筆記



【シンイ二次】明日の風3

「それでは高宗の御治世においででしたか」

木の根元に座って、チェ・ヨンはウンスの話を聞き出していた。

「ずっとそこにおられたのですか。
こちらでは四年がすぎましたが、そちらは」
「四年、ね…」

四年という言葉をとらえて、ウンスの目が、何かを思うように細くなる。

「四年です」

チェ・ヨンは四日の聞き間違いかと思うほど控えめな口調で、四年と言った。
それがたいしたことではないことかのように。
そんなに、とつぶやきながら、ウンスの手が伸びて、チェ・ヨンの鼻筋をそっと触る。
それから、以前ははやしていなかったひげを指先で弄う。
チェ・ヨンは少しだけ目を伏せて、その指先の動きを目で追った。

「少し面立ちが変わったわ」

頬と首の間に、肉の削れたような傷跡があった。

「刀傷じゃないわね?」

急に硬い顔になってウンスの目つきが鋭くなる。
いつくしむようではなく、確かめる手つきで傷を触る。
よく見れば、目の上にも、手指にも無数の白く薄い傷跡がある。
別れたときも傷だらけだったが、これほどではなかった気がした。
チェ・ヨンはウンスの手をそっと取り、傷から離す。

「あなたはおかわりがない、が…少し面痩せられた」

チェ・ヨンはウンスの問いかけには答えずに、そう言った。
それから、わずかに憤った口調で続ける。

「ちゃんと食べておいでだったか? 
まさかお一人で食べ物が手に入らず、腹をすかせておられたか。
あなたは人より多くお食べにならないと足らないから―」

ウンスは相変わらず心配ばかりするチェ・ヨンを少し笑いながら答えた。

「私は大丈夫。
あのね、私がここに戻るまでにかかった年月は一年だったの」

ウンスもまた、声音から重さを取り払うよう心がけながらそう言った。
今度はチェ・ヨンが目を見開く番だった。

「一年、ですか?」

そう、と深くうなずくウンスを見て、チェ・ヨンは戸惑うように空を見て、
またウンスの顔に目を戻した。

「たったの、一年よ」
「高宗の治世に一年も……王都は江華島であったとか。
このあたりは、元の兵士たちが荒らしまわっていたのでは」

まあそうね、とウンスは言葉を濁す。
ひどいありさまだったわ、と胸の内だけで言う。
終わったことで、気を揉ませるつもりはなかった。
手の届かない時間と場所のことで、この人を苦しめてはならない、と思う。
まだもの問いたげなチェ・ヨンの気をそらせようと、ウンスは逆に問うた。

「ね、あなたはどうだった?この四年、何をしていたの」

チェ・ヨンはしばらく考えこんで、ひとこと答えた。

「いくさを、しておりました」

それ以上、何を尋ねてもそうです、とだけしか答えない。

「この傷もそれで? 手の具合はどうなったの? 
また命が危ないようなことをしたの?」

心配のあまり、矢継ぎ早に話すウンスをさえぎって、チェ・ヨンが言う。

「容易く命をかけるようなことはしないと、約束しました。
王命により、大護軍の職を賜り、多くの部隊を率いる身ゆえ、
指令を出すことがほとんどで、危ないことはありませんでした」

それに、とほころんだ口元で加えた。

「戻って俺がいなかったら」

チェ・ヨンはウンスの頬に手を触れて、
まだふちの赤い目の下を親指でゆっくりとなぞる。

「またあなたは、泣くでしょう?」

ウンスの表情はまだ硬い。

「戻れないかもって…思わなかったの?」

「あなたは、俺のそばにいると約束しました、ゆえに」

言いながらチェ・ヨンは、すい、と目をそらした。
信じることと決めたのです、とそう続ける。

「だから死ぬわけにはまいりませんでした」

チェ・ヨンは静かに視線を落としたまま、そう言った。





「テホグンは鬨の声をあげると、先陣をきられました。
一万の兵が、かっ、壁のように連なる中を馬で走り抜けまして」

テマンが声を上ずらせながら、語る。

「き、き、鬼神のようでした!」

手を握り締めてそう言ったのに重ねるように、トクマンが続けた。

「鬼剣でなぎ払いますと、馬上のテホグンに群がっていた敵兵が
草でもなぐように、いっせいに倒れたんです」
「そう、そうです!」

テマンが何度もうなずく。

「強かったなあ、なあ!」

先ほど宿に現れて、私も郎将となりました、とウンスに誇らしげに告げたトクマンが、
テマンのの背中を叩くと、テマンも嬉しそうに叩き返しながら、何度もうなずく。

あれから三日、チェ・ヨンは忙しなく働いているようだった。
日暮れてあたりが薄暗くなる夕餉どきに現れて、小半時、ウンスを都にやる手はずを
どのように進めているか話すと、汁物と飯をかきこんで、帰ってしまう。

十日のうちにはこの地を離れ、開京に向かう。
明日にも発ちたいが、三百とはいえ軍を率いる身、いくつか始末をつけていかねばならぬ
ことがあります、と言う。
兵営に連れていってほしいと頼むと、男所帯ゆえ、女人は遠慮申し上げる、
とそっけなく断られた。それに、こちらの方が目立たない、と宿を見回す。
護衛はつけてありますので、ご安心くださいと言うが、向かいの飯屋にどうやら
子飼いの手裏房でも置いているようだが、顔もわからずだれが護衛かも
よくはわからなかった。

三日目の今日は宿に来ることもできず、代わりにとテマンとトクマンを様子を見に
よこしたらしい。二人は医仙にお会いしたいと、チェ・ヨンにまとわりつき熱心に
頼み続けていたそうで、医仙を見ると、お久しゅうございます、ご無事でよかった、
と涙を浮かべて、四年分大人びた顔を子どものようにくしゃくしゃにして喜んだ。

夕餉を宿でウンスと共にしてよい、と許しを得てきたというので、
三人はクッパをすすりながら、久しぶりの再会を祝っていた。

「初めて敵陣を見たときは、正直脚が震えました。
こちらが二千、うち騎馬三百。
対して元軍は一万、うち騎馬兵が少なくとも千騎」

それはちょっと多く言いすぎだ、とテマンが肘でつつくと、
まあとにかく、とトクマンが手でテマンを抑える。

「こちらに勝ち目があろうものか、という戦いであったわけですよ」
「でも、そ、そこで、テホグンが、我が五千を引き受けようぞ、って」
「そう、そう! 最後尾の一兵まで轟く声で。もう俺はしびれてしまって」

二人は感極まったように、相手の肩を叩きあいながらうなずき合う。
ウンスの尋ねに応じて、テマンとトクマンは身振り手振りを交えて、
赴戦江南岸の戦いでのチェ・ヨンの様子を語っているのだ。

「え? ちょっと、ちょっと待ってちょうだい」

ウンスは予想していたのとは違う話が二人の口から飛び出てくるので、
額に手を当てて、顔をしかめる。
丘でわずかの時間の中で言ってたのとはずいぶん違うじゃない、
とウンスは頭が痛くなる思いだった。

「ねえ、なに。じゃあこういうこと? 
テジャンはいっちばん危ないところで戦ったってこと?
あの人、大護軍になったんじゃなかったの?
ほら、上司になったら現場は若手に任せて指示するのが仕事でしょ」

トクマンは胸を張って言う。

「我らがテホグンは、ご出世なさったからと言って、
兵の後ろに隠れるような腰抜けではありませぬ!」

誇らしげに言う二人を前に、ウンスは歯軋りでも聞こえそうなほど、
口を強く曲げて、腕を組む。
明らかに腹を立てているその様子に、ようやくテマンが気づいて、
トクマンの腹を肘で突いた。

「あの人、この四年の間、危ないことはしてなかった、って言ったのよ」
歯噛みしながら言うと、トクマンが慌てて言い訳する。

「いえ、あの、テホグンは鬼のように強かったですから、
そんなときでも、危ない…というほどでもなかったような…」
「そそそうです。何度も矛で突かれて、普通なら、し、死んじまうって
ときでも、まったく堪えてなくて」

言えば言うほど、墓穴を掘る二人を尻目に、ウンスはため息をついた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3,4回のお話と書きましたが、少し増えまして、残り3、4回となります。


にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
by kkkaaat | 2013-10-07 11:12 | 明日の風【シンイ二次】
<< 【シンイ二次】明日の風4 【シンイ二次】明日の風2 >>

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブックマーク
以前の記事
検索
その他のジャンル