人気ブログランキング |

筆記



【シンイ二次】火、狩人7


車の中は、重苦しい沈黙に満たされていた。

「ねえ、別に話とか、してもいいの…よ?」

後部座席のウンスが恐る恐る口を開いたが、
誰ひとりとして口を開くものはいなかった。

「っていうか、あのね、結局あなたたち、あそこで何をしていて、
こんなことになったのかしら」

横のチェ・ヨンに顔を向けて、ウンスが話しかけるが、
隊長(テジャン)と皆に呼ばれるその男は、じっと前方を見ていて、
微動だにせず、ウンスの言葉を無視している。
ウンスは少々むっとして、声のボリュームを上げた。

「ねえ、警察に突き出そうってんじゃないのよ。
その、わたしの手術の件もあるから、おおごとにするつもりはないの。
わかるでしょ? でもね、ここまで協力させておいて、だんまりは
ないと思わない? でしょ? 事情くらい話してもいいでしょう」

そこまで一気にまくし立てるウンスに、チャン・ビンが穏やかに
呼びかける。

「…ウンス」

バックミラー越しに目が合うと、チャン・ビンは短く言った。

「よく見ろ、ウンス。皆さん」

怯えているんだ。
チャン・ビンが静かにそう言うと、チョナの左側にじっと座っている
トクマンと呼ばれている男が、何をと気色ばんで、
運転席と助手席の間からチャン・ビンに向かって身を乗り出した。

「怯えてなどおらぬ」

そう言うと、助手席のテマンの肩をつかんで、なあ、
と同意を求める。テマンはドアの窓に子どものように顔を貼り付けて、
外の景色をむさぼるように見つめている。
トクマンの言うこともろくに耳に入らぬようで、生返事をする。
助勢がえられぬので、トクマンは一人でチャン・ビンに向かって、

「ウダルチのテジャン、プジャンに向かって無礼を働くと許さ」

と抗議の声をあげかけたところで、チャン・ビンがため息をついて、
強くアクセルを踏んで、エンジンをふかしてハンドルを揺らす。
エンジンに伝わる振動とエンジン音が、急に大きくなって、
ウオンウオン、と唸るような音が二度あがる。

「うおっ!」

威勢良く前に出していた身体を、反射で座席まで引いて、
トクマンはアームレフトに両手でしがみついた。
チャン・ビンはそれをちらりと振り返って、満足そうに微かに笑った。

よく見ると、チョナの右側に座っているヒゲ男は平静を装っているが、
すでに片手をアームレストにかけていて、指に力が入って赤くなっている。
落ち着いて見える、真ん中のチョナも、よく見ると膝の上で両手の
こぶしをぎゅっと握って耐えている。
ウンスが後ろから覗きこむと、目をつむって、
何やら経のようなものを小声でぶつぶつと一心に唱え続けている。

「あら」

あらららら、とウンスはようやく気がついて、
横のチェ・ヨンにも目を向けた。彼だけは平然とした顔を保っている。

とその時、こめかみを一筋汗が流れ落ちていくのに、ウンスは気づいた。
よく見れば、横顔の口元も妙にこわばっていて、ごくたまに、
ぴくり、ぴくりと痙攣のように震えている。

「なんで? え、なんで?」

そうつぶやきながら、もう一度、ルームミラー越しにチャン・ビンを見ると、
だろ? というように目が動いたので、ウンスはわかりました、
とうなずいた。

大の男たちがそろいもそろって密かに怯えているのがおかしくて、
ウンスは思わず笑いをかみ殺した。
なぜ車なんかがそんなに怖いのかわからないが、
ウンスは気の毒にさえなってきて、ごそごそとポケットを探った。

ウンスがこめかみに手を伸ばすと、チェ・ヨンはびくりと肩を引いた。
それから照れ隠しなのか、ウンスを軽く睨む。

「ただのハンカチよ。汗をかいているから」 

ウンスがなだめるように言うと、チェ・ヨンは、はっと気づいて、
気まずそうに、手の甲で汗をぬぐった。
汗をぬぐったあとの肌が白く筋になって、浅黒いと思った肌は、
泥だか埃だかで汚れているのだとウンスはその時に気づいた。
そう気づいてから一同を見回すと、皆が身にまとっている衣装は
それは見事なもので、観光地などで着ることのできるそれらしい
ものとは少々出来が違う。
なのに、そこらを転げ回ったように薄ぼんやりと汚れ湿っている。

ウンスはチェ・ヨンの汚れをハンカチで拭ってやろうと、
もう一度手を伸ばしたが、チェ・ヨンはゆっくりとその手をつかむと、
無言で押し戻した。
ウンスは、そのかたくなさに肩をすくめる。

ハンカチをポケットに戻すと、横たわっている女性の脈をとった。
そらされていたチェ・ヨンの視線が、ウンスなのか女性なのか、
そちらの方向にようやく戻される。

「ねえ」

ウンスは下を向いたまま、チェ・ヨンに話しかけた。
チェ・ヨンは今度は顔をそらさずに、そのまま顔を向けて、
女性を診察するウンスの様子を見張っている。

「いい加減、なんの撮影だったか教えてよ。そんなに汚れて。
一日中だったの? KBS? それともSBSのドラマ?」

こちらを見ている気配はあるのに、答えはない。
ウンスはそのまま、質問をつづける。

「とにかく、この人の怪我が何で切られたかだけは教えてよ。
今後の治療に関係することなんだから」

ウンスがそう言うと、テジャン医仙殿に答えよ、と前の席の
中央から細い声がした。
チョナと呼ばれる青年が、経を唱えるのと一時やめて、
チェ・ヨンに命じてくれたのだ。ありがと、とささやくと、
チョナは青ざめた顔で小さくうなずいた。
ウンスがチェ・ヨンを見上げると、小さなため息の後に、
ようやく説明がはじまった。

「刀で斬りつけられた傷です。剣の刃で引き切られたのではなく、
剣先でえぐるような形で斬られました」

だから傷口が深いのね、とウンスがひとりごちる。
撮影用の模造刀なのかしら、それにしては傷口がきれいだけど、
と尋ねられて、チェ・ヨンは言葉に詰まる。

「おっしゃっていることの意味がよくわからないが」

だから、何で切ったのか正確に知りたいのよ、とウンスが
苛立ちを抑えて言うと、チェ・ヨンはますますわからない、
というように眉をしかめる。

「ですから、敵方の剣です」

ウンスの眉間に、この微妙な噛み合わなさに不穏なものを感じるように、
徐々に皺が寄っていく。

「あのね、剣がドラマ上の味方ものものだろうが、敵のものだろうが、
どうでもいいの。わたしが知りたいのは、純粋に医療的な目的なの。
おわかり? どういった形状の刃で斬られたかによって、経過が
変わってくるの。だから知りたいの。ドューユーアンダスタン?」

そう言ってウンスは、こんこんと眠る女性を見る。
チェ・ヨンは、首を振って、はあ、とため息をつくと、

「あなたの言うことはわけがわからない。
敵の剣など、手元にないのですから、見せようがありませぬ。
強いて言うなら、この者の持つ剣と似たものです」

おい、チュンソク剣を出せ、とチェ・ヨンが言うと、
前の座席のチュンソクと呼ばれたヒゲ男は、
アームレストを握り締めていた指を、
それでも素早く外して、自分の剣を鞘ごと差し出した。

「ほら、これです」

ぐい、と前に横一文字に差し出された剣を、ウンスは口を尖らせながら
最初からこうすればよかったのよ、と言いながら受け取った。
鞘から抜こうとして、扱いかねて、手を天井にぶつける。

「あいてててて」

手を振りながら顔をしかめるウンスを見て、チェ・ヨンは呆れたように
ため息をついた。

「お貸しください」

そういうとウンスの手から剣を取ると、狭い車内であるのに、
すらりと剣を抜いた。

「おおっ、うまいわね」

大げさに手を叩かれて、チェ・ヨンはなんなんだ、というように、
眉をしかめて顔をそむける。それからウンスの目の前に剣をかかげる。
ウンスは剣を受け取ると、うつむいて刃のあたりを慎重に指でさわってから、
険しい顔になって、顔を上げて、ねえちょっと、と斜め前に座った
チュンソクと呼ばれたヒゲの男の肩を叩く。
チュンソクは、え? と戸惑った顔で、振り返った。

「これ、本物の剣じゃないの。さっき、この人も」

ウンスが、この人と言ってチェ・ヨンを指さすと、チュンソクはぎょっとしたように、
目を開いてチェ・ヨンではなく、ウンスの顔を見た。

「この人の剣も、本物だったわ。ねえねえねえ、危ないじゃないの!
なんなのよもう、撮影では本物を使うの? だからこんな大怪我するんだわ。
絶対だめよ、そんなの! 危険だわ。ねえ、組合ある? 訴えるべきよ!」

まくし立てられて、チュンソクはその勢いに動きを止めて固まっていたが、
ウンスが、ねえ、聞いてるの! と詰め寄ると、はい、聞いております、
となんとか答える。

「に、偽物の剣では、チョナをお守りすることが、か、かないませんので」

チュンソクがそう答えると、ウンスは、ああもう、と苛立ちをあらわにして、
ドン、と車の内壁を拳で叩いて、また、いてててて、と手をぶらぶらとさせる。
言葉数も、見せる表情もあまりにも目まぐるしく、チェ・ヨンはウンスのことを
思わずに凝視している。
気づくと、チョナとトクマンも、振り返って恐れるようにウンスを見ている。

「ちょっとあなたたち、その役者根性は認めるけど、ものごとには
げ・ん・ど、というものがあるの! 何? そんなに素晴らしい監督?
有名な人? わたしに言わせたら俳優をこんな目に合わせて―」

ウンス、と低く呼ばれて、ウンスは言葉を詰まらせて、
何ですか! と少し怒ったように、返答する。
チャン・ビンは何も言わずに、目で外を示した。
何ですかもう! そう言いながらウンスが窓の外を見ると、

「あ」

ついたぞ、と車内の皆を見回しながら、チャン・ビンはそう告げた。




にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
by kkkaaat | 2014-02-19 22:46 | 火、狩人【シンイ二次】
<< ファン活中に体験した素晴らしいこと 【シンイ二次】白花 4 >>

二次小説。いまのところシンイとか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブックマーク
以前の記事
検索
その他のジャンル