん お元気でしょ..
by mm5210 at 12:59
更新を待ってるの
by やっちゃん at 07:58
ブックマーク
以前の記事
検索