人気ブログランキング |

筆記



【シンイ二次】星天の屋根2

ウンスは、少々困惑していた。

あまり感情を表に出さない印象だったチュモが目の前で、
涙で頬が全部濡れるほど泣きながら、ウンスを恐ろしい形相で睨みつけている。
いや、睨みつけているのではなく、ただありえぬほど真剣に
話を聞いているのだとわかってはいたが、ウンスは目をそらしていた。

テマンもまた目を涙でいっぱいにして、キラキラと輝く瞳で
樹の上からこっちをじっと見つめている。
年嵩の二人の徴用兵は、さっきから鼻水を盛大にすすりあげているし、
ソクチェは途中からうつむいたまま顔を上げない。
ウダルチの若手二人のうち一人は、うう、うう、と絶えず小さな声を出しているし、
もう一人は木の陰に隠れて明らかに泣いていた。

チェ・ヨンはというと、話の途中からこちらに背を向けて寝転んでしまい、
一度もこちらを見ない。

むくつけき男十人が、目の前で悲嘆にくれているという光景は、
どうにも異様で、ウンスはこのまま話を続けていいものか、先程から迷っていた。
時折挟まれる合いの手というか、質問から推測するに、彼らはどうやら
フィクションとファンタジーの区別をしていないようだった。
本当にあった話として、ウンスの物語りに夢中になっている。

「それで、医仙さま、その女人はどうなるのですか!
まさかそいつを物陰から見るだけ見て、出立してしまうのではないでしょうな!」

口篭っていると、チュモが片膝を立てて今にもこちらに飛びかかってきそうな様子で
詰め寄るように先をうながす。

「え、ええ。じゃあ続けるわね」

ウンスがまた口を開くと、男たちがぐっと身を乗り出す。
怯えたような苦笑いを浮かべながら、ウンスは続けた。

「するとその隊長は降りてきて、娘をかき抱くの。
それから言うのよ」

ごくんと、唾をのむ音が聞こえそうだ。

「サランヘヨ…」

ウンスが情感たっぷりにそう言うと、男たちから、おお、と声が上がる。
しかしながら、なんとはなしに反応が悪い。
男たちはちらりちらりと周りの者の顔をうかがっている。

「で、そのサランヘヨというのはいかなる意味で」

徴用兵が尋ねると、他の者も、そうです、いかなる言葉ですか、と身を乗り出す。
ウンスはこくりと頷くと言う。

「言葉にできぬほど相手を想い、そばにいてもなお恋しい、
そういう気持ちを伝えるとき、天界ではサランヘヨ(愛しています)と言うのよ」

おおおお、とひときわ大きな歓声があがり、男たちは手を打ったり、
肩を叩き合ったりして喜んでいる。
チェ・ヨンまで起き上がってくるりとこちらを向くと、あぐらをかき、
一人何度かうなずいている。
やっぱり聞いているんじゃない、とウンスは肩をすくめた。

それからひとくさり話を語り終えると、兵たちは興奮冷めやらぬ様子で、
なかなか寝ようとはしなかった。
娘に懸想していて旅芸人とねんごろになったほうが娘は幸せになれたのじゃないか、
わしの娘ならそうさせたい、と力説する者やら、
女人が男装してそんなに化かせるものであろうか、俺なら決して騙されん、
と息巻く者やら、たいそう盛り上がっていた。

しかし夜も更けて、チェ・ヨンが休めと一声かけると、若い兵が不寝番に立ち、
残りはそれぞれに茂みやら樹上やらにこしらえていた筵を広げただけの寝床に
散っていった。





山ではまだ、根雪も消えぬ季節だ。
火を消すとあたりは急速に冷えてくる。

比較的大きな木の盛り上がった根の間に、うまく寝床を取ったチェ・ヨンの傍らで、
ウンスは心持ち平らかな場所と判断したところに筵を引き、
自分にだけ用意された綿入れをかぶって横になった。

新月の晩の山の中は、目を開けても閉じてもあまり変わらぬほど暗く、
上を見ると、まばらな葉を透かして、痛いような鋭い光で星がまたたいている。
丸まって、綿入れでつま先までをすっぽりくるんで、目だけを外に出して温まろうとするが、
冷えた地面に熱を吸い取られてうまくいかなかった。

はあ、と息を吐くと、薄白い息が暗闇の中に散り消える。
傾いた地面になんだか気分まで悪くなりそうだった。

「こちらへ」

チェ・ヨンの方から小さな声がして、何と思う間もなく、筵がずるりと引っ張られる。
慌てて身体を起こそうとして転がりそうになるのを、力強い腕が腰に回り抱きとめられた。

そのまま持ち上げられて、大きな身体の上に乗せられる。
手をつくと、覚えのある胸板だ。
チェ・ヨンの腹の上に腰掛けているようだと気づいて、ウンスはすぐに降りようとした。

「そのまま」

寒いのでしょう、俺の身体を寝床にお休みください、とささやかれる。
でも、重いわ、と身体をかがめて、顔のあたりでささやきかえすと、
軽くて何も感じませぬ、とチェ・ヨンはウンスの首の後ろに手をかけて、
そのまま自分の胸にウンスの顔を引き寄せた。

逆らわずに胸に頬を押し当てると、チェ・ヨンは自分の脚を使って、
ひょいとウンスの脚を自分腿のあたりに乗せてしまった。
冷たい地面と違って、チェ・ヨンの身体は温かく柔らかく、ウンスはほう、とため息が出る。
チェ・ヨンは手探りで綿入れを見つけると、自分とウンスの上にふわりとかけて、
ウンスを包みこむ。

それから、少しだけ頭を起こすと、ウンスに言った。

「あと少しだけ上に」

ウンスが上にずりあがるとまた、もう少し、と言う。
ウンスが、このくらい?と尋ねると、そうです、と満足そうに言って、
唇をゆっくりと寄せる。
ウンスの唇は冷たくなっていたが、チェ・ヨンの唇は温かく、
合わせるうちにすぐに温まる。

何度か重ねて、チェ・ヨンは弄うように食んだりもしたが、名残惜しげに離すと、
ふう、と息をつき、このくらいで、とウンスにか自分にかつぶやいた。

それから、ウンスの寝やすいよう、もう一度自分の胸にウンスの頭を乗せて、
腕で囲むように抱きこんだ。
チェ・ヨンの心臓の鼓動が耳に響いて、ウンスはたちまち瞼が重くなる。

自分に回された腕が緩むことなく、ゆっくりと力だけが抜けていくのに微笑みながら、
ウンスは眠りに落ちた。




にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
by kkkaaat | 2013-10-19 00:01 | 星天の屋根【シンイ二次】
<< 【シンイ二次】星天の屋根3 【シンイ二次】星天の屋根1 >>

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブックマーク
以前の記事
検索
その他のジャンル